CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
こどもすろうday [2011年05月09日(Mon)]

【こどもすろうday】




今度の日曜日開催します、ぽぽぽぽ〜ん!


おとなによる、こどものためのイベントです。

鍋や季節外れの餅つき、焼きマシュマロなどのお振る舞いなどなど

すべてフリー(無料)。 でも、こどもだけ。



こどもにえこひいきな一日となります。

おとなは飲み物&食べ物を各自お持ちになって

こどもたちを見守っていてください。


ただし、こどもっぽいおとなは
(ランドセルを背負っている、半ズボン&ハイソックスをはいている etc,)

何かもらえるかもしれません!し、もらえないかもしれません!


当日はほかにもお楽しみいっぱいで

宝探しや紙芝居、絵本の読み聞かせ、釣りぼり

それから、こんな



大釜の露天風呂もお目見え!

一番風呂はだ〜れだ?



ハーブストックは焼きマシュマロ担当でーす。


森の中の焚き火の前でぼーっとしてるので

これを読んでるおとなのみんな〜

マシュマロなどなんでも、焼きたいもの持って

どんどん遊びにきてね♪

鮫特集パートU [2011年05月09日(Mon)]

鮫特集が一部のマニアの間で反響が大きかったので(笑)

パートU<コラム編>です。


「レッツ ステップ&カット! ご町内踏切めぐり〜その壱〜」



八戸線が走る鮫の町の、踏み切りを調査しました。

踏み切りって1つ1つ名前が付いているんですよ(豆知識)

ちなみに、「ご町内踏み切りめぐり〜その弐〜」はありません。



「奇妙奇天烈 摩訶不思議 漂流物コレクション'01」



使い込まれた歯ブラシ、錆びた彫刻、そして謎の注射器…

など、鮫の岬で様々な漂流物を採集しています。

ちなみに「漂流物コレクション'02」もありません。笑



「うみねこ大採集!!」



うみねこにまつわるエトセトラを集めました。



こんな感じで

1/4ページ、1/2ページの小スペースに

過剰な情報が詰め込まれていて

いたって読みにくい!(笑)



現役時代の、本編よりもコラムに全力投球する

コラムニスト(?)体質が発揮されています。



いますぐには役に立たない、もしかするとムダ?

なことを、寝ないでがんばっていた懐かしの日々。


以上、全力コラム集でした。



では鮫特集パートVをお楽しみに!(嘘)



タケノコ [2011年05月07日(Sat)]


タケノコ土鍋御飯



おこげ最高☆

たけのこはツル性を除く被子植物の中で

最も生長が早いそうです。


何年か前に植えた、庭の山椒の木もだいぶ大きくなりました。

塩害が心配ですが、いまのところ影響は見られず。


木の芽を摘んできて



生命力アップ!



福島県内6市町村で採れた自生タケノコから

食品衛生法の暫定規制値を超す放射性セシウムが検出され

生産者は出荷自粛をよぎなくされているそうです。


生命活動の源である三大栄養素は

我々動物にとっては、炭水化物・タンパク質・脂質ですが

植物にとっては、窒素・リン酸・カリウム。


セシウムは化学的な性質がカリウムと似ているので

タケノコは地中から放射性セシウムを吸収してしまうらしい。


あらゆる営みに影響が及んでいますね。

鮫特集 [2011年05月04日(Wed)]

津波で大きな被害を受けてしまった

久慈の地下水族科学館「もぐらんぴあ」から

避難してきたアオウミガメのカメ吉君。


八戸市水産科学館マリエントなう!


4月7日にやってきたときは、あまり動かず、

エサも食べなかったので心配していましたが

少しずつ元気になっているそうで安心しました。


会いに行くことが、カメ吉はじめ

久慈から引っ越してきた海の仲間たちへの支援になります!


チームマリエントのみなさんは停電してる間

ガスでお湯を沸かして水槽に継ぎ足し続けて

水温を保って、守りきったそうですよ。


明日まで、ジャム屋のotteなども出店している

マリエント市も開かれているので是非♪


マリエントがある鮫地区も津波被害が甚大です。


以前編集の仕事をしていた

八戸のローカルネタ満載のタウン情報誌


その頃のバックナンバーはすべて取っておいてありましたが

今回浸水被害を受けてしまった倉庫に保管してたので

一部は泥にまみれてぐじゃぐじゃに。断腸の思いで処分しました。


でも箱の上の方に重なっていた号は、濡れてはいましたが

さっと洗って乾燥させたら、ちゃんと読めるコンディションに!


その中の、2001年6月号

特集は「鮫町」。


早10年も経っていることに動揺を隠せませんが

改めてじっくり読み返してみると、いい仕事してる(笑)


3つのテーマで、鮫巡りしています。


気分爽快! シーサイド・ウォーク



温故知新! レトロ・ウォーク




縦横無尽! タウン・ウォーク




鮫の町を隅々まで歩いた記憶がよみがえってきました。

当時の仲間と一緒にフィールドワークを重ねた賜物!

なつかしー


郷土史家の中里氏に提供してもらった

ふんどし姿の勇ましい男性のモノクロ写真。


左右反転させて、空に虹をかけて






こんな感じで、ページ角に配置したのですが

刷り上がった本を見て、中里さん

ちょっぴり悲しそうな目をしてたっけ。


これまたなつかしい思ひ出。


アミューズのウェブサイトを見る限り

バックナンバーの取扱いは2004年以降〜のようです。残念。



ご希望の方には、ちょっとパリパリしてますが

貸出しますので、ハーブストックまでお気軽にどうぞ!

(それか、市立図書館にもあるかもです)

月刊はちのへ情報 アミューズ

1971年創刊。今月も元気に、県内の書店・コンビニにて発売中!