CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年05月30日

厚生労働省がHIV検査普及週間について発表

厚生労働省が
「平成18年度HIV検査普及週間の実施について」
という発表をしました。

このHPの中で興味深いのは
平成18年度HIV検査普及週間における検査・相談体制
として全国の都道府県、主要都市の現在の検査体制を一覧にしていることでしょう。
その表によると
東北で平常の(レギュラーで)迅速検査を導入していないのは
宮城県ただ1県のみです。
政令指定都市で平常の(レギュラーで)迅速検査・休日検査の
どちらも導入していないのは
仙台市、千葉市、京都市、北九州市の4市です。
けれども、千葉県、京都府、福岡県は導入しているので
県でも市でも受けられないのは宮城・仙台だけです。

これが東北の地方中枢都市と呼ばれている都市なんだからあきれます

仙台の市長さんって、お医者さんの息子さんなんですが、
本人は医療にまったく無関心なようで
高額な料金(もちろん税金)で、何度も海外出張をしているだけのようです。
エルパーク仙台という男女共同参画のための施設も
「財政が厳しい」ことを理由につぶしにかかってますし、
自分にしかお金をかけない市長なんでしょうか。

話がずれました。
宮城県、仙台市もそうですが、
地方自治体が検査週間に行うHIV検査について
独自にしっかり広報するとは思えませんので、
みなさんのお住まいの地域でどのような検査体制になっているのか、
ぜひ、このページで確かめることをおすすめします。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/05/h0529-1.html
しかしながら、このページには具体的な日時、会場は載っていませんので
最寄の保健所に「厚労省のホームページで見たんだけど」と
問い合せてみましょう。



posted by ふとし at 18:26| Comment(0) | HIV
この記事へのコメント
コメントを書く