CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮城、耕英地区記録誌の作成始まる [2009年12月24日(Thu)]


22日、耕英地区で震災2周年に向け住民による記録誌の作成が始まりました。
作成委員会が8人で発足。
第1回の打合せには、木村と仙台の青木さんも参加。場所は仮設住宅の談話室。
決まった内容は、
・住民の1年半の体験をしっかり残すことを目的にする(次の被災地で役立つものを目指す)
・発行は、来年の6月。
・体裁は、A5版。ページ数は150〜200ページ。
・印刷部数は1000部を予定。有料頒布
・1〜2月にかけて住民から聞き取り、座談会を実施。
・資料編には、「復興の会」が作成した資料などを入れる
記録誌作成に向け委員会としても支援する予定です。みなさまご提案があればどうぞ。


仮設住宅、談話室でイチゴを食べながらの打合せの様子(壁の時計は20時)


花山地区、積雪50センチの「自然薯館」。花山では記録誌作成の動きはまだない。
Posted by 復興支援委員会 at 10:51 | 4.支援日誌 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント