CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年09月03日

講演会「自殺・いじめの問題を抱える思春期の性的少数者」

平成20年度みやぎNPO夢ファンド助成事業
社会へのセクシャリティ理解促進事業 講演会
自殺・いじめの問題を抱える思春期の性的少数者
-先生ができること・保健室ができること-


講師:日高庸晴氏
関西看護医療大学看護学部 専任講師
京都大学大学院医学研究科 非常勤講師
厚生労働省
「インターネットHIV予防介入とモニタリングに関する研究班」研究代表者


日時:平成20年9月27日(土)14:30〜16:00
会場:仙台市青年文化センター 研修室2

(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 地下鉄「旭ヶ丘駅」東1番出口より徒歩3分)
参加費:500円
定 員: 50名(事前申込み制)

申込み方法
E-mail、FAX、郵送いずれかの方法で、「講演会の参加申込み」の旨と
以下の項目を明記してお申し込みください。
[1]お名前[2]所属または職業[3]連絡先(E-mail,FAX,電話,住所いずれか)
※参加費は当日窓口でお支払いください。
申込先:Anego
E-mail anegosendaiあっとyahooどっとcoどっとjp
FAX 022(268)4042 [Anego講演会参加申込と明記]
郵送 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4-1-3 
   仙台市市民活動サポートセンター内 No.26 Anego 


主催:Anego
後援:仙台市教育委員会、宮城県教育委員会
協力:World Open Heart、みやぎ自殺対策リボン委員会仙台グリーフケア研究会
   ESTO東北HIVコミュニケーションズ杜の伝言板ゆるる (順不同)

性同一性障害や同性愛などの性的少数者は人口の3〜5%と言われており
教室に1人はいてもおかしくありません。
その性的少数者の7人に1人が自殺未遂を経験し、半数がいじめを経験しています。
そんな自殺といじめの問題を抱えている思春期の性的少数者に対して、
教育の現場でできることを考えます。
教育や青少年育成に関わる方、自殺の問題に取り組んでいる方など
多くの方の参加をお待ちしています。
posted by ふとし at 03:05| Comment(0) | イベント

REACH2008始まる

ゲイ・バイセクシャル男性への意識調査
REACH Online 2008が始まりました。
http://www.j-msm.com/s/2008/


俺が所属している団体「やろっこ」の認知度を調べる
アンケート項目なんかもあったりします。
このアンケートは、ゲイ・バイセクシャル男性が置かれている状況を
社会に伝えるために重要な役割を担っています。
ゲイ・バイセクシャル男性はぜひご協力をお願いします。

なお、俺が所属しているもうひとつの団体「Anego」では
この調査研究を行っている
日高 庸晴先生
( 関西看護医療大学看護学部 講師
 京都大学大学院医学研究科 非常勤講師 )
を講師にお迎えした講演会を行います。

みやぎNPO夢ファンド助成事業
社会へのセクシャリティ理解促進事業 講演会
「自殺・いじめの問題を抱える思春期の性的少数者
 〜先生ができること・保健室ができること〜」
2008/9/27(土)14:30〜16:00
仙台市青年文化センター研修室2
参加費:500円

詳細につきましては
後日、アップしますが、取り急ぎ告知まで。
posted by ふとし at 02:36| Comment(0) | GayLife