• もっと見る
«県南支部で初の「家族会交流会」を開催 | Main | 年賀の挨拶»
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
いわて脳外傷友の会
イーハトーヴご案内
panfu010.jpg
特定非営利活動法人いわて脳外傷友の会「イーハトーヴ」のご案内(リーフレット)はこちらから閲覧できます。 PDF版はpanfu09.pdf
------------------
指定障害福祉サービス事業所
就労継続支援B型事業所
生生学舎アダージョ
taitoru02.jpg
利用希望者は随時相談受付中
アダージョのブログは https://blog.canpan.info/i-hato-vです。
******
子どもの
高次脳機能障がい
知っていますか
機関誌「i−hato−v」No.12〜15に
掲載した「子どもの高次脳機能障がい
知っていますか」(特集)はこちらで閲覧できます。
青文字をクリックして
 子どもの高次脳機能障がいをお開きください。
ブロク特別企画
クローズアップいわて
先にNHK「クローズアップいわて」で放送した
「あの音色だけは忘れない」を
下記のブログで紹介しています。
あの音色だけは忘れない1
あの音色だけは忘れない2
あの音色だけは忘れない3
あの音色だけは忘れない4
あの音色だけは忘れない5
はこちらから見ることができます。
日本脳外傷友の会
書籍販売コーナー
日本脳外傷友の会では
高次脳機能障がいに関する
書籍をあっ旋しております。
詳しくは、日本脳外傷友の会の
ホームページをご覧ください。
ホームページは下記をクリックしてください。
日本脳外傷友の会のホームページはこちらから見ることができます。
リンク集
Google

CANPAN
このブログの中
カテゴリアーカイブ
オレンジクラブ=最終回= [2012年12月29日(Sat)]
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

オレンジクラブいわてバージョン 最終回

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
 
【オリエンテーション】 
さあ、今日も皆で楽しく過ごしましょう!
すっかり板についたピアサポーターのT君の今日のスケジュール確認からスタートして、お馴染みのブレインジム。
今日は、ペアで行ないました。これなら親子でいつでもできますね!
気持ちが落ち着き、集中力アップです!
org-end-1.jpg


プチレクチャーは、今までのヒーロー・ヒロインたちのやりたい事を振り返りました。
皆さん、自分のためだけではなく他人を思う気持ちから、自分のやりたい事を見出だしていましたね。人それぞれ自分らしく生きるために、目標を持って前向きに進んでいました。今日できたことは明日もできる。あさってもできます。
どうぞ自信を持って進んでいって下さい。 

【家族セッション】最終回の家族セッションは、山舘先生からこれまでのセッションのまとめのレクチャーがありました。「行動には必ず理由がある」「感謝、ねぎらい、褒めることは積極的に」「自分自身を大切に」などこれから当事者さんと共に歩んで行くうえでとても大事なお話でした。
org-end-2.jpg

ご家族からは「今までポジティヴなんて考えてなかった」「今までのモヤモヤしていたことがはっきりした」「五感でいろんなことを感じられるようなった」などの意見がありました。
また当事者セッションの様子をみて今まで家族の前では見せなかった姿が見られて気づかされたことも多かったようです。
皆さんとても充実感あふれた様子でした。

【当事者セッション】

いよいよ最終回の当事者セッションです!
今日の最後に行う発表会にむけて、これまでの当事者セッションの中で行ってきた
それぞれの目標への取り組みについてまとめる作業をします。自分の苦手なことにあえてチャレンジした方、実際に朗読に励んだ方、自分の気持ちとの付き合い方を模索した方、手帳を持ち歩く決意を固めた方…。それぞれの目標と取り組みをお互いに発表して、アドバイスしたり励ましあったりしてきました。
org-end-3.jpg            
 また、オレンジクラブに参加した感想や当事者メンバー、家族に向けての一言などもまとめていきました。皆さん、悩んだりしながらも真剣に考えて、スタッフの手もかりずにご自分の言葉で書いていました。
org-end-4.jpg
            
前回お渡しした、スタッフからのお手紙「オレンジクラブにでてここが変わった!」を眺めてつい笑顔になる方も…。褒められるのはやっぱりうれしいですよね!

※最終回の様子は、こちらのPDF版でご覧ください。org-end.pdf
コメントする
コメント