CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年08月29日

SaferSexの技(HIV編)

この記事は必ず
「SaferSexって」
https://blog.canpan.info/hutoshi/archive/26

を読んでから見てね。

今回の、SaferSexの技(HIV編)は
HIVの感染の可能性を低くするSaferSexを考えてみようってもの。
他の性感染症はカバーしてないので注意

で、まずはじめに、
「HIVの感染経路」
https://blog.canpan.info/hutoshi/archive/9

で、どんな行為で感染するのかをチェック。

それをふまえると、感染しない行為
手を握る、髪をなでる、キス、ハグ、性器を触る・いじる、性器以外を舐める、
すまた、おもちゃをつかう
(共有は避ける)、視姦する、縛る、などなど意外とたくさんある。
SaferSex=コンドームと思いがちだけれど、
性器を舐める行為や挿入行為に必要なだけで、
コンドーム無しでも先にあげたようなたくさんの行為が楽しめるのだ。

そしてもちろん、性器を舐める行為や、挿入行為の場合は、
最初から最後まで正しくコンドームを使うことで感染を防ぐことができる。
コンドームについて(コンドームの種類、つけ方、切り出し方など)はまた次回の日記で。


2006年08月22日

そして今度は札幌に。


東京レズビアン&ゲイパレード(TLGP)の感動が
冷め止まない中、
レインボーマーチ札幌に行く準備を開始。
旅行代理店に行って予約をしたり、公式ガイドブックをじっくり読んだり。

レインボーマーチには、TLGPとはまた違った感動がある。
TLGPに比べ、小規模であることからくる全体の一体感とか、
札幌という街のおおらかな雰囲気とか、
空に飛んでいくレインボーカラーの風船を見上げる感慨とか、
札幌市長の胸をうつスピーチとか。

公式ガイドブックを読んでいたら以前歩いた時に感じたことが蘇ってきて
胸が熱くなった。

そして今年は、レインボーカラーの風船に加え、もう一色、
白い風船が加わるらしい。

この白い風船には
「HIV/AIDS、及びゲイバッシングなどによる暴力で亡くなった方々への追悼」と
「現在、様々な苦しみと闘う仲間たちとの共生のしるし」という
2つの意味が込められているらしい。

やるなあレインボーマーチって思った。
セクシャルマイノリティのパレードって
はたからみたら、派手に騒いでいるだけのように見えるかもしれないけれど
楽しく歩いている人たちだって、みんながみんな
普段から周囲に理解されて生活しているわけじゃない。
ましてや歩きたくても歩けない人もいるし、
パレードの存在はおろか、自分以外のゲイやレズビアンを知らず、
孤立している人だっている。
なんらかの苦しみと闘っている仲間はたくさんいるんだ。
俺だってその中の一人。
そして、差別や偏見の中で苦しみ、亡くなった人たちだってたくさんいる。

そんなことを改めて思い起こしながら、白い風船を持って歩いたら
泣いちゃうだろうな、きっと。
でも、絶対に白い風船を手にして歩きたい!


そして今年もまた、札幌市長のプライド集会への参加が決定しているらしい。
初めて札幌市長のスピーチをきいたときは、本当に涙があふれてきた。
「みなさんがこの街を歩いたことを誇りに思う」って言われちゃね。
年に一度でも、胸を張って歩ける街があるってことがうれしかった。
本当は、いつでも、どこでも胸を張って歩ければいいんだけどね。

あー、もう今から感動モードに入っちゃってる。
札幌では大泣きかも。。。
posted by ふとし at 23:48| Comment(0) | イベント

2006年08月15日

感動をありがとう

TLGP2006
http://www.tlgp.org/

本当に楽しかった。
参加して良かったとつくづく思う。

たくさんの仲間、友達と歩いた今年は
また新たな感動を胸に歩くことができた。
出発直前に雷雨があったり、
フロートにパフォーマーが乗れなくなったりと
ハプニング続きの中で
こんなに楽しく、こんなに感動しながら歩けたのは
実行委員や、ボランティアスタッフのおかげ。

TLGP2006に関わった全ての人に
ありがとうと言いたい。
こんな素敵な一日をつくってくれてありがとう。
一緒に歩いてくれてありがとう。
沿道から手を振ってくれてありがとう。
posted by ふとし at 17:16| Comment(0) | イベント

2006年08月08日

TLGP2006

8/12(土)は
東京レズビアン&ゲイパレード2006
http://www.tlgp.org/

今年はやろっこのメンバーと一緒に歩いちゃう。
Community Action for AIDS 06フロート
という
「LIVING TOGETHER
 〜私たちはすでにHIV/AIDSとともに暮らしている」
をテーマにしているフロートで歩く予定。

俺がパレードに参加するのは、実に数年ぶり。
あの感動をまた味わえるかと思うと
今からゾクゾクしてしまう。

渋谷の街を埋めつくすレズビアン&ゲイを見ながら
自分にはこんなにたくさんの仲間がいるんだなと思えるパレード。

今年は、一人でも二人でもなく、
たくさんの大好きな友達・仲間と一緒に歩けるので
その感動がより大きいものになるんではないかと。。。

まわりの友達に強がりたくて
形だけ女の子と付き合いながら
ラジオの深夜番組でやっていた
「同性を好きになった子のための相談」コーナーに
必死に耳を傾けていた高校時代。
ゲイ雑誌を購入しながらも、一歩が踏み出せなくて
ずっと一人ぼっちだった二十歳までの俺。

そんな俺が、今では、
こんなにたくさんのゲイの友達に囲まれていて
本当に幸せだなあって思う。

そしてその友達の輪が、
12日にさらに広がることも期待して
いざ、東京へ!(出発は11日の夜)



実は、横浜で知り合ったカワイイ子が
TLGPのボランティアをやってると知り、
楽しみがもう一つ増えたの。
早く会いて〜。
posted by ふとし at 16:49| Comment(0) | イベント

2006年08月04日

AIDS文化フォーラムin横浜

8/4〜6はAIDS文化フォーラムin横浜です。
俺も先日の日記「自慢の友達と憧れの人」に登場した「横浜Cruiseネットワーク」のシンジさんに会いに行ってきます。
役に立つかどうかわからないけど、ちょっとくらいお手伝いできればと思っています。
Cruiseが行うのは「向日葵」と「HANDS」の上映。(5日13時〜)
どちらも名古屋でのHIV啓発イベント、
NLGRでかつて制作・上映された作品です。
↑リンクは今年のNLGR公式サイトです。
「向日葵」はまだ治療が困難だったころの、一組のゲイカップルの話。
「HANDS」は検査会に行ったゲイの友達5人組の話。
どちらも、愛情や友情がぎっしりつまった映画です。

俺はどちらも、もう何回も見ていますが
今の精神状態で見たら、また泣いちゃいそうです。
posted by ふとし at 02:45| Comment(0) | イベント

2006年08月01日

ありがとう

君と出会って
俺は生きる力をもらった。
君と出会って
俺は毎日の楽しみをもらった。
君と出会って
俺は風邪をひかなくなった。

君はたくさんのものを
俺に与えてくれる。
だけど俺は君に与えられるものなんて
一つも持っていなくて。

たった一つだけ
俺が君に返せるもの。

ありがとう。

俺が返せるものは
これしかないけど
君に受け取って欲しいんだ。

ありがとう。

君と出会って
俺は素直にありがとうが言えるようになった。

ありがとう。
本当にありがとう。
posted by ふとし at 22:58| Comment(0) | GayLife