CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年03月27日

HIV抗体即日検査ヴァーチャル体験

先日、福島県郡山市にある
郡山駅前健康相談室のHIV抗体即日検査を
体験させていただきました。

郡山駅前健康相談室があるのは、
郡山駅前にあるビッグアイという高層ビルの7階。
ビルにはテナントも多く入っていて
洋服、雑貨から飲食店までなんでもそろっています。

HIV抗体即日検査は毎月第3土曜日に実施(2007.3月現在の情報)。
予約無しで検査が受けられるため(同じく2007.3月現在の情報)
受付開始時間の午後1時半には
受付に列ができるほどの盛況ぶり。
1時半の時点で定員(15名)に達することがほとんどらしいので
確実に検査を受けたい方は、1時半前から待機することをお勧めします

受付で番号札を受け取ったら待合室へ。
受付番号を呼ばれたら、前の机で今日の検査の流れや注意事項の説明を受けます。
ここで受付の番号札と引き換えに、採血の番号札を渡されます。
番号札の後ろには目安となる採血予定時間が書いてあるので
その時間までに会場へ戻れば外出もOK!
ビッグアイの中の喫茶店やショップで時間をつぶしてもいいし、
会場前のロビーでそのまま待機していても可。
ただし、ロビー脇の部屋はいろいろな催事で使用されていることが多いので
人目が気になる人は、他のフロアに移動することをお勧めします

採血予定時間になったら会場付近で待機。
番号を呼ばれたら採血室へ。
簡単な問診を受けたら(答えたくない項目は答えなくて可
採血(5cc2本)。
ちなみに、問診には異性間/同性間を問う項目は含まれていませんでした

採血後、結果がわかる時間を教えてもらいます。
結果が出るまでの時間も、もちろん自由行動。

約束の時間に会場付近へ戻り、再び番号が呼ばれるのを待ちます。

結果を伝えるのは、医師です。
結果は「陰性」か「要確認」のいずれかで、
「陽性」という結果は出ません
陰性」の場合、検査日からさかのぼること3ヶ月前まで
HIVに感染していないということになります。

要確認」の場合は「確認検査」が必要になります。
これは、即日検査がたいへん感度の高い検査方法であるため
「HIVによる抗体」も「HIVによる抗体と似ているもの」もすべて検出してしまうので
「確認検査」で「HIVによる抗体」なのか「似ているもの」なのか
再度検査をする必要があるのです。
ちなみに、HIVに感染していない人の100人に1人が
「要確認」と判定されると言われています。

要確認」の判定が出た場合は、採血した2本のうちの1本を使って確認検査をします。
(新たに採血はしません)
確認検査の結果は、後日(平日)郡山保健所で伝えられます。

今回のヴァーチャル体験では、結果を伝える医師から
彼女は・・・」なんて発言が飛び出してしまっていましたが
「相手」という言い方で置き換えましょうねって提案しておきました。

東北のHIV抗体検査会場の中では
開催日時(土曜の午後)、立地(駅前のビルの中)とも申し分のない
群を抜いたところであることに加え、
検査担当の方々も好印象です。
すぐに定員に達してしまうのも納得。

「問診ブースが並んでいるため隣の声が聞こえるおそれがある」と提案したところ
早速「問診ブースをできるだけ離し、BGMを流すことにしました」と対応していただきました。

他の東北各地の保健所にも、ぜひ見習っていただきたいものです。




HIV抗体検査受検者アンケートにご協力ください

東北HIVコミュニケーションズ(THC)では
東北でHIV抗体検査を受検された方を対象に
HIV抗体検査アンケートを実施しております。
アンケート結果およびアンケートで寄せられたご意見などは
東北HIVコミュニケーションズ(THC)が取りまとめて
「受検者の声」として検査機関へ届けます。
受検者本位のHIV抗体検査の実現へ向けて
率直な感想・ご意見をお待ちしております。
あなたの声を聞かせて下さい。


HIV抗体検査アンケート
PC http://www.cgi-maker.com/tools/form/kensa
携帯 http://www.cgi-maker.com/m/tools/form/kensa
posted by ふとし at 15:52| Comment(0) | HIV

2007年02月09日

HIV/AIDS新規報告者数が過去最多

ここんところ毎年同じニュースが流れますが
2006年のHIV/AIDSの新規報告者数が過去最多になりました。
以下、「エイズ動向委員会」の発表(速報値)に基づいて記載します。
俺のブログでは、数値の読み間違い、書き間違いがあるかもしれませんので
正確な、詳しい情報は
http://api-net.jfap.or.jp/mhw/survey/mhw_survey.htm
をご覧下さい。

HIV感染者が914名、AIDS患者が390名で共に過去最多。
つまり2006年の1年間で計1,304名の方が、
新たにHIVに感染していることがわかったわけです。

感染経路別で見ると男性同性間の性的接触による感染(自己申告)が最も多く
HIV感染者577名、AIDS患者159名、計736名。
全体に占める割合を計算すると
HIV感染者の63%、AIDS患者の41%、合計の56%となります。
新規報告数の半分はゲイってことですが、
HIV:AIDS=4:1くらい。
つまり、検査でわかってる人の方が圧倒的に多いのが
ゲイの特徴です。

ちなみに男性の異性間の性的接触による感染(自己申告)をみると
(つまりストレート男性の場合は)
HIV感染者153名、AIDS患者116名、計269名なので
HIV:AIDS=3:2くらい。



これまでの累計をみると
男性同性間の性的接触による感染(自己申告)は
HIV感染者3,700名、AIDS患者1,142名、計4,842名。
凝固因子製剤(いわゆる薬害)による感染者をのぞいた全体の累計は
HIV感染者8,306名、AIDS患者4,034名、計12,340名なので
全体に占める割合を計算すると
HIV感染者の45%、AIDS患者の28%、合計の39%がゲイとなります。

て、数字をずらずら並べてもよくわからないけど
ゲイの陽性者がどんどん増えてきてるというのは
まぎれもない事実です。

誰にとっても、もう他人事じゃないし、
すぐとなりに陽性者がいるってこと。

でも、現実問題として、なかなかピンとこないんだなあ。
posted by ふとし at 19:12| Comment(0) | HIV

2007年01月23日

仙台でHIV検査結果誤通知

仙台市がHIV抗体検査結果の誤通知を発表しました。
実際、ニュースでもこの件についての報道が流れています。
で、一番心配なのが「陰性」という結果を聞いて帰ったこの方が
心構えのないときに「あなたは陽性だった」と
テレビや新聞から伝えられたショックの大きさです。

現在の医療では、HIVに感染していても
大きな支障をきたすことなく日常生活を送ることが可能です。
詳しくはこちら↓
https://blog.canpan.info/hutoshi/category_6/

そのような正しい知識を伝えられることなく
突然「陽性」だったと告げられることへの配慮が
仙台市にも報道機関にも欠けている事が
とても心配です。
posted by ふとし at 13:29| Comment(0) | HIV

2006年12月23日

ポジの人とSexしたんだけど・・・

今年、自分の友達や知人から
「ポジの人とセックスしたんだけど大丈夫かな?」
ってことを3人にきかれた。

ポジ(HIV陽性)の人とセックスするのと、
ポジかどうかわからない人とセックスするのは
何も変わらないんだけど。
もっと言っちゃえば、
ポジじゃないと言い切れる人なんてそういるもんじゃないから
誰とセックスしようが、同じことなんだけど。

って最初に答えるんだけどね、
そんな理屈はどうでもよかったりするの。
そりゃあそうだよね、
本人はポジだとわかってる人とセックスしたわけなんだから。

でもって、具体的にどういう行為で感染するかとか
感染確率の話、HIV抗体検査について、
HIVに感染してからのことについて説明をすると
少しは落ち着くみたいで、
今度はセックスしたポジの人のことや
自分のパートナーのことを心配するようになる。

と、まあ、みんなだいたいこんな感じなんだけど
それにしても、同じことを3人からきかれるとは。
俺がHIVのことやってるって
周りに知られてきたからっていうのもあるんだろうけど
たぶんね、ポジの人がセックスの前後に
「自分はポジだ」って伝えるようになってきてるんだと思う。

そういえば、俺も今年、ポジだってわかってる人とセックスしたし。

伝えるか伝えないかは本人が決めることで自由なんだけど
伝える人が多くなってきてるとしたら、その理由はなんでなんだろう。
伝えやすい環境になってきているのなら嬉しいんだけど、
伝えておかないと、あとで何らかの理由でわかったときに面倒だから
って理由も考えられるわけで。。。

どちらにしろ、ポジだということを伝えるというのは、
その人が一つ決断をしているわけで、
伝えられた人が、その気持ちをふまえることができたらステキかなー。
posted by ふとし at 09:10| Comment(0) | HIV

2006年11月30日

36時間AIDS電話相談

12月2日(土)10時〜12月3日(日)22時まで
36時間AIDS電話相談があります。

電話番号は
0120?545036
携帯電話・PHSからもつながります。

電話に出るのはトレーニングを積んだ専門の相談員。
もちろんプライバシーは守られます。

感染の不安・悩み、
HIV/AIDSについての疑問、
抗体検査のことなど
HIV/AIDSに関することなら何でも相談してください。

小学生からお年よりまで、
性別・セクシュアリティを問わず
どなたでも相談できます。

2日(土)の朝10時から3日(日)の夜10時まで36時間、
昼夜を通して(もちろん夜中でも)相談できます。

不安や気になっていることがある人は、この機会にぜひ相談してください。
posted by ふとし at 09:00| Comment(0) | HIV

2006年11月29日

日本エイズ学会

いよいよ明日から
日本エイズ学会です。

新聞でも学会長の池上さんが
取り上げられたりしていましたね。

俺も行きます。
ちゅうか発表のパワーポイントが
まだ完成してません(汗)

学会に行くのは初めてなので
いろいろと吸収し、
そして、いろいろな方と出会えたらと思っています。
posted by ふとし at 11:14| Comment(0) | HIV

2006年09月09日

HIV2型-日本人初感染-

今週はタイトルの通り、
「HIV2型-日本人初感染-」というニュースが流れましたね。
いろんな人から、「ニュースで見たよ」と声をかけられたので
世の中の関心を呼んだニュースだってことですね。

と、書いてる本人は、あまり関心がないんです。
だって、そりゃあ日本人だって、HIV2型に感染するでしょうよ。
日本人には感染しないウイルスってわけじゃないんですから。
保健所の抗体検査も、すでにHIV2型に対応していますし、
見つかったばかりの「新種のウイルス」ってわけではないんです。
これまで、日本国籍の人の感染が確認されていなかっただけです。

↑補足
平成5年に厚生省がすでに全国の保健所へ
HIV-2検査への対応を呼びかけてますし、
今回の「HIV2型-日本人初感染-」を受けて厚労省が行った調査でも
全保健所で抜け落ちなく、HIV2型の検査を実施していたそうです。
(調査するまでもなく、当然のことです。)

感染経路などもHIV-1と変わりありません。
むしろ感染力は2型の方が弱いです。
「HIV」という言葉が使われているときには、
HIV-1とHIV-2をひっくるめていると理解していいと思います。
posted by ふとし at 12:01| Comment(0) | HIV

2006年07月19日

甥の風邪

5歳の甥が風邪をひいて
幼稚園を休んだ。
姉の家は共働きなので
実家である我が家で休むことになった甥。
38度の高熱。
まだ5歳だというのに、
抗生物質と、解熱剤と・・・
3種類の薬を1日3回。
一日子守りをすることになったうちの母(甥から見たら祖母)に
「昼寝もせずに遊んでばかりいるから風邪をひく」
なんて小言を言われながらも
必至に元気なふりをしている甥。
熱がある時に両親がそばにいなくて
ほんとは不安でいっぱいだろうに。

「悪いのはお前じゃないよな」と言って
ぎゅうっと抱きしめてあげる。
そしてベッドに寝かせたあと、部屋を出た。

本当は、そばにいてあげたいけど、
お前から風邪をもらうわけにはいかないんだよ。

なんだかかわいそうだと思いながらも、
部屋を出てから手を洗い、うがいをした。

風邪をひかないようにする。
そして、風邪をうつさないようにする。
生活をする上では、ほんと難しいことだ。
posted by ふとし at 15:27| Comment(0) | HIV

2006年06月15日

仙台市のエイズ迅速検査会


仙台市のホームページに6日、
エイズ迅速検査会の情報が掲載されました。

【日時】
平成18年7月1日(土)
受付時間 13:00〜18:00
【会場】
宮城・仙台口腔保健センター(宮城県歯科医師会館)
仙台市青葉区国分町1−5−1
【検査内容】
血液検査(約3cc採血します)
受付から結果が出るまでの所要時間はおおむね1時間です。
(状況によっては長引くこともあります。)
【留意事項】
正しい判定ができるのは,感染したと思われる日から3カ月以降です 。
迅速検査では100人に1人程度の割合で判定保留になることがあります。
その場合,より精度の高い方法で確認検査を行いますので
結果のお知らせは7月6日となります。
【問合せ先】
仙台市保健医療課 TEL 022−214−8029

だそうです。
東北HIVコミュニケーションズではそれに先立ち、
「受検者本位のHIV検査についての交流研修会」を
仙台市・宮城県のHIV検査担当者、拠点病院スタッフ、THC相談員向けに
開催します。(共催:仙台市、宮城県)
(6月18日13:00-17:30、仙台医療センターにて。申込締切済み)
この研修会を通して関係者が
「受検者本位のHIV検査とは?」と考えるきっかけになり
よりよい検査環境が整備されればと思います。


posted by ふとし at 14:21| Comment(0) | HIV

2006年05月30日

厚生労働省がHIV検査普及週間について発表

厚生労働省が
「平成18年度HIV検査普及週間の実施について」
という発表をしました。

このHPの中で興味深いのは
平成18年度HIV検査普及週間における検査・相談体制
として全国の都道府県、主要都市の現在の検査体制を一覧にしていることでしょう。
その表によると
東北で平常の(レギュラーで)迅速検査を導入していないのは
宮城県ただ1県のみです。
政令指定都市で平常の(レギュラーで)迅速検査・休日検査の
どちらも導入していないのは
仙台市、千葉市、京都市、北九州市の4市です。
けれども、千葉県、京都府、福岡県は導入しているので
県でも市でも受けられないのは宮城・仙台だけです。

これが東北の地方中枢都市と呼ばれている都市なんだからあきれます

仙台の市長さんって、お医者さんの息子さんなんですが、
本人は医療にまったく無関心なようで
高額な料金(もちろん税金)で、何度も海外出張をしているだけのようです。
エルパーク仙台という男女共同参画のための施設も
「財政が厳しい」ことを理由につぶしにかかってますし、
自分にしかお金をかけない市長なんでしょうか。

話がずれました。
宮城県、仙台市もそうですが、
地方自治体が検査週間に行うHIV検査について
独自にしっかり広報するとは思えませんので、
みなさんのお住まいの地域でどのような検査体制になっているのか、
ぜひ、このページで確かめることをおすすめします。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/05/h0529-1.html
しかしながら、このページには具体的な日時、会場は載っていませんので
最寄の保健所に「厚労省のホームページで見たんだけど」と
問い合せてみましょう。



posted by ふとし at 18:26| Comment(0) | HIV