CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年05月 | Main | 2010年07月»
みつろうキャンドルナイト [2010年06月21日(Mon)]

まずは朗報!!!

迷子のワンコの飼い主さん
見つかりました!

湊高台在住のゴン太くん、16歳。

あ〜よかった。
今回はとりあえず一件落着ですが
再発防止策やIDをつけること等
飼い主さんにはしっかりお願いしました。


ところで、今日は夏至でしたね〜

昨日は、ごのへグリーン・ツーリズム研究会が企画した
今年度の体験メニュー“みんなで蜂屋さん”に
オブザーバーとして参加し、養蜂場を見学してきました。

そこで、みつろうをおすそ分けしてもらったので
今夜はロウソクを作ってキャンドルナイト、と思ってたのに
こうこうと電気をつけて残業してしまって夜遅くなったので
明日に持ち越します。


さて、おじゃましたのは
五戸町の鳥谷部さんの養蜂場。



ミツバチの生態、習性などについてレクチャーを受けて
いざ巣箱の観察へ。

参加者は家族連れが多く、大半は小学生で
きっと怖がるだろうな…との予想に反して
ちびっ子達は我先にとネット付きの帽子をかぶり
なんと全員至近距離まで大接近!



好奇心旺盛にのぞきこんでいました。

親御さんも臆することなく、ずずずいっと前へ。

近くをブンブン飛び回っても、みんな冷静に知らんぷりして
マナーを守って観察していたのにはとても感心しました。

体験内容はさらにハードルを上げ

「巣枠を持ってみたい人!」

流石に、これはいないべ〜と思いきや
これまた全員挙手。

こんなにニッコリしながらカメラにおさまる余裕っぷり。



感激的でした!


もちろん養蜂場見学はこれで通算4度目
ミツバチ好きの私も最前列をキープ。

そして、私も巣枠を持ったことがなかったので
年がいもなく元気よく挙手して
大人代表として一線を画すべく
素手で挑戦しました。

ミツバチ達は、花から花へと飛び回り
自分の体より重い蜜を集めて、貯めて
休む間もなく働きます。

蜜とミツロウでずっしりと重い巣枠から
全員プレーの成果がひしひしと伝わってきました。


今はクイーン・オブ・ハニー
アカシヤの季節です。


八角形 六角形の造形美



まばゆいほどにきらめくはちみつ



一瓶おすそわけしてもらいました。

ミツバチ(働きバチ)の寿命は30日から長くて45日。

その短い一生に集める蜜の量は
ティースプーン1杯ほどであることを思うと
この中に何匹分のミツバチの一生が詰まっているのだろう
と、ありがたい気持ちが満ち満ちてきます。

計算してみました。

ティースプーン1杯=約5ml換算で
1瓶(500ml)あたり100匹分。

まさしく命の滴です。

仲間のvery beeから分けてもらう時にもいつも思いますが
特に生産者から手渡ししてもらうと、ありがたさ倍増。

大事なハチミツを味見しながら、一人の男の子が
「ミツバチさん、ありがとう」と言っているのを聞いて
思わずほくそえんでしまいました。

改めて、養蜂って尊い職業ですね。

今回の見学と体験は
すばらしい食育になったはずです。


もう1つ、田子のほのぼのネタもあるので
また明日!
迷い犬 [2010年06月18日(Fri)]

今朝、小中野8丁目エリアで保護しました。






青い布製の首輪に
つながれて切れたと思われるチェーンがついています。

小柄で毛色は茶、
ちょっと顔面が白髪になっていて
推定12〜13歳。

近所の庭木にチェーンがからまって
動けなくなっているところを保護。

最初はひどくおびえてましたが
自由の身となったとたんにしっぽを振ってゴキゲンに!

朝ごはんもぺロリとたいらげました。

この顔に見覚えのある方、連絡お待ちしています!!