CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年07月 | Main | 2009年09月»
森林浴 [2009年08月31日(Mon)]

昨日の森のてづくり市〜夏の巻〜

小学生の日記みたいな感想ですが
とても楽しかったです。

スタートの9時から、途切れることなく
たくさんの方が遊びにきてくれました!

来場者は500人超。
ありがとうございました。

お天気にも恵まれましたが
森の木陰はひんやりするほどでした。
まるで秋!

今回は初企画がいくつかありました。


1.ツリーハウスで流しそうめん♪

デッキ上から竹を渡して
レッツ流しそうめん!



上流にて。



そうめんまみれのリバラン戸川

めんつゆは虹ぐもさんお手製の
昆布と鰹節でちゃんとおダシを取ったもの。流石〜

サプライズのプチトマトがまたよかった!

こども達は真剣に一喜一憂しながら
箸使いを工夫してゲット。
大人達は粛々と食べていました(笑)。


2.カヌーでイワナのつかみ取り♪



カヌーを水槽代わりに
レッツイワナのつかみ取り!

ワーワーキャーキャー
こどももおとなもはしゃぎまくり。


そしてそして

3.コラボライブ♪



創作太鼓・朋和会の太鼓&三味線
  ×
STONY'S・石ちゃんのデジュリドゥー
  ×
8beans・坂下君の三線

ジャンルを越えて、ボーダーレスなコラボ☆ 
ブラボー!ブラボーー!


例によって、
じっくり全てを見て回ることはできなかったけど
一通りチラ見はできました。

私はジェノベーゼとお抹茶。
階上&倉石の農家さんも一緒のブースで
ハーブの苗やリンゴ等を販売しました。



前夜、荷物を運びにスローベースへ行って
ついつい話し込んで長居してしまった上に
帰りは極楽湯へ寄って長湯してしまい
うちに帰ったのは夜11時過ぎ。

それから加工にとりかかって
3時半に終了。

7時集合に大幅に遅刻して叱られましたが
まさしく作りたてをお届けすることができました!

顔馴染みになったお客さんもいっぱいいて
これまた小学生の日記みたいな感想ですが
とてもうれしかったです。

昨日の夜、初めてジェノベーゼを買って下った方から

「パンやトマトにかけて美味しく美味しくいただきました

家で食べているだけなのにレストランで食べた気分になり
トマトを一人で三個も食べてしまいました

美味しい幸せ ありがとうございました」

とのメールを頂きました。
感激です。

森林浴の効能なのか、あの森で時間を過ごすと
素直な気持ちになるから不思議。
女は素直が一番です。

それから、ハーブ海苔巻きを試作&試食してもらおうと
サラダ系フレッシュハーブも持って行ったのに
残念ながら手が回らず。。。

ミニミニ図書館も、結局セッティングする時間がなくて
ツリーハウスの中にドサッと積み上げたまま放置プレイでしたが
絵本とか、けっこう読んでくれてたみたいです。

ハーブストック厳選の推薦図書たち。
ぜひたくさんの方に読んで頂きたいので
スローベースに常設しようかな。

このイベントを楽しみに待ってくれてる方々が
たくさんいることを実感した一日でした☆

撤収完後はみんなでまったりおしゃべり。
振り返りは大切な作業です。

前にBBQの時に差し入れたシードルが
冷蔵庫に入っていたので、つい飲んでしまい
犬と一緒にスローベースのオフィスの隠し部屋泊。

寝不足続きだったので熟睡でした!

森のてづくり市 その五〜秋の巻〜
11月29日(日)に、開催決定です。

みなさま、また森でお会いしましょう。

次こそ着物着て
空中茶室でお抹茶を立てたい!!
期日前投票 [2009年08月28日(Fri)]

衆議院総選挙の投票
日曜日は朝早くから森へ行くので
今日ラピア(ショッピングセンター)で済ませてきました。

今回は全国的に有権者の関心は高いようですが
ラピアの投票所も長蛇の列(老若男女)。

素浪人プロジェクトの仲間
居酒屋では
“選挙に行こう大作戦!”特別サービス中。
投票済票もらってゴーゴー!

点のマスターがおっしゃる通り
どうしても選べなかったら
白票を投じてもいいと思います。

投票率には反映されるので
一定の意思表示にはなります。


さて、明後日に迫った森のてづくり市☆

今、ジャム屋のotteと話してて
otteが焼いた米粉入りパン(明日試作)に
ジェノベーゼを塗り塗りして出すことになりそう?

例によって準備は全てこれから。
ジェノベーゼは、明日の朝早起きして
バジルを摘むとこからスタートでーす。

ちなみにotteはBBQチキンのジャムソース添え?
的なメニューなどなどをご用意する予定。

前回はうっかり連れていくの忘れてしまった
herb stock 40°の店長



忘れないように、早々と車に乗せました!
森のてづくり市 その四 [2009年08月26日(Wed)]

これまでのブログ人生最多の
本日4回目の更新です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素浪人プロジェクト
森のてづくり市 その四〜夏の巻〜
8月30日(日) 9:00〜16:00
八戸市市川町北バイパス沿い slowbaseの森にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週末の日曜日
開催いたしまーす☆

おととい、メインのメンバーが集まって
事前の打合せ的なことをしちゃいました。
珍すぃ〜 大体いつもぶっつけ本番風なので(笑)

今回は・・・

毎回恒例の朋和会の和太鼓ライブ!(確定)
なんとカシータカフェ石ちゃんのディジュリドゥーや
自然派八百屋8beansの三線とのコラボがあるかも!(予定)

そして夏といったら、流しそうめん!イワナのつかみ取り!(確定)

などなど、まったり盛りだくさんです。

ハーブストックはまだ何も準備してませんが
多分いつも通りジェノベーゼとお抹茶?(予想)

それから、犬猫本だらけの本棚を持ち込んで
森のどっかにミニミニ図書館をつくります。(確定)
のんびり読書しに来てください♪

ちなみにてづくり市当日は、
森のそばうち教室の時に「萌〜」と好評を博した
純白のメイドエプロン着用でお待ちしております。(確定)

マニア必見!


こちらも、マニア垂涎の地サイダー
名川果汁の「銀泉サイダー」



先日、アウトドアランチの時に頂きました♪
シュワッと爽快〜



五戸ツアー [2009年08月26日(Wed)]

グリーン・ツーリズムとは離れますが
地域密着型モニターツアーへのお誘いです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本一キツイ!?
五戸まつり山車ひっぱり隊体験ツアー


実 施 日  平成21年9月6日(日)
旅行代金  3,850円 ※大人子供同一料金 
募集人員  20名 (最小催行人員10名)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは五戸名物・馬肉料理(桜鍋&馬刺し)を食べて
馬力アップ↑↑

そして引き子として荒町山車組に参加して
日本一キツイ!?坂に挑戦!!

坂の町・五戸ならではの
アップダウンに富んだコースを練り歩きます。

みんなで力を合わせて坂を登れば
きっと強い絆で結ばれるはず☆

1時間程度の山車ひっぱり体験の後には
温泉で湯ったり&産直でのお買い物
そしてさらに参加した山車組主催の
“ご苦労さん会”で打ち上げをします!

地域の人々との交流が楽しいこのツアー。
三社大祭とは一味違うお囃子
喧嘩太鼓と呼ばれる乱れ打ちなど
見どころいっぱいです。

坂を登りきることで得られる達成感!
共に力を合わせることで生まれる連帯感!
そして引き子不足などの地域の問題解消!

一石二鳥を目指したモニターツアー。

当日は隠れマッチョのハーブストックもひっぱります!

一緒にひっぱって下さる方がいましたら
トラベルプラザ0178-72-3030までお電話 or
ハーブストックまで♪

皆様お誘い合わせの上
ご参加お待ちしておりまーす。


スケジュールの詳細はこちら↓


<行程表>

▽本八戸駅前から乗車のお客様
集合場所/デーリー東北新聞社前
集合時間/8:45

▽八戸駅前から乗車のお客様
集合場所/八戸駅前観光バス駐車場 ※東口・ユートリー前
集合時間/9:10

9:00発 デーリー東北新聞社前
 ↓
9:20発  八戸駅前観光バス駐車場
 ↓
10:00〜  旧圓子家住宅<武家屋敷見学>
10:40〜  五戸歴史みらいパーク
11:20〜  さ・くら屋にて昼食と着替
        <五戸名物馬肉料理の昼食>
12:50〜  山車鑑賞と記念撮影
13:30〜  山車運行スタート
        <山車ひっぱり体験>
15:00〜  駒形神社にて休憩
15:50〜  喧嘩太鼓鑑賞
16:40〜  倉石温泉にて入浴と着替
17:50〜  ふれあい市ごのへ
18:30〜  荒町自治会館
        <ご苦労さん会参加・夕食>
        ※夕食は山車組の皆さん手作りのもてなし
(飲み物付)
↓    
20:30着 八戸駅前観光バス駐車場 解散    

20:50着 デーリー東北新聞社前 解散

 
<申込・問合>
(有)エムディーアイ トラベルプラザ   
пF0178-72-3030 
Fax:0178-72-3031
営業時間/9:30〜18:30  
休業日/日・祝・特定日   







枝付き枝豆 [2009年08月26日(Wed)]

前の日記の「枝付き枝豆」の画像が見られない

と、ご丁寧に通報を頂いたのでアップしまーす。



ほんとおいしかった。

一人で一枝全部やっつけました。
完熟と未熟 [2009年08月26日(Wed)]

先週末の達者村(南部町)ツアーを終えての雑感♪

参加者アンケートに目を通すと
100%達者村産のフルーツを使用した
思い思いのマイ・パフェ作りはもちろん









次回は9月20日に「ぶどう狩り&秋パフェ作り」開催決定!

樹で熟したプラムのおいしさは
ほぼ満点の評価でした。



完熟も完熟
少し手で触れたり、風が吹くだけでも
落果するほどの熟度。

これは流通インポッシブルで
畑に来ないと食べられません!

スーパーで売っているプラムと比べると
おいしいとかまずいとかの次元ではなく
もはや別モノ。


そして枝付きの枝豆。



プラムとは逆に、枝豆は未熟の大豆ですが
完熟豆にはないおいしさと栄養価があるあたり
植物って奥が深いです。

枝豆には重要なうま味成分が多く含まれていて
特に甘味であるスクロース(糖)がポイント。

枝豆やとうもろこしは、収穫したとたんに
このスクロースがタンパク質へと変化するそうです。

つまり収穫後の流通の過程で、
時間が経つほど枝豆の糖度は低下する、ということ。

だから、畑から近ければ近いほど
甘くておいしい枝豆が食べられる!
という訳です。

このことを知っている通は
鍋のお湯が沸騰してから収穫したりします(笑)

品種によっても多少異なるそうですが
大豆は開花後40日前後がスクロース含量が増加する上に
水分含有率が70%前後と、いちばんバランスが取れていて
食べ頃=枝豆適期だとか。

そしてもう一つ、枝豆の強みは
加熱することで澱粉が分解され
マルトースが生成=甘味を増す
ということ。

ゆでる過程で生成されるマルトースは
スクロースよりは甘味強度が劣るものの
加熱によって作られる糖なので
食べる直前に確実に甘味が強化されます。

ちなみに枝豆をゆでると、加熱4〜6分後に
マルトース生成量が最大となるらしい。

ツアーの時に、アウトドアランチを担当してくれた
チェリウスのN坪氏によると
この日は屋外で簡易調理器具を使用したため火が弱く
9分位ゆでたものの

「いつもは6分位」
だそうです。

脱帽!
経験則ってすばらしい!!!


以上のように、完熟と未熟の違いはあっても

「いままで食べていたプラムはなんだったんだ?」

「もう居酒屋の枝豆は食べられない!」

という感想が象徴するように
こういうものこそがご馳走だと思うのは私だけではないということを
今回のツアーで再確認することができました。

今携わっている観光の仕事は
基本それぞれの町村にすでにあるもの
既存の地域資源を発掘&活用して
将来的に「売れる」観光商品開発をすることです。

ここに来なければできないこと
ここに来なければ食べられないもの
ここに来なければ会えない人

が、肝。

特に魅力的な食の要素は不可欠。

私が農業に興味を持ったそもそものきっかけも
このように感動的なおいしさに遭遇したことだったし
農的な感動を提供できるような、企画を考えたいです。

量より質。
その方が絶対に伸びしろがあるので
ここもぶれずに行きたい。


各町村が持っている素材を最大限に引き出して
体験メニューを作るために
まずは一回ずつやってみよう!という段階ですが

〜一次産業の振興なくして⇔観光振興なし!〜

というポリシーのもと、
農林漁業を有効に観光利用する
試行錯誤を続けたいと思います。
達者村ツアー [2009年08月23日(Sun)]

本日開催の「フルーツパーラー in 達者村!」

樹で完熟したフルーツのおいしさに感動し
世界に一つだけのマイ・パフェ作りを楽しみ
無事、成功裏に終わりました☆

詳しくはまた後ほど!

明日はいよいよ、賛否両論の
「南部藩発祥の地で和コスプレ体験 in 達者村!」です。



南部まつりの武者行列に
和装で参加する日帰りツアーです。
もちろん桃&プラム狩りも含まれています。

この期に及んで
ただいま参加者募集中です(笑)!

祭りが始まる直前まで受付致しますので
ムラムラッと参加したくなったら
お気軽にお電話下さーい。

チェリウス 0178-76-1001 または
ハーブストック直通ホットラインまで音符


チーム自然栽培1 [2009年08月21日(Fri)]

とわだ自然栽培研究所の面々で
月1でランチで集合することになりました。



今月のmenu



ランチを担当してくれているのは
羽沢研究員。



通称ユウファームくんです。


彼はもともと料理人で、こだわるがゆえに
食材も自分で生産を始めた、半農半シェフ。

週末は十和田の風のひろば で
マクロビ系のランチやスイーツに腕をふるいます。


カフェの店頭で、ユウくん作の
朝もぎトマト×バジルも売っていました☆


これは7月の始めに、週刊ダイヤモンドの取材で
各研究員の園地視察におじゃました時の様子。



トマトとバジルは、持ちつ持たれつ
相利共生でお互いに尊重&成長できる
ザ☆コンパニオン・プランツ!

ニンニクも栽培しているので
ジェノベーゼ用に分けてもらいました。
もちろん農薬や化学肥料は不使用。


ちなみに、もう一つの彼の持ち味は
ズパリ「美声」です。

半農半ナレーターでも、きっと食べていけそうな。
『世界の車窓から』とか
そのまんまいけそうな気がする〜。


今週末は、蓬田村で行われる
夏の工芸学校にて出店するそうです。
(なので、カフェはお休み)

今月30日の「森のてづくり市 その四〜夏の巻〜」に
風のひろばも出店するのでお楽しみに♪

今後も、この場で自然栽培の仲間達を
紹介していくのでよろしくどうぞ!

そして、みんなが心を込めて作ったものを
お届けするのが、八百屋の8beansです☆

役者はそろった!
前進あるのみでーす。

昨日は、軽米で雑穀栽培にトライしている娘。
も連れて行って、紹介しました。

彼女も親近感を持たずにはいられない
Sサイズボディで、無肥料栽培しています。

実りの秋を迎えた暁には
みなさん、どうか買ってあげて下さい。


十和田の帰り、倉石のりんご農家さんの畑に寄りました。

先月遊びに来て、お絵かきしたリンゴは
こんな感じに。


ニャーーー


早生種の梨をつまみ食いしたり
ひまわりを摘んだり
至福のひととき。

しかし、無防備にクロップドパンツをはいていたので
ふと足首を見ると、無数の虫が吸いついてドット柄に。

農家さんに訊くと
「ブヨだ」
と。

刺された直後は痛くもかゆくもなく、腫れもしなかったのに
潜伏期間があるのか、今日になって
痛くてかゆくて、真っ赤に腫れ上がり…

ブヨ恐るべし!
欅の宿 [2009年08月21日(Fri)]

時が経つのは早いもので、もう先週の話になりますが
東京国際大学の学生に農家民泊をご紹介しました。

猫車を押すヤング達



後ろ姿が眩い!

彼らは、国際関係学部の武石教授のゼミ生で
環境系のお勉強をしに、葛巻の風力発電や
グリーン電力を使用したエコ車検に取り組んでいる八戸の企業などをめぐり
その後のスケジュールが未定との相談を受けて、農家民泊を提案。

階上でホタルのために水辺の環境保全をしたり
伝統的な炭焼き小屋を作ったり
様々なエコな取り組みをしている農家さん・土橋さんの宿へ
誘引成功☆したというわけです。

前夜は自家製の梅酒で午前1時まで盛り上がったとか。
私は翌日の朝、農作業体験の現場に潜入しました。

主な作業は、夏野菜の収穫と
洗浄・袋詰めなど、出荷のお手伝い。



梅干しを裏返す作業も
一人でやるとうんざりだけど
大勢でやるとあっという間!

みんなしっかり働いてくれて
ちゃんと農家さんの省力につながっていました。
ハーブストックから、全員にハナマルを送ります!

そしてBBQランチのための食材も調達。

アピオスの花。



マメ科なのでうまい!
しかもイモ(厳密に言うと地下茎にできる球塊)の生育を充実させるために
花を摘むことは必要な作業であり
一石二鳥なのです。

この日はカラッと天ぷらで♪



とってすぐ食べる夏野菜はどれも瑞々しくて
他にも。もぎたてゴーヤーで作ったゴーヤーチャンプルーやら
そのへんに生えているハーブを摘んできて
お肉を巻き巻きしたり。

自家製三年味噌の味噌焼きおにぎりもおいしかった!
お米ももちろん自家製。
目の前の田んぼで獲れたもの。

贅を尽くしたBBQ。
しかもおそとで食べると、うまさ倍増!
で、ついつい食べ過ぎ。

武石ゼミ御一行様も喜んでお帰りになり
めでたし、めでたし〜☆
抹茶割り [2009年08月17日(Mon)]

昨夜は、順延になった花火大会が
滞りなく行われました☆


私はいつも通り、花火遊覧の船を見送ってから
船着場に面した公園へ。

その沼館の公園は、混雑を避けて見られるので
知る人ぞ知る穴場スポットでもあったりして
BBQをするファミリーや浴衣カップルなど
かなり大勢の見物客が集まってましたが

分厚い雲がかかって、なんと一切見えず!

ほんと冗談でしょってぐらい
「音声のみでお楽しみ下さい」状態。

妄想族ヘッドの私としては
これはこれでウケる!と面白がってましたが
公園はガッカリムードに包まれてどんより。

でも時々雲間からチラッ、チラッと見える
そんなチラリズムが想像をたくましくさせて、またよし。

貴重な体験でした☆

船や防波堤からは、やや輪郭はぼやけつつも
ちゃんとキレイに見えて楽しめそうで
お客さん達は喜んで帰っていったので
オールオッケー!

ただ夏の夜にしては
少々寒すぎ〜でした。

鈴虫の声がしっくりくるような
ほとんど秋の気配です。


そういえばお盆に飲みに出た時も
屋台村で、寒くて鳥肌が立ったので
ヘイ!マスター、何かあったかいものを〜
と注文したら出てきたのが


抹茶割り



お抹茶に、お湯の代わりにあったかい焼酎(?)を注いで

ちゃんと茶筅で立ててくれていて
なかなかおいしかったです。


ここで飲めまーす↓

| 次へ