CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
仙台 HIV & GAY LIFE イベント情報
2011.5.14(土) R-35 35歳からのGAY LIFE

郡山(福島県)も元気です!
2011.5.28(土) Glounge Volume.8


2009年11月18日

日本エイズ学会

第23回に本エイズ学会学術集会・総会
11/26-28に名古屋で開催されます。
http://www.secretariat.ne.jp/aids23/

俺も26日に「やろっこ」の活動について
一般演題で発表してきます。
それと、「やろっこ」でブース展示も。
こちらは別のメンバーが担当です。

まだ発表の準備できていないんだけど。。。
ま、なんとか間に合わせます。
posted by ふとし at 10:31| Comment(0) | HIV

2009年10月27日

11/15(日)多様性を感じるAnego Tea Party

2009.11.15(日)14:00-16:00
多様性を感じるAnego Tea Party
@エルパーク仙台5階セミナー室
仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越 定禅寺通館)
参加費 500円(お茶・菓子付き)
※お菓子の準備がありますので前日までにお申し込みください。
男女共同参画推進せんだいフォーラム2009参加企画

今回のテーマは「性の多様性
「性別って何?」ってことから
「『男らしさ』『女らしさ』の多様性」
「同じ『性的少数者』でもこんなに違う」
なんて話をしながら、お茶しちゃいます。
テレビでしか性的少数者を見たことがない人も、
性別を超越してる人も、
同性が好きな人も、
性役割に疑問を感じている人も、
スイーツ目当ての人も、
みんなで楽しくお茶しましょう!

2009年10月13日

みちのく駐屯地

先日の「ぼくらの課外授業-Living Together in SENDAI-vol.3」での
みちのく駐屯地の動画をアップしました。

Shake That Thing!


Bearforce1
posted by ふとし at 08:53| Comment(0) | GayLife

2009年09月01日

手話通訳

9月6日(日)の
ぼくらの課外授業-Living together in SENDAI-vol.3
では、
一部に手話通訳を導入しようと考えています。

このきっかけは、
宮城に聴覚障害のLGBTグループがあることを知ってから。
Anegoのサイトで映画の告知をしたときに
日本の映画には字幕が付かないから楽しめなくて
って声をもらって、
課外授業でも、一番肝心な、
手記の朗読のときに、
字幕も手話通訳もつけていなかったなあと。

手記の方は、プロジェクターに投射することにして、
あとは、朗読する人のコメントの部分。
ここで、やろっこのメンバーの中で
手話ができる人にお願いして
手話通訳をつけることにしました。

彼は、手話暦うん十年。
だけど手話通訳士ではないので
なめらかに通訳することはできないかもしれませんが
少しでもメッセージを届けられたらと思います。

本当は、ボディソニックとかも導入して
音楽も体感できるようにすればいいんでしょうが、
とりあえず、できることからということで、
ショータイムは目でも十分楽しめるよう
構成しました。

たくさんの方々のご来場お待ちしております。
posted by ふとし at 08:24| Comment(0) | お知らせ

2009年08月22日

映画っていいねぇ

9/19-22の秋の大型連休に開催される
ショートピース!仙台短篇映画祭
http://www.shortpiece.com/

この中で9/20(日)14:00〜
Rainbow Shortsっていう
レズビアン/ゲイ/トランスジェンダーの
短篇映画を上映するプログラムがあります。

映画上映後のゲストスピーカーとして
お話しすることになりまして、
先日、上映する映画を試写してきました。

俺のお気に入りは
「何でも聞いてみよう No Dumb Questions」
大好きな「おじさん」が実はトランスジェンダーで
これからは「おばさん」になることを知らされた
三姉妹がカメラに向かって心情を吐露したり
様々な素朴な疑問をぶつけるドキュメンタリーで
子どもの素直な反応がおもしろいし、あたたかい作品でした。

当日は、この他にも数本上映されます。

で、トークをするってことで、
これまでに見た
セクシャルマイノリティがテーマだったり
登場する映画を振り返ってみたんだけど
おそらく生まれて初めて意識して見た映画は
「ブエノスアイレス」(レスリー・チャンがセクシー)
だったような。他に思い出す限り書き出すと、
(映画祭で見た作品をのぞく)
「クルージング」(ハードゲイの世界)
「ピンクフラミンゴ」(デヴァイン様のお下劣自慢)
「フィラデルフィア」(HIV+のゲイが解雇した会社を告訴)
「イン&アウト」(クローゼットなゲイ教師の話)
「RENT」(ゲイ、トランスジェンダーも登場するHIVとも密接な話)
「カーテンコール」(HIV+のダンサーとカウンセラーの恋物語)
「ジェフリー」(HIVとゲイをテーマにしたコメディ)
「アタックナンバーハーフ」(タイのゲイバレーボールチームの話)
「アタックナンバーハーフ2」
「プルートで朝食を」(父をたずねて三千里)
「キンキーブーツ」(ドラァグのブーツをつくる靴工場の話)
「ミルク」(ハーヴェイ・ミルクをショーン・ペンが熱演)
邦画では
「おこげ」(オカマ♂♂にくっつくオコゲ♀が主人公)
「渚のシンドバッド」(少年の淡い恋。若き日のあゆが出てるよ)
「ハッシュ」(ゲイカップルとヤリマン♀の不思議な関係)
などなど。
実は定番の、
「モーリス」「ブロークバックマウンテン」「プリシラ」「御法度」
なんかは見てません。

でもって、最も好きなゲイ映画は
「キラーコンドーム」です。
もうね、主人公のハゲでチビのゲイ刑事がカッコよすぎます。

なぜ♀を試しもせずに♂に走るんだってノンケにきかれて
「俺は男のかたいケツが好きなんだよ」なんて吐き捨てたり
かと思えば、美少年に恋してるのに
「もう恋愛はたくさんだ。ただ寝るだけの関係がいい」なんて
強がってみせて、すんごい可愛いの。

元ノンケのドラァグ、レズビアン?て感じの女刑事、
好き者の検死官(♀)などなど脇役も濃いキャラ揃い。
笑いのツボもしっかりおさえられています。

あ、ストーリーは
モノを噛み切る化け物コンドームを捜査する刑事もの。
というとハチャメチャですが、
最後まで見ると、以外とメッセージ性の強い作品です。
posted by ふとし at 00:21| Comment(0) | GayLife

2009年08月14日

9/6(日)ぼくらの課外授業

ぼくらの課外授業
-Living Together in SENDAI-vol.3
2009.9.6[日]14:00-17:00
仙台市市民活動サポートセンター 市民活動シアター

入場無料(1drink 500円)
MIX PARTY
*どなたでも入場できます

http://extrastudy.web.fc2.com/event.html




Show,Reading,and more...
仙台を中心にHIVに関する活動をしている
やろっこ東北HIVコミュニケーションズ
「HIVをもってる人も、そうじゃない人も、
ぼくたちはもう、いっしょに生きている」という
Living Together計画のコンセプトに賛同してお送りするイベントです。
チャリティ・ドリンク片手に、
ファッションショーや、パフォーマーによるショーをお楽しみください。
そして、HIV陽性者やその周りの人が書いた手記の朗読を通して
何かを感じていただけたらと思います。


第1部 Fashion Show
第2部 Show&Reading

Fashion Show
HIV/AIDSに関する活動やLiving Together計画に理解や支援の意志のある
ブランド、ショップ、個人、団体から衣装を提供いただいて行うファッションショー。
公募モデル&パフォーマーがランウェイを闊歩します!



Show
Anego Girls
2007年より始動した仙台発のドラァグ・ユニット。
ハロプロやドリームのごとく、その時々でメンバーを入れ替えながら
ユニットならではのパフォーマンスを見せる。
デビュー2周年の今回も、新ネタを披露!


みちのく駐屯地
アラカン(還暦)GO-GOのGEN率いる、おやじダンス・ユニット。
20代の新メンバーを迎えて若返りをはかり (それでも平均年齢36歳)
若干ダンサブルに生まれ変わる・・・予定。



プチ☆パフェ
Anego Girlsから生まれたユニット内ユニット。
お手軽にいろんな味を楽しめるプチ☆パフェを
どうぞ召し上がれ。


Reading(朗読)
Living Together計画発行の冊子に掲載されている、
HIV陽性者やその周りの人が書いた手記を3名の方がステージで朗読します。

雪熊<雪熊印工人>
川村郁子(カワムライクコ) <仙台市健康福祉局保健医療課 保健師>
牧野あゆみ<団体職員>

more...
HIV/AIDSのメッセージ発信ブースや、
ホームレスの仕事をつくり自立を応援する雑誌「BIG ISSUE」の特別販売ブース、
ファッションショー提供ブランドのPRブースなどを設置します。


[主催]
やろっこ
東北HIVコミュニケーションズ
平成21年度 厚生労働省エイズ対策研究
[協力](予定)
Living Together計画
仙台ビッグイシュー・ソサイエティ
posted by ふとし at 12:54| Comment(0) | イベント

2009年07月11日

青森LGBT映画祭

今年も7/25に青森でLGBT映画祭が開催されます!

青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル
http://aomori-lgbtff.org/


映画祭のチラシを飲み屋に配って歩いているのですが、
あるお店では

あ、今年も青森で映画祭やるんだ。
青森ってイイ男多いよね〜。

なんて話も。

これには、みんな同調してました。
イイ男の待つ青森へ行って映画を観ましょう。

あ、でも上映中は男探しなんてせず
スクリーンに集中しましょうね。
posted by ふとし at 15:44| Comment(0) | GayLife

2009年05月16日

MILKが今度はチネラヴィータで

アメリカで初めてゲイの公職人となった
ハーヴェイ・ミルクを描いた映画
MILK
http://milk-movie.jp/

仙台フォーラムに続いて
仙台駅東口にあるチネラヴィータでの上映が始まります!(16日〜)
http://forum-movie.net/sendai/nowshowing.html#RANGE!A140

上映時間はこちら↓で確認してください。
http://forum-movie.net/sendai/timetable.html#RANGE!A53

チネラヴィータと言えば、
去年、映画「トップレス」の上映の際に
Anegoのトークショーを開催してくれた映画館です。
Anego 2nd Anniversary Partyでは
お祝いのビデオメッセージをいただきました。

とってもAnegoフレンドリー、LGBTフレンドリーな映画館。
そこでMILKを上映するってことは
見に行けってことですね!!!

仙台フォーラムの上映で見逃しちゃった方は、
この機会をお見逃しなく!
すでに観たという方は、もう一度観ちゃいましょう!!
何度でも観たい映画です。

俺も、もう1度、観に行きます。
だって、1度じゃ細かいとこがよくわかんなかったんだもん。。。
posted by ふとし at 01:46| Comment(0) | GayLife

2009年05月15日

男魂の様子が紹介されています

「gay life Japan」という
ゲイのためのライフスタイル提案型
オンラインマガジンに
先日の男魂-MEN SOUL-のリポートが掲載されました。

gay life Japan
http://gaylife.co.jp/

今ならトップページのPick UPで
日本全国のPride Weekの紹介と並びという扱いで
大々的に紹介されてます。

一部、照れくさいほどに自分も紹介していただいてますが
男魂-MEN SOUL-の様子がしっかりわかるように
リポートされてますんで
男魂に来れなかった人も、
どんなんだったか雰囲気がわかると思いますし、
男魂にご来場いただいたり、参加したみなさんは
記憶と興奮が蘇ってくると思いますので
ぜひ、ご一読くださいませ。
posted by ふとし at 13:27| Comment(0) | GayLife