CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年07月11日

青森LGBT映画祭

今年も7/25に青森でLGBT映画祭が開催されます!

青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル
http://aomori-lgbtff.org/


映画祭のチラシを飲み屋に配って歩いているのですが、
あるお店では

あ、今年も青森で映画祭やるんだ。
青森ってイイ男多いよね〜。

なんて話も。

これには、みんな同調してました。
イイ男の待つ青森へ行って映画を観ましょう。

あ、でも上映中は男探しなんてせず
スクリーンに集中しましょうね。
posted by ふとし at 15:44| Comment(0) | GayLife

2009年05月16日

MILKが今度はチネラヴィータで

アメリカで初めてゲイの公職人となった
ハーヴェイ・ミルクを描いた映画
MILK
http://milk-movie.jp/

仙台フォーラムに続いて
仙台駅東口にあるチネラヴィータでの上映が始まります!(16日〜)
http://forum-movie.net/sendai/nowshowing.html#RANGE!A140

上映時間はこちら↓で確認してください。
http://forum-movie.net/sendai/timetable.html#RANGE!A53

チネラヴィータと言えば、
去年、映画「トップレス」の上映の際に
Anegoのトークショーを開催してくれた映画館です。
Anego 2nd Anniversary Partyでは
お祝いのビデオメッセージをいただきました。

とってもAnegoフレンドリー、LGBTフレンドリーな映画館。
そこでMILKを上映するってことは
見に行けってことですね!!!

仙台フォーラムの上映で見逃しちゃった方は、
この機会をお見逃しなく!
すでに観たという方は、もう一度観ちゃいましょう!!
何度でも観たい映画です。

俺も、もう1度、観に行きます。
だって、1度じゃ細かいとこがよくわかんなかったんだもん。。。
posted by ふとし at 01:46| Comment(0) | GayLife

2009年05月15日

男魂の様子が紹介されています

「gay life Japan」という
ゲイのためのライフスタイル提案型
オンラインマガジンに
先日の男魂-MEN SOUL-のリポートが掲載されました。

gay life Japan
http://gaylife.co.jp/

今ならトップページのPick UPで
日本全国のPride Weekの紹介と並びという扱いで
大々的に紹介されてます。

一部、照れくさいほどに自分も紹介していただいてますが
男魂-MEN SOUL-の様子がしっかりわかるように
リポートされてますんで
男魂に来れなかった人も、
どんなんだったか雰囲気がわかると思いますし、
男魂にご来場いただいたり、参加したみなさんは
記憶と興奮が蘇ってくると思いますので
ぜひ、ご一読くださいませ。
posted by ふとし at 13:27| Comment(0) | GayLife

2009年05月11日

Anego Girlsのブログができました

俺が参加しているAnegoの
活動の一つ「パフォーマー派遣」。

そのパフォーマーである
Anego Girlsのブログができました。


https://blog.canpan.info/anegogirls


Anego Girlsの華やかで笑える画像&動画が満載です。
Anego Girlsへのオファーや
Anego Girlsになりたい!って方の
お問合せもブログからどうぞ。

ちなみに俺はミニーです!
posted by ふとし at 01:58| Comment(0) | GayLife

2009年05月09日

IDAHO

俺が参加している

やろっこ
http://sendai865.web.fc2.com

Anego
http;//blog.canpan.info/anego

の両方が協力しているグループの1つに

IDAHO仙台実行委員会
http://blogs.yahoo.co.jp/idaho_sendai/

があります。
こちらには俺は参加していないのですが、
現在メッセージを募集中とのことです。
http://blogs.yahoo.co.jp/idaho_sendai/709238.html

そのメッセージ募集の告知依頼のメールに
ホモフォビア(同性愛嫌悪)にNO!
というキャッチがついていました。
う〜ん、このキャッチ好きにはなれません。

日本でIDAHO(国際反ホモフォビアデー)キャンペーンを展開している
やっぱ愛ダホ!
http://yappaidaho.blog.shinobi.jp/
のHPにはこのキャッチはないので
仙台委員会オリジナルのキャッチと思われ。

IDAHO(国際反ホモフォビアデー)をわかりやすく伝えるために
使っているんでしょうが、個人的にちょっと抵抗があります。

同性愛への差別、
同性愛者へのヘイトクライム(理由なき憎悪による暴力や殺人)、
同性愛を治療対象や処罰の対象とすることなどに
反対するという意思表明には賛成なのですが
同性愛嫌悪にNO!っていうのはねー
同性愛嫌悪って人の感情なわけですから
俺個人としては、しかたないと思っています。

生理的に受け付けられないっていう人が居てもしょうがないでしょ。
個人の感情なんだから。

それを差別や暴力に結びつけるのはやめましょうよ。
っていう話であって
同性愛を嫌悪するなって言われても
無理な人には無理だと思います。
嫌悪感をいだくのだって自由でしょ。

俺はれっきとしたゲイですが
「男同士なんて気持ち悪い」って気持ちもわからなくもないです。
ボーイズラブものとか、
正直、気持ち悪いって思うことありますもん。

というのが、
個人的にIDAHOには関わらない理由だったりします。
posted by ふとし at 11:10| Comment(0) | GayLife

2009年04月24日

それ違いますから

いきなり無記名で「俺、淋しい」ってメールが届いて
悩みでも抱えているのかと思い、返事出したら

「やりたい」ってメールが届きましたwww

それ、淋しいんじゃなくて
やりたいだけですから。

まだ最初から「やりたい」ってメールのほうが
ストレートでいいや。


あーびっくりした。


あ、もちろんお断りしました。
不自由してませんからー。
posted by ふとし at 13:09| Comment(0) | GayLife

2008年12月27日

Anegoは冬も元気

この冬一番の寒波。
みなさん縮こまっていませんか?
俺は昨晩、レイトショーで韓国のゲイムービー
「後悔なんてしない」を見てきました。
けっこう重い映画だったので、
それをひきずりつつ地下鉄で帰り
そこからタクシーに乗って。。。と思っていたら
タクシーがいなくて乗り場には長蛇の列。
路面がところどころ凍ってる中、とぼとぼ歩いて帰りました。
寒かったー。。。

ところで、
俺が参加しているAnegoは
この冬も愛情いっぱい、元気いっぱい
イベント目白押しですので紹介します。

■1/12(月・祝)14:00-15:30
Anego Tea Party
@仙台市市民活動サポートセンター研修室5
多様性を感じるためのTea Party。
性別、セクシャリティ、年齢などに関係なく誰でも参加できます。
参加費500円。
今回のテーマは「ラブレター」です。
詳しくはこちら↓をご覧下さい
https://blog.canpan.info/anego/archive/16

■1/16(金)〜2/14(土)
展示「Anego's Valentine」
@仙台市市民活動サポートセンター5階展示スペース
多様な性別、セクシャリティ、年齢の人の
多様な愛のメッセージを展示し、愛の形の多様性を伝えます。
展示にともない愛のメッセージを募集中です。
※展示の詳細はこちら↓
https://blog.canpan.info/anego/archive/18
※愛のメッセージ募集についてはこちら↓
https://blog.canpan.info/anego/archive/17
posted by ふとし at 11:37| Comment(0) | GayLife

2008年09月03日

REACH2008始まる

ゲイ・バイセクシャル男性への意識調査
REACH Online 2008が始まりました。
http://www.j-msm.com/s/2008/


俺が所属している団体「やろっこ」の認知度を調べる
アンケート項目なんかもあったりします。
このアンケートは、ゲイ・バイセクシャル男性が置かれている状況を
社会に伝えるために重要な役割を担っています。
ゲイ・バイセクシャル男性はぜひご協力をお願いします。

なお、俺が所属しているもうひとつの団体「Anego」では
この調査研究を行っている
日高 庸晴先生
( 関西看護医療大学看護学部 講師
 京都大学大学院医学研究科 非常勤講師 )
を講師にお迎えした講演会を行います。

みやぎNPO夢ファンド助成事業
社会へのセクシャリティ理解促進事業 講演会
「自殺・いじめの問題を抱える思春期の性的少数者
 〜先生ができること・保健室ができること〜」
2008/9/27(土)14:30〜16:00
仙台市青年文化センター研修室2
参加費:500円

詳細につきましては
後日、アップしますが、取り急ぎ告知まで。
posted by ふとし at 02:36| Comment(0) | GayLife

2007年12月14日

愛のメッセージ大募集


仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が始まりました。
電飾が散りばめられたケヤキ並木の下は、
恋人たちであふれかえっています。

それもそのはず、
クリスマスまであと10日!
バレンタインデーまであと2ヶ月!
世の中はすっかり恋人モードです。

ということで告知 !

「Anego's Valentine」愛のメッセージ募集中です。
東北でLGBT(性的少数者)がほっとできる場所があったらいいなー
という方向性でつくられたグループ「Anego」では
ただいま、愛のメッセージを大募集しています。
応募いただいたメッセージは
仙台市の公共施設、仙台市市民活動サポートセンター5階展示スペースにて
2008年1月15日〜2月14日の間、展示します。
性別、年齢、性的指向などは一切問いません。
もちろん、匿名やニックネームでの応募も可です。
おのろけ話や片思いの誰かへの届けられないメッセージでも
愛のあるメッセージなら、なんでもOKです。
愛の形の多様性を伝えることが目的なので
愛の対象は、異性でも同性でも動物でもモノでもなんでもアリ。
憧れの有名人へのファンレターでも、
ペットへのメッセージでも、 こだわりのフェチでも
愛があれば受け付けます。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/anegosendai/27878166.html

*LGBTとは
レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシャル(Bisexsual)、
トランスジェンダー(Transgender)の略で性的少数者の総称です。
posted by ふとし at 11:13| Comment(0) | GayLife

2007年09月14日

NHKアナウンサーが「オカマ」と発言

本日(2007年9月14日・金曜日)放送の
NHKのテレビ番組「スタジオパークからこんにちは」の中で
国分太一さんと対談していた武内陶子アナウンサー
オカマの役から・・・○○の役まで、いろんな役を演じてきたんですね」と発言。
国分太一さんが以前に出演した民放のドラマで
ゲイの役を演じたことを受けての発言だと思われる。。。

「オカマ」は差別語ではないのか?
ということで、生まれて初めてテレビ局へ抗議の電話。

104でNHKの代表電話を教えてもらい、
代表電話から
視聴者コールセンター」なる部署へつないでもらう。
電話に出た女性に
「スタジオパークからこんにちは」の放送の中で
アナウンサーが『オカマ』と言っていた。
差別語ではないか?と話すと

「 は? 」

という感じで、「上司に相談します」との返答。
しばし待たされた後、電話口に出た男性に
また一から説明すると、

『オカマ』が差別語かどうかは今この場で回答できないが
差別語だったとしたら、アナウンサーは認識しているはずである。
もし、アナウンサーが差別語を口に出したとしたら
認識不足だったか、誤って口にしてしまったのだと思う。

との回答。

受付の方も、あなた(電話口の男性)も差別語かどうかわからないということは
NHKの中では「オカマが差別語である」という統一見解はないのですね?と
たずねると、

民放ではよく耳にする言葉ですが、差別はあってはならないことです。
とチンプンカンプンな返答だった。

民放の話にすりかえるなっちゅうの。

抗議の電話だというのに、不適切な発言だったのかどうかすら
明言をさける言い回し。
これ以上、話をしても無駄だと思い、一旦電話を切る。
で、名前を確認するのを忘れたと思ってもう一度電話をして
「用件は済んだけれど、担当者の名前だけ教えて」
とお願いしたら、
「上司に代わります」と保留音がした後に
「あ、これ?」という男性の声がしたかと思ったらいきなり電話が切れた。

おい!ふざけるな!!

ということで再度電話。
またしても、代表電話、「視聴者コールセンター」の受付で
同じことを繰り返し話して、今度は「チーフ」という肩書きのついた女性が対応。

これまでの一部始終を説明すると
「使わない方がいい言葉だとは思いますが」との回答。

いつまでものらりくらりとかわす対応を続けるので、
「使わない方がいいとか言いながら、さっきからお詫びの一言もないんですね」
と言うと、「傷ついたのであれば謝ります」と口先だけの謝罪。
で、本題の
「オカマはNHKでは差別語として認識されているのか?」
と再度たずねると、
「少々お時間を下さい」と待たされた挙句、
「周りの人に聞きましたが、みんな『使わない方がいい』と言ってます
て、おい!組織としてどうなのかきいているんだ!

あなたとか、周りの人とか、そういう個人の意見ではくて
NHKではどうなのかきいているんですけど。

と言ったら
使わない方がいい言葉としてリストに入っています
との返答。

・リストに入っているなら、最初の問合せの段階で調べられたはず。
・使わない方がいい言葉を使って抗議を受けたら、すみやかに謝るべきでは?
・番組放送中に抗議しているのであるから、番組終了までに、アナウンサーから
「不適切な発言があった」と説明があっても良いはずである。

ということを告げ、
クレームを受け付けるはずの部署でありながら
対応のあまりの不手際/怠慢が目立ち
非常に不愉快であると強く抗議した。

ちなみに、結局、視聴者コールセンターの最初の担当者(男性)の名前は
教えてもらえず、また、チーフと名乗った女性も姓のみしか名乗らなかった。
ということで、このあまりにひどい対応は、個人ではなく
「NHK視聴者コールセンター」としての対応らしい。
posted by ふとし at 14:07| Comment(0) | GayLife