CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年11月 | Main | 2010年01月»
シュトレン [2009年12月31日(Thu)]

仙台に住む義姉さんが作って送ってくれた
ずっしり重い「シュトレン」

2週間、マテ! ヨシ!
ということで頂きました。

ドイツ直輸入のとか、いろんなシュトレンを食べましたが
お世辞ではなく、今までのどれよりもおいしかった!

時間が経つほどに熟成がすすんでおいしくなる
保存食スイーツです。

大事に薄く切って、少しずつ♪



佐京窯 [2009年12月30日(Wed)]

今月は9コ忘年会が入ってましたが
1つは残業で欠席、後半の3つは高熱のため欠席
という不本意な結果となりました。

忘年会シリーズのトップをきったのは
階上の陶芸家・佐京窯さん邸での忘年会でした!

さんざん食べてから記録



器がよいとお料理が急にごちそうになっちゃうから不思議!

チンゲン菜のあんかけも、モネを思わせる印象派に☆




佐京さんのギャラリー






なんてったって窯から手作りです。
すごい!!!



朝はニワトリのコケコッコーの鳴き声でパッチリ目覚めて
佐京さんの作品のカップでコーヒーを頂いて
かなりゴキゲンでした☆
レポートA [2009年12月30日(Wed)]

こども×おとな
みんな仲良く、力を合わせて
クリスマスツリー作り♪



絵の具をぬりぬりしてオーナメントを作って



森からひろってきた杉の葉でリースを作って



廃材を組みたてたツリーに飾り付けて




マイ・ツリーの完成☆



ほかにも
石ちゃんと市民フィルの愉快な仲間達の素晴らしい弦楽五重奏
小川原湖自然学校の相馬さんの廃油を使ったキャンドル作りワークショップ
などなど、いろんなクリスマスプレゼントがありました☆


スローベースでイベントをやる度に
やっぱり一人ぐらいこどもを産もうかなと思います。

森で野放しに遊ばせておけば、いい子に育ちそう。

実際、ここにはモンスター・ペアレントとかモンスター・チルドレンとかは来ません。
集まるのはナイスなファミリーばかり。
のような気がするのは私だけではないはず。

祭りの後にも、ゴミ一つ落ちていない。

これも誇れることの一つです☆
レポート@ [2009年12月30日(Wed)]

モロモロあって大変遅くなりましたが
今月の出来事<総集編>でーす。

まずは、今年最後のスローデー☆

クリスマス・スペシャルとして
焚き火をしながら、ゆるたのしく行いました。

(photo by らりぽん巨匠)




定点観測@




定点観測A




定点観測B




寒いからこそ分かる、焚き火の良さ。

タプコプの夜 [2009年12月18日(Fri)]

めっきり寒いですね。

遅くなりましたが
田子町でのにんにくとべご食べナイト☆の報告です!

まずは、オステリア・デル・ボルゴの滝沢シェフが腕をふるった
田子風フィンガーフードのご紹介。



これは1枚目のお皿

手前から時計回りに

・田子豚のサルーミ(サラミ)
・田子豚のテリーヌ
・田子卵「緑の一番星」とジャガイモのフリッタータ
・田子牛内モモ肉のロースト、自家製にんにく塩を添えて
・つつけのフリット

一口大サイズの予定でしたが
どれも二口以上大とポーションが大きくて
ワンプレートには収まりきらず、ツープレートに♪

2枚目には

・田子牛外モモ肉のカルネサラーダ(塩漬け)
・田子牛スネ肉の煮込み
・3種の田子きのこのブルスケッタ
・田子エリンギのソテー

そしてドルチェは「緑の卵のクレマ・ブリュレ」

お客様の面前、カウンターでシェフが
一つ一つカラメッラート(キャラメリゼ)してくれました。

ボ〜ノ!



会場のロッジカウベルは
なんと名久井岳より高い標高500メートル
空に手が届きそうな場所に建っていて
私が一目惚れした大パノラマが広がります。

そして、田子は日暮れて



降り注ぐようにきらめく満天の星空を、私自身も楽しみにしていたのに
結局雨はあがらず。。

代わりに、その夜見えるはずだった星空をスクリーンに映し出して
バーチャル・スターウォッチングを楽しみました。

プロフェッショナルな料理とガイドで
田子の食と自然を満喫できて
とても優雅なひととき☆

ご参加下さったみなさま、ありがとうございました。





以上、参加してくれたお友達撮影の
プロフェッショナルな写真でお伝えしました♪


満員御礼 [2009年12月12日(Sat)]

本日、田子町で開催する

 にんにくべご食べナイト☆

おかげさまで満員御礼♪

田子町内を駆け回って
こだわり食材を集めました。
今回食体験のプロデュースを依頼した滝沢シェフは
不眠不休で手間ひまかけて仕上げてくれてます。

各食材の生産者の方もたくさん来てくれますので
いろんな話を聞けると思います。

楽しくておいしい夜になること請け合い!

それからもう一つのお楽しみは星空観察です☆

田子町は環境庁の1992年の夏星空観測で
日本一星空がきれいに見える町に選ばれたことがあるとか。

今日の会場のロッジカウベルも本当に空が近くて
昼も夜も絶景の大パノラマが広がっていて
晴れたら星降る夜を体験できるのですが

今日はあいにくの雨空。
でも午後にはあがる予報。
あとは天に任せて、ということで♪

では行ってまいりまーす
花とデフレ [2009年12月10日(Thu)]

今日、菊の花をたくさん頂きました。

生育状態を調べるために農家さんから提供されたサンプルで
茎は長ーいまま、私の背丈ほどもあるものを両手いっぱいに!

それを見て思い出したことがあります。

3年前の冬
新規就農した先輩農家さんを訪問する機会があり
南郷の花卉農家さんへおじゃましました時のこと。



ちょうど原油価格が高騰し始めた頃で
暖房費の節約のために
ビニールハウスの中はギリギリの温度。

立ち話していると
息は白く、手がかじかむほどでした。

そんな中で、健気にたくましく咲くキンギョソウ



切り花になる前の、植物として生きる姿です。

キレイに切りそろえられて
お花屋さんに華やかに並ぶ姿からは
想像がつかないかもしれませんが
土に根を張って、茎はしっかり長く、葉っぱをたくさんつけて
そして花を咲かせます。

花卉って、盆、彼岸、正月、クリスマス等
いかに需要が高いシーズンに合わせるかが勝負で
1日でもタイミングがずれると市場価格は雲泥の差。

「ほとんどギャンブル」
という言葉が強く印象に残っています。


長引く不況で、花離れが進んでいるそうです。
生活必需品ではない花への影響は素早く顕著。

お祝い用の需要が低迷していて
特に“開店祝い”の減少が目立っているとか。

しかもこのデフレ状況下では
値が下がっても需要が伸びず
また供給量が下がっても値が上がらず

ここはいっちょ花を買って応援しなくては!
花のない人生なんて!

私はたまに自分で自分に花を買いますが
人間は年齢を重ねるほどに
花が好きになるような気がしませんか?

以前は、母が庭木や鉢植えに話しかけたり
花のつぼみをなでたりしている姿を見て
「キモい」と思っていましたが
今はその気持ちがなんとなく分かってきちゃったような。

人生も後半ですね。

今週も後半です。
がんばりましょう♪





にんべごナイト☆ [2009年12月05日(Sat)]

休日出勤して、只今勤労中です。


さて、

1週間後の12日(土曜日)!

田子町が持つ地域資源(食&自然)を活用した体験ツアー

にんにくとべご食べナイト☆


開催しまーす。


田子町の魅力をPRすることはもちろん、
田子町内で観光に係る人々
にんにくや田子牛等の生産者
飲食業、小売業者などのネットワーク作りと
町おこしキーパーソン発掘のきっかけにしたい
との思いを込めて企画・実施するもの。

このツアーでは

@食体験

地場産の食材に精通し、メニューにもその多くを取り入れている
八戸市のイタリアン「オステリア・デル・ボルゴ」の滝沢英哲シェフに依頼し
にんにくと田子牛をはじめ、田子豚、田子キノコ、緑の卵etc.
田子町産の食材を活用した田子風フィンガーフード(一口サイズの料理)を
ワンプレートに盛り合わせてお召しあがり頂きます。

ちなみにメニューは

ウェルカムスープ〜にんにくのスープ〜

“田子牛”
 ・内モモ肉のローストビーフ
 ・外モモ肉のカルネサラーダ(生肉の塩漬け)
 ・スネ肉の煮込み

“田子豚”
 ・ウデ肉のサラミスモーク
 ・ウデ肉のテリーヌ

“田子きのこ”
 ・初雪たけなど4種のキノコのブルスケッタ たっこにんにく風味
 ・ブリブリエリンギのソテー

・“緑の卵”
  フリッタータ(イタリア風オムレツ)
  プリン

・蕎麦つつけの包み揚げ にんにくのピューレ+地味噌+卵+田子牛or 田子豚


の予定です☆

さらに、南部地方の郷土料理である「つつけ」をアレンジした
滝沢シェフオリジナルレシピの調理実演を行います。


A自然体験

会場のロッジカウベルがある大黒森の大パノラマ
澄んだ空気、そして満天の星空をお楽しみ頂きます。

また晴天時は、天体望遠鏡を使った冬の星座の観望も行います。
ナビゲーターはあらゆる自然環境に造詣の深い関下斉氏です!

12日は田子に全員集合して

にんにくとべご食べナイト☆



ツアーの行程など詳細はコチラ♪

お申し込み・問合せはハーブストックまで。

hs40888★yahoo.co.jp ※★→@に変えて

メールお待ちしてまーす♪
森のホットサンド [2009年12月04日(Fri)]

師走に入り、矢のごとく3日が過ぎ
もう4日。明日は5日です。

日曜日の「森のてづくり市 その五」
たくさんのご来場ありがとうございました♪


様子をアップしようにも、撮った写真はたった3枚。


直火焼き 森のホットサンド!



パカッ!



こ〜んがり焼けちゃった

知る人ぞ知る、おこげ好きのわたくしは

これぐらいwell-doneがタイプです♪



東京在住の官僚から妊婦まで
友達が続々と遊びにきてくれて
芋やらマシュマロやら焼きながら
焚き火を囲んでピーチクパーチク

寒かったけど焚き火の良さを改めて知ることに。

そしてその官僚のお友達が持ってきてくれたのが

お札サブレ!



財務省が入ってる建物内のam/pmでしか買えない
というレア商品とのこと。



ほぼ原寸大で、かなりリアル〜

ちなみに店番を手伝ってもらったシルバー人材(=母)のバイト代は
この一万円札サブレでとっぱらいでした(笑)

そして一番のサプライズは
もう2年以上前に八戸の地域SNSでお友達になって
今年バジルの種を(共通の友人経由で)譲ってもらった
Mばあちゃんにリアルで初対面したこと!

いままで事あるごとにすれ違っていて
このまま一生会える気がしないでもありませんでしたが
とうとう(涙)

Mばあちゃんはとても素敵な写真を撮るお方で
ブログで私より格段にしっかり
てづくり市の様子を紹介してくれてますので
どうぞ寄って見てらして下さい♪

今回もこんな、笑いあり、涙あり
商いもそこそこに、ゆるゆると楽しく過ごした一日でした。


そして今年最後の、ツリーハウスの森開放デーは

すろうday 〜メリークリスマスSPECIAL〜

12月20日(日) AM11時〜PM5時 開催決定!


内容は

1.焚き火カフェ 〜 焚き火を囲んであたたかいドリンク&フードを

2.アコースティックライブ 〜 

3.廃材クリスマスツリーワークショップ〜
[参加費:無料 13:30受付・14:00スタート・16:30ツリー点灯]
 廃材や不要になったものや木や粘土などをつかって飾り付けオーナメントを作り、
 飾り付けします。ツリーも廃木材をつかって高さ約2〜3Mのものを作ります。


私も、今度こそ空中茶室でお点前したいと思ってはいますが
どうなることやらでございます。

詳細はまた素浪WEBにてアップされる(かも)なので
アテンションプリーズ♪