CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年04月17日

共に生きる(HIV/AIDS)

「HIV≠AIDS≠死」

HIVに感染してもAIDSの状態になるまで
何もしなくても数年〜十数年かかるわけで
HIVに感染した=AIDSというわけではない。

さらに、
AIDSの状態になる前に
HIVに感染していることがわかれば
服薬によって、
AIDSにならないようにすることができる。
つまりは、数年〜十数年どころではなく、
天寿をまっとうするまで
AIDSにならないようにできるのだ。

しかも、服薬を開始するのは、
体を守る免疫の働き具合と、
体の中のHIVの量を見て
お医者さんが判断するので、
HIVに感染していることがわかっても
「今は服薬せずに、様子を見ましょ」って場合もある。
(免疫の働きがよく、血液中のHIVが多くない場合)

そして、もし、AIDSを発症したとしても
一つ一つの症状については治療できるので
AIDS=死でもない。

それでも、今の日本でも
AIDSがもとで
亡くなっている人がいるのも事実。
なぜなら、
症状からHIVに感染しているかどうかは
判断できない
から
AIDSだということに気付かず
適切な治療がなされないまま
様々な合併症を引き起こしてしまう

っていうケースがあるから。

「HIVに感染しているかも?」と
誰かが思いつかない限り
適切な治療ができないのだ。

また、HIV感染を知っていながら
適切な治療をせず(先延ばしにして)
合併症を引き起こしてしまうケースも。

現在の医療では
体内のHIVを完全に取り除くことはできないけれど
適切な治療をすれば、
命に関わるわけではない。

高額な治療費がかかるといっても、
様々な社会保障制度を利用すれば
個人負担は0〜数万円程度で済む。
※健康保険、障害者年金、自治体による医療費補助、
生活保護など利用できるツールはたくさんある。

HIVに感染していると、セックスもできないし、
ましてや子どもなんて持てないって思う人もいるけど
HIVに感染していてもSaferSexすればいいわけだし、
自分の子どもをつくることも可能。
(ゲイの俺は、もともと子どもつくれないんだけどー)

HIVと共に生きる。
みんなで共に生きる。
そんな時代になりつつあるのだ。
【HIVの超基本の最新記事】
posted by ふとし at 15:29| Comment(0) | HIVの超基本
この記事へのコメント
コメントを書く