CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年02月23日

NGO指導者研修

今週末、エイズ予防財団主催の
NGO指導者研修に参加してきます。

NGO指導者研修に参加するのは3回目。
毎回、違ったテーマで、
NGO/NPOが抱える課題について
研修をしてくれています。

1回目は、SWOT分析で組織の強みと弱みを分析。
2回目は、SWOTをさらに活かして戦略の立て方。
そして今回は資金調達について学びます。

研修そのものも有意義なんですが、
全国各地の団体/組織と意見交換ができるので
とても参考になります。
posted by ふとし at 08:37| Comment(0) | NPO

2008年06月05日

エルパーク・フォーラム(`へ´ )

Anegoで『社会へのセクシャリティ理解促進事業』に対して
「みやぎNPO夢ファンド」より助成金をいただくことになりました。
その中で、HUGたいそうという、バリアフリー体操を行うので
エルパーク仙台という仙台市の公共施設の一室を使いたいと思っていました。
で、エルパーク仙台では、男女共同参画の視点をもった団体のイベントを
集中的に開催する「エルパークフォーラム」というのを開催しています。
どうせなら、その時期に参加して一緒に盛り上げようかと考え
募集要項を見てみると・・・
7月から12月まで4回開催される連絡会に
全て参加できることが条件
その日程が全て平日の13時半から

むむむ。

仕事をしながら市民活動をやっている人には
難しい条件ではないですか。
平日の昼間に4回。
しかも、どう考えても遅刻や早退では対応できない真っ昼間。

念のため事務局になっている
エルパーク仙台市民活動スペース
(NPO法人イコールネット仙台が運営)
に確認したところ
やはり全て参加することが条件とのこと。。。

男女共同参画の視点をとかいいながら
この日程、働く女性のことは全く考慮してませんよね?


と、たずねたところ、

どんな時間にしても参加できない方はいますから

との回答。

それにしても、全部が平日の昼間って働いてる人のこと考えてませんよね?

参加されてる団体はみなさん、団体の中で都合をつけ合って参加しているんですよ。
どなたか参加できる方はいませんか?
↑ちなみにこの回答が唯一と言っていいまともな回答でした。

Anegoの自分以外のメンバーは、
専門職で代理がいないから休みが取れなかったり、
資格取得のために学校に通っていて、
スクーリングのために休みを使っていたり、
俺だって、すでに自分の市民活動のために有給休暇を使い切ってるし、
たかがエルパークフォーラムごときに
休暇を4日もつぶせるほど、うちのメンバーは暇じゃありません。

というわけで

じゃあ、参加しないのでいいです。

と返答しました。
すると、「責任者にきいてみます」と。

で、後から電話をかけ直すと待っていましたとばかりに
「やはり全回参加していただくことが参加の条件です」
と、切り出してきました。
なので
「そうですか、うちは参加しないことにしましたからいいですよ」
と電話を切ろうとしたら、
「他の団体からは一切時間についてはご意見いただいてないんですよ」
と、わざわざ、このタイミングで言ってくれました。

。。。

は?うちだけいちゃもんつけてるって言いたいんですか?

いや、これまで参加いただいてる団体さんからは
夜に開催してほしいって声は全く出ていません。

そりゃあそうですよね。
昼間に全回参加できる団体しか参加してないんですから。


納得いかないようでしたら
この企画自体は、せんだい男女共同参画財団の企画でして・・・

納得いかないなんて言ってないでしょ。
うちは参加しないからいいって言ってるのに
あなたから「時間について意見してるのはそちらだけ」って
ふっかけてきたんでしょ。
だいたい、自分なら仕事しながら参加できます?
あなたのように仕事として市民活動やってる人は少ないんですよ。
多くの団体は、仕事や子育てをしながら、活動してるんです。
あなたは市民の目線でものごとを考えなければいけない立場でしょ?
市民として、もっと参加しやすければ、
もっとエルパークフォーラムが盛り上がるのにと思って意見してるのに
その態度はないでしょう!

と、ぶち切れてしまいました。

たぶん、対応した彼女は上司から
他の団体からは一切時間について意見がないことを伝えろと言われていたんでしょう。
それが、すんなり「参加しないからいい」と言われて電話を切られそうになったから
そこで思わずそう言ってしまっただけでしょう。

彼女は悪くないのかもしれません(ただ空気がよめないだけ)。

問題なのは、そもそもエルパークフォーラムの事務局
つまりはイコールネット仙台やせんだい男女共同参画財団の姿勢でしょう。
イコールネット仙台の代表者は
Anegoへ助成金を支出した「みやぎNPO夢ファンド」の審査員ですが
あえて苦言を呈したいと思います。
ほんとに男女共同参画を考えていますか?と。

ちなみに、Anegoがエルパークフォーラムに参加したとしても
助成事業の一環で参加するため、
せんだい男女共同参画財団の名義後援をいただけるのと
エルパークフォーラムの冊子に参加プログラムの一つとして掲載されるくらいで
その他のメリットはありません。
Anegoの企画は、エルパークフォーラムに参加しなくても
成功させる自信があり、
エルパークフォーラムへの参加を考えたのは、
純粋にエルパークフォーラムを盛り上げようという気持ちからでした。
(なので、あっさり断念したわけですが)
今回の一件は、そんな盛り上げようという気持ちを踏みにじられたようで
非常に残念です。
今後、エルパークフォーラムがさらに活性化していく方策がとられていくことを
期待します。
posted by ふとし at 10:42| Comment(0) | NPO

2008年01月30日

リーダーの資質

2月22日〜23日に東京で開かれる
エイズ予防財団主催の
「NGO指導者研修」を受けることになりました。

指導者=リーダーについては
自分の中でも考え中のことでして
研修でしっかり学べたらと思います。

以前は、小さな組織のリーダーに求められるものは、
人を引きつける魅力と、包容力だと思っていました。

実際、NPOのリーダーには魅力的な人が多く、
その人柄で人が集まってきているところも
少なくないと思います。

そして多くのリーダーは包容力があり、
組織がいろいろなチャレンジをするのを
後押ししているのだと思っていました。

加えて、HIVの啓発グループのリーダーには
セックスアピールも必要だと思っていました。

けれども、今の俺の持論は、

小さな組織(というか大抵の組織)では、
人材が限られているから
リーダーになる人も万能ではない。
組織のメンバーは万能ではないリーダーを
補い支える必要がある。
逆に言えば、
リーダーに求められるのは
組織のメンバーにしっかりと
補い支えてもらえる人物であること

つまりは、
「あの人のためなら一肌脱ごう」
「あの人と一緒ならやってもいい」と
思わせる何かを持っていること。
それが小さな組織におけるリーダーの資質。

です。

つまりは、
リーダーには人を引きつける魅力が必要だけれども
それは人を引きつける「能力」ではなく、
「支えてもらう」人柄であり、
包容力が必要なのはリーダーではなく
むしろメンバーや組織そのものだということです。

HIV啓発グループのリーダーに必要だと思っていた
セックスアピールにしても、
リーダーが持っている必要は無く、
それを補える人が組織にいればいいだけのこと。
↑HIVはセックスに関わることだから、
やっぱりセックスアピールのある人が
メッセージを発信することって大事だと思うのです。

この考えでいくと、
俺が所属しているAnegoのチーフ・宮城ゾン子は
まさに理想的なリーダーです。
いつも笑顔で、誰に対しても礼儀正しく低姿勢。
「自分がみんなに提供できるものは愛!」
と言ってしまうほどに、みんなを愛しているし
ちょっと抜けてるところがまた
「もー、しょうがないんだから」と
助けたくなってしまうわけです。

ゾン子を見ていると、
自分にはできないことがたくさんあると認めることの大切さ
よくわかります。
そして、みんなを愛することの大切さも。

そして俺が尊敬する横浜Cruiseネットワークの代表・シンジ兄もそんなリーダーです。
「もーひとりじゃ無理〜」なんて弱音は吐くし、
「ちょっとお願い」「ほんと助かる〜」って、
フランクに仕事を頼んでくるから、
ついつい手伝ってしまいます(笑)

逆に言うと、
自分はできていると思い込んでいる人。
みんなに支えられていることに気づけない人。
愛のない人。
そんな人じゃあ、小さい組織のリーダーは務まりません。

1年前(やろっこのリーダーだった頃)の俺はどうだったのかな。。。

研修を受ける身分で言うのもなんですが
今後、俺がリーダーシップを発揮するって機会は
おそらくないとは思うのですが、
上記の「リーダーの資質」って
リーダーだけではなく、
誰かと支え合う全ての人にとって言えるわけで
(もちろん恋愛関係でも)

自分には欠けていることがたくさんあると認め
そして愛すること。


これからは、そんなことを心がけていきたいなあと思います。

さて、研修では「リーダーシップ」について
どんなレクチャーがあるのか今から楽しみです。
posted by ふとし at 00:54| Comment(0) | NPO

2007年01月01日

こんなボランティアでもいい?

ボランティアちゅうと、なんだかまじめな人と思われるのね。
しかも、HIVボランティアとなると
HIVに感染するような行為は全然しない人
って思われてたりするし。
でもね、俺、セックス好きだし、
ハッテン場*1行くし、乱交やるし、出会い系も使うし、
正直、毎回完璧なセーファーセックスなんかしてないし。
ラッシュ*2も使うし、ゴメオ*3も使ったことあるし。
こんなんでもね、一応ボランティア。
(ボランティアって言葉、あんまり好きじゃないけど)

高校に講演に行ったときにも
「ケジラミを付き合ってた人にうつしちゃった」
って話をしてくるし、
電話相談で「初期症状*4かもしれない」
って不安になってる人に
「自分も初期症状かもと思って病院にかかったことがある」
って話をすることがある。

最初は、セーファーセックスできていない自分を隠したり、
自己嫌悪に陥ってたりしてたけど、
今は、こんなゆる〜いボランティアがいてもいいんじゃないかと思ってる。

頭ごなしに予防予防言うだけが啓発じゃないって思うわけ。
こんな、ゆる〜いヤツだからこそ、
伝えられることがあるんじゃないかってね。

まあね、まずは自分自信から啓発していかないといけないとは思ってるよ、
少しはね。

*1 ハッテン場
ゲイが出会い(主にセックスの相手)を求めて集まる場所。
*2 ラッシュ
脱法ドラッグの一種。販売規制の取り締まり対象。
*3 ゴメオ(ゴメ)
セックスドラッグの一種。近年麻薬に指定された。
*4 初期症状
HIVに感染したときに起こる症状。
症状の有無や現れ方に個人差があり、
またHIV以外の原因で起こる症状と区別がつかないため
症状からHIVの感染を判断することはできない。  
posted by ふとし at 18:23| Comment(0) | NPO