CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年01月27日

献血での陽性率が減少

「献血でのHIV陽性率が前年に比べ減少した」
各新聞で取り上げられたこのニュース。
検査時の問診を強化したため、
検査目的の献血が減少したのだろうと
各紙は結論付けている。

しかし、そうなればなるほど、
この陽性率の持つ意味合いは深刻だ。

自分には思い当たる節がないと言い張っている人でも
10万人に1.468人は、HIVに感染していることになる。
10万人に1.5人弱というと少ないように思えるが
2005年の献血件数531万2830件(速報値)のうち、
陽性件数は78件。

つまり、2005年だけで、
自分には思い当たる節がないと言い張っている人の
78人はHIVに感染していたことになる。


「言い張っている人」の大多数は、
「思い込んでいる人」である可能性が高い。
2004年に年間の新規感染者・患者数が
1000人を超えて騒然となったことを考えると、
78件という数字は決して低くないと思う。

ちなみに、日本赤十字社の方針は、
「同性愛者は献血するな」らしい。
posted by ふとし at 15:18| Comment(0) | HIV

2006年01月24日

韓国「エイズ予防法違反で男性拘束」

読売新聞の報道によると「韓国の警察当局は23日、エイズウイルスに感染したことを隠して不特定多数の女性と性交渉を重ねたとして、済州島のホストクラブの男性従業員(26)をエイズ予防法違反の疑いで拘束した」らしい。
ニュース検索をしてみたが、読売以外、この記事を配信しているところはなかった。

この読売の記事、誤解や偏見、パニックを増長するような記述があることが気になる。

まず、「エイズウイルスに感染したことを隠して不特定多数の女性と性交渉を重ねた」という記述だけでは、HIV陽性者が陽性だと告げずにセックスすること自体が罪である印象を与える。
SaferSexをしていれば、必ずしも陽性であることを告げる必要はないはず。
まあ、このケースの場合は、警察当局が動いていることから、感染の可能性のある行為があり、被害届が出ているのだろうが。

そして、拘束されたのが「ホストクラブの男性従業員」だとして、
さらには、ご丁寧にも「日本のホストクラブで働いたこともあった」なんて情報まで入れてある。
この記事により「HIV=風俗」という偏見や、「どこのホストクラブだ?」なんてパニックが広がらないといいんだけど。

読売新聞では去年HIVについていい連載があっただけに、ちょっと残念。
配信する担当が違うとこうも違うというところに
メディアも縦割り社会なんだ痛感。
posted by ふとし at 16:33| Comment(2) | HIV

2006年01月23日

My Gay Life

ブログのタイトルにつけた
「ぼくの陽気な毎日」
これはMy Gay Lifeと引っ掛けてある。
「Gay」ってもともとは「陽気な」って意味なんだよね。
だから「ぼくの陽気な毎日」。

普段の一人称が「俺」なのに、
なぜ「ぼくの」となるのかは、まあ、気分というか
「俺の陽気な毎日」より「ぼくの陽気な毎日」の方が様になるかと。

話を本題に戻すと、
自分がゲイだってことを受け入れてから
俺の毎日は本当の意味で
心から楽しくなったと感じている。

「もっと陽気に、もっと素直に毎日を楽しもう」というのが
今のモットー。
本音を言えば、
「もっと陽気に、もっと素直に気持ちいいことしたい」かな。

というわけでブログも始めちゃった。。。


posted by ふとし at 16:53| Comment(0) | GayLife