CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年09月 | Main | 2009年11月»
物産展!! [2009年10月28日(Wed)]

大南部&北東北の物産展@三春屋5階催事場

本日スタートしました♪
10月28日〜11月3日まで。

ハーブストックは今年も八戸市物産協会さんからお声をかけて頂き
ジェノべーゼを昨夜納品してきました。



『野風パン』さんのブースにこっそり居候してまーす。

森の中のパン屋 野風パン』は岩木山のふもとにあるパン屋さん。
知る人ぞ知る、石窯焼き天然酵母パンのお店です。

背中合わせに、ジャム屋のオーテのブースもあります♪

パンのお供にお一つずついかがでしょうか〜

ご来場お待ちしております♪♪


今宵☆ [2009年10月24日(Sat)]

昨日の東奥日報とデーリー東北
それぞれ朝刊に告知を載せてもらいましたが
デーリーの方の日付が「25日」と間違って掲載されていましたが
(今日付けの朝刊には訂正版が載っているはず)
スローナイトは今日24日ですので、お間違えなく〜☆

今晩17時オープン、18時ライブスタートです!

昨夜のスローベースの様子。



どう?

では森でお待ちしておりまーす♪
繭玉 [2009年10月21日(Wed)]

先日、県内に現存する唯一の養蚕農家さん
金屋さんのお宅へおじゃました際に
繭(まゆ)玉を4つ頂いて帰ってきて
なにげなく職場の机の上に置いていたら

休み明けの10月5日月曜日、
自ら作った繭をつき破って
生まれ出てきました!

カイコ蛾(成虫)です。





まるでおしろいをはたいたように
全身がパウダリーな白色。
黒目がちでとってもカワイイです。

繭をとるために人工的に家畜化された昆虫なので
翅は小さく退化して飛翔能力を全く持たない上に
餌を食べることもしません。
というか、そもそも口も退化していてありません。

交尾産卵をして命が尽きるはかない一生です。

数日後、レモン色の卵を産みました。



卵はレモン色→茶褐色に



さらに茶褐色→紫色に



机の上で羽化した日から16日目の今日。
朝起きると最後の1匹が力尽きてしまいました。
短いながら、平均寿命の10日間を上回る生涯でした☆

小学生の頃、理科の実習として教室でカイコを飼育して観察しましたが
最後どうしたか思い出せない、というか最後を見届けた記憶がありません。

20年以上を経て、観察の続きをすることになるなんて想像もしませんでしたが
しっかりと見届けたいと思います!
虹ときんつば [2009年10月20日(Tue)]

朝から夕暮れ時まで、一日中@新郷でした。

10年来、一度行ってみたいと思っていた
「山あそぶ山荘」から本物のハイキング。



アスファルトと違って、森の中は落ち葉でフカフカ
足や膝にやさしいです。

降ったり止んだりを繰り返す気まぐれな天気のおかげで
今日一日だけで、3つもの虹に遭遇。

携帯ではうまく収められませんでしたが





新郷村の空は広〜い

キノコづくしのランチの後に
おやつはみんなできんつば作り!



くろもじの枝にあんこ玉をさして
その上から練った粉をディップして
炭火で焼きます。



アツアツは実に美味!
そしてくろもじがほんのり香しくて
すばらしい食の体験でした☆

スローナイト☆追記 [2009年10月19日(Mon)]

昨日の日記で書き忘れましたが、チケットは


1スローフード+1ドリンク(アルコール or ノンアルコール)付き♪

しかもドライバーの方には
カシータカフェより1ドリンクサービス♪♪  


となっておりますので、こちらもお楽しみに〜

ところで最近、スイーツ運が急上昇です。


その1.先日試食した、近日(?)新発売予定のお土産品。



商品名は「うみねこバクダン(仮)」

お察しの通り、うみねこのフンをかたどったお菓子です。

ベースはメレンゲですが、ピスタチオがやけにリアル!

私も川沿いに駐車していると車にビヤッとやられるので
頻繁に目にしている方だと思いますが
飛び散ってる加減をメレンゲでここまで表現できたら合格点です☆

ちなみに箱はうみねこの形で
そのお尻部分からこの個包装されたお菓子が出てきます。


その2.フルーツの熟度やカッティングについてのセミナーを受講したら



一人一台、タルトが用意されているという大盤振る舞いな内容で
フルーツを好きなだけトッピングしてお持ち帰り。




その3.夏に母が青荷温泉へ行った時に意気投合した
中野で和菓子屋さんを営んでいるというご夫婦が
「涼しくなったら送るから!」との約束通り
本当に送ってくれて、届きました!



顔が映るほど、ピカピカの皮で
ゴロンと大粒の栗をまるごと包みこんだ
ご自慢の栗饅頭。




栗好きにはたまらん!
めちゃめちゃうまかったです。

ささやかなお礼に宣伝でーす。

和菓子 中野 虎月堂

〒164-0011 東京都中野区中央5-40-15-103
電話:03(3384)0082 FAX:03(3384)0092
JR中央線:中野駅南口
東京メトロ丸ノ内線:新中野駅杉山公園口


スローナイト☆ [2009年10月18日(Sun)]

昨日は4里歩きました。

1里≒4kmなので16km。
と、知ったとたんに股関節がガクガクです。



今回は、青い森鉄道の利活用を兼ねた
駅発着のハイキングコースのモニタリングでした。

八戸駅8時52分発

目時駅9時18分着



日本一のレール左右差を誇る
諏訪ノ平駅の傾きっぷりもさることながら
三戸−目時間のトンネルの景色が
とても文学的でした。





アップダウンの激しい寄り道をしながら
秋の奥州街道をそぞろ歩く!



明治天皇が立ち寄ったという籠立て場からの景色



川をはさんで
左が青森県(三戸町)、右が岩手県(二戸市)

展望台への階段は青森県だけど
階段脇の芝生は岩手県だったりして
知らず知らずに2県を行ったり来たり。

昔この場所にあったという“吉兵衛茶屋”を
三戸の皆さんが再現してくれていて
そこで頂いた団子とお茶のおいしさが骨身に染みました。

それからお待たせしました♪
24日のスローナイト@slowbaseの詳細でーす。

10月24日(土) 17:00頃オープン・18:00頃スタート

17:00頃〜 スローフード&ドリンク、焚き火
        足つぼ・ヘッドスパ・プチエステサロンオープン
18:00頃〜 ライブスタート
        @カンツォーネ
        A南米民族音楽AYANA(ケーナ・チャランゴ)
        BSTONY'S 石ちゃん(ディジュリドゥー)

そしてフィナーレはみんなで火を囲んでフォークダンス
(八幡馬、マイムマイム、オクラホマミキサー etc.)

念のため、つのだ☆ひろの名曲「メリー・ジェーン」も用意して
お待ちしております。

チケットは前売1500円、当日2000円
1スローフード+1ドリンク付

リバーランズ(slowbase内)
宇宙の贈り物
flat(三日町・中央ビルB1F)

にて発売中☆

またはハーブストック hs40888☆yahoo.co.jp まで!
              ※☆を@に変えて下さい
ご一報下さればお届けしまーす♪

見ず知らずの間柄だったのに
出演を快諾してくれたAYANAさん。

会場の下見の際に数曲ご披露くださいましたが
正直言って期待をはるかに超える素晴らしい演奏でした。

必聴!
南部モンブラン [2009年10月14日(Wed)]

昨日は南部町にて栗の可能性を探る会議。

ほとんど活用されずに放置されている栗園を視察しました。



一面にゴロゴロ転がっている栗達。

とりあえずダイレクトに焚き火に投入!



ものの数分でほっくり。
焼き栗成功☆ まさしく栗味!



そしてモンブラン試作!



正真正銘の和栗のモンブランです。



越えるべきハードルがいくつかありますが
これはしっかりと温めて、
来年の秋必ず実現させたいです。

それからお知らせでーす。

来週の土曜日、24日の夜
ツリーハウスの森 slowbaseにて
「スローナイト」を開催します♪

暮れなずむ17時頃から
ディジュリドゥー、カンツォーネ、ケーナ、ムード歌謡など
オールジャンルなんでもありありのトーク&ライブ♪

フィナーレは、ジャンルを越えたジャムセッションと
輪になってフォークダンス(八幡馬、マイムマイムなど)♪

サタデースローナイトフィーバーな予感です♪

その夜までにジェノベーゼも作る予定なので
是非遊びに来て下さい。

何しろつい先日「試しにやってみるか!」と決まったばっかで
これからチケット作ったり、新聞やFMに告知したりなので
トタバタ劇必至ですが、まぁ楽しくやりたいと思ってまーす。

という訳で
詳しくはまた週末アップしますが
取り急ぎお知らせでした。

みんな来週の土曜日
空けといてね〜
たっこにんにく&たっこべご [2009年10月10日(Sat)]

気持ちを切り替えて
先週末の出来事の続きです。

草食系の土曜日とは対照的に
日曜日は肉食系でした。

三戸の農家さんからお誘いを受けて
田子町の「にんにくとべごまつり」へ







会場内はにんにく、にく、にく
熱気ムンムン!

牛は、たかはしに行った時に
倉石牛の串焼きをオーダーするぐらいで
それ以外にプライベートで自発的に食することはありません。
久々に食べたら胃の中でかなりの存在感を発揮!

田子牛は黒毛和牛なので
赤身の多い南部短角牛と比べて
脂肪分が多いです。

ロース部位にも細かな霜降りが。
でもほどよく筋肉質。

10ヵ月齢頃までは放牧地で母牛とともにのびのびと暮らし
その後牛舎で過ごしますが、
稲わらを主食に森からの地下水を飲んで育ち
30ヵ月齢前後で出荷されます。

JA八戸の畜産部会長さんのお話を聞いて
肉牛を肥育するための重労働を少し知ることができました。


同じにんにくの産地であるアメリカのギルロイ市と
姉妹都市提携をしているせいか
外国人客が多く目に付きました。



彼らが焼いていると「べご」が急に「ビーフ」に変身☆


全国区のネームパリューを持つ“たっこにんにく”

これを田子町本体の情報発信とか、観光利用とか
うまいこと使いたいところです。
命日と誕生日 [2009年10月09日(Fri)]

台風18号が八戸に最接近した昨日の夜。

カナダのバンクーバーに住んでいる姉から
プーちゃん(犬・15歳)が息を引き取ったと
電話がありました。

プーは江陽5丁目あたりを放浪していて
車にひかれそうになっているところを
たまたま通りかかった姉が保護した犬で
新聞に「迷い犬預かっています」を載せましたが
飼い主は現れず、そのままうちの子に。

そして3年前、姉と一緒にカナダへ渡りました。

去年一度、軽い脳梗塞になったりしていたので
老女のプーや自分に何か起きる前にと
母が1ヵ月ほど遊びに行ってきました。

いつも散歩に行く公園には野生のリスがいて
プーはリスを見かける度に
砂ぼこりをあげながら猛ダッシュで追いかけてたとか。

昨日急に倒れたのも
そのリスのいる公園で散歩中の出来事でした。

私も会いに行かなくちゃと
思い続けていましたが結局行けずにいました。
元気なうちにひと目会いたかった。

プーは姉にお供して、カナダ国内はもちろん
フランスはセーヌ川のほとりでウンチしたり
うらやましくなるほど、あちこち旅した犬でした。

姉の旦那さんが勤めている会社は犬連れOKなので
普段はプーも一緒に出勤して
仕事中はデスクの下でずっとお利口さんしてたそうです。

ちなみに欧米のレストランでは
幼い子どもNGでも犬は可
という店が多いといいます。
もちろん飼い主のしつけとマナー次第ですけど。

スカイプ(ネット電話)で見せてもらったら
いつもと変わらず、ソファに寝そべっているプーの姿は
そのうち起きて歩き出しそうなぐらい。

昨日は私の誕生日でもあったのですが
カナダ旅行のお土産に買ってきてもらっていて
飲み忘れてたアイスワインを思い出して
信じられないまま、母とそれを開けてお通夜しました。

それを買ったワイナリーにも
プーはもちろん一緒。

私はプーは本当に幸せな犬だったなぁと思えますが
姉の今の心中は痛いほど分かります。

一緒に過ごした時間の長さの分だけ
喪失感も大きいもの。

動物に関わっている人の間ではよく知られている
虹の橋』という詠み人知らずの詩があります。

作者不詳ですが、原文は英語で
ネイティブアメリカンの伝承に基づくとの説も。

読めばちょっとした心の支えになるかもです☆




夜ゆぱんき [2009年10月05日(Mon)]

お供の犬がいたので
店を出て、ブラブラ散歩しながら買い物していると
電話が鳴ってお茶することに。


そして2度目のゆぱんき




2杯目のコーヒー



手回しミルで豆をゴリゴリひいてくれます。




供されるもの全てから手仕事が伝わってきて
お店の中も外もあらゆるパーツがかわいくて
心も満タンに♪


ゆぱんき

〒036−8196 弘前市銅屋町63−8
tel:0172-35-4695
営業時間 12:00-22:00 (21:00L.O)

最勝院五重塔のふもとにあります。

| 次へ