CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年10月16日

【報告】やろっこ交流会

14日は毎月行っている「やろっこ交流会」でした。
今回は「コミュニティ発!」がテーマ。
ゲストに「GUTS」というHIV啓発サークルのメンバーの
Junchanを迎えてお話していただきました。

1.ゲイカルチャーとHIV
自己紹介を兼ねて、Junchanが触れてきた
HIVのメッセージとコミュニティについて
年を追ってお話いただきました。
○HIVをテーマにした劇との出会い。
○映画祭でHIVをテーマにした映画の字幕を担当したこと。
○パフォーマンス集団への参加と、パフォーマーとしての
  HIV啓発イベントへの参加。
○ゲイ雑誌へのHIV情報掲載。
その時々の時代背景もお話いただいて、
どういう時代に、どんな情報が流れていたのか。
そして、どういうアクションをしてきたのかがよくわかる内容でした。

2.啓発活動(Rainbow RingとGUTS)
東京のゲイコミュニティ(二丁目)でHIV啓発活動が活発になってからのお話。
個々に活動していた団体をつなぐ、
ネットワークの役割として発足したRainbowRingについてや
二丁目の中につくられたコミュニティセンターaktaについて
お話をしていただき、いよいよGUTSの活動について。
ライブ、ショー、クラブイベントの要素をミックスして、
その中でHIVをテーマにした映画・映像を流すというスタイルの
HIV啓発イベント「男魂-MenSoul-」。
パフォーマー、ダンサー、DJなど多彩で
人を楽しませることが得意な人が集まっているメンバー構成を活かし、
また、自分たちのできる範囲でできることをするという
「サークル」としてのHIV啓発活動は、
地方の小さいグループや、
自己資金のみで活動している団体にとって
参考になる点が大いにあると思いました。

仙台での「男魂-MenSoul-」開催を目指していきたいと思います。

posted by ふとし at 12:16| Comment(0) | イベント