CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年07月25日

Safer Sexって?

Safer Sexとは、
Sexの際に、HIVや他の性感染症の感染の可能性をより低くすること。
Safeではなく比較級のSaferなのは
感染の可能性がゼロの(Safe)Sexを指しているわけではなくて
感染の可能性をより低くしようって意味合いだから。

だから、これが正しい完璧なSafer Sexというものがあるわけではない。

逆にいうと、どんなSafer Sexを選択するかは自分と相手で決めることなわけで
そこが難しかったりする。

Safer Sexを進める上でのヒントとしては

1.まずHIV/AIDSや性感染症について知ること

「どんな行為で感染するのか、感染したら何が変わるのか」
これをふまえて

2.自分はどう思うのか。

感染は絶対に避けたいのか、できれば避けたいのか、そうでもないのか。
それが決まったら

3.自分なりのSafer Sexの基準を考えてみる。

という具合に進めていくと、Safer Sexをイメージしやすくなる。
あとは、Sexの相手とコミュニケーションをとりながら
実際に進めてみよう。

はじめにイメージしていたSafer Sexをどうしても実行できないなら
もう一度、最初から見つめなおしてみればいい。

例えば、オーラルでコンドームを使うのが難しいなら、
コンドームは使わないけど、
口の中に体液が入らない工夫をするとか。
(なめる部位を考えたり、だ液をたくさん出したり)
行為の後にはすぐにうがいをするとか。
そうすれば、感染の可能性はゼロでなくても
何もしないよりは感染の可能性を低くできるわけで。
↑これは例であり、推奨してるわけではないので、お間違えなく。

まずはできることから始めたっていいと思うんだよね。
SafeではなくSafer Sexなんだから。

そして、Sexは相手があるもの。
自分の基準を押し付けるのではなく、
上手にコミュニケーションをとって
二人が(または複数が)納得できるSafer Sexをしよう。
この記事へのコメント
コメントを書く