CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年08月22日

そして今度は札幌に。


東京レズビアン&ゲイパレード(TLGP)の感動が
冷め止まない中、
レインボーマーチ札幌に行く準備を開始。
旅行代理店に行って予約をしたり、公式ガイドブックをじっくり読んだり。

レインボーマーチには、TLGPとはまた違った感動がある。
TLGPに比べ、小規模であることからくる全体の一体感とか、
札幌という街のおおらかな雰囲気とか、
空に飛んでいくレインボーカラーの風船を見上げる感慨とか、
札幌市長の胸をうつスピーチとか。

公式ガイドブックを読んでいたら以前歩いた時に感じたことが蘇ってきて
胸が熱くなった。

そして今年は、レインボーカラーの風船に加え、もう一色、
白い風船が加わるらしい。

この白い風船には
「HIV/AIDS、及びゲイバッシングなどによる暴力で亡くなった方々への追悼」と
「現在、様々な苦しみと闘う仲間たちとの共生のしるし」という
2つの意味が込められているらしい。

やるなあレインボーマーチって思った。
セクシャルマイノリティのパレードって
はたからみたら、派手に騒いでいるだけのように見えるかもしれないけれど
楽しく歩いている人たちだって、みんながみんな
普段から周囲に理解されて生活しているわけじゃない。
ましてや歩きたくても歩けない人もいるし、
パレードの存在はおろか、自分以外のゲイやレズビアンを知らず、
孤立している人だっている。
なんらかの苦しみと闘っている仲間はたくさんいるんだ。
俺だってその中の一人。
そして、差別や偏見の中で苦しみ、亡くなった人たちだってたくさんいる。

そんなことを改めて思い起こしながら、白い風船を持って歩いたら
泣いちゃうだろうな、きっと。
でも、絶対に白い風船を手にして歩きたい!


そして今年もまた、札幌市長のプライド集会への参加が決定しているらしい。
初めて札幌市長のスピーチをきいたときは、本当に涙があふれてきた。
「みなさんがこの街を歩いたことを誇りに思う」って言われちゃね。
年に一度でも、胸を張って歩ける街があるってことがうれしかった。
本当は、いつでも、どこでも胸を張って歩ければいいんだけどね。

あー、もう今から感動モードに入っちゃってる。
札幌では大泣きかも。。。
posted by ふとし at 23:48| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く