CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年06月 | Main | 2009年08月»
5日は十和田に全員集合! [2009年07月31日(Fri)]

NICeという起業家支援SNSがありまして
私もJQさんからお誘い頂いて登録したものの
ほとんど放置プレイだったのですが
そのSNSつながりで出会った
迷える子羊娘主催のイベントのご案内です。

若くてちっちゃいのに、たった一人で始めて
次々と仲間とつながりながら、準備を進めているので
私もできる範囲で応援したいなと思ってまーす。


NICeとわだ 講演会&楽しい!ワークショップ
□基調講演  「70分でわかる!商売繁盛させるための法則」
□頭の体操  「商売を商売させるための思考術」&交流会

●日 時/2009年8月5日(水)18:30〜21:00(開場18:00)

●場 所/十和田商工会議所

●参加費/無料(参加資格不問)

●内 容 

第1部:頭の体操 「商売を繁盛させるための思考術」
ファシリテーター 上久保瑠美子
脳科学、心理学、コーチングのノウハウを取り入れた、
楽しいワークを実践!頭の回転が良くなり、次の戦略が思いつく!

第2部:基調講演 「70分でわかる!商売繁盛の法則」
講師 経済産業省委託事業NICeチーフプロデューサー 増田紀彦
日本全国で多数講演を行う中で目の当たりにした地域の実態を元に、
地域ならではの明日から使える商売法をわかりやすく紹介します。

第3部:交流会
楽しい交流会を企画しております。お楽しみに!(※飲食なし)

●申し込み方法/下記URLもしくは電話、ファクスにて
  FAX  0176-23-1494 TEL 080-1067-4072  NICeとわだ実行委員
  http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P3151514

●主催/NICeとわだ実行委員会

●後援/十和田市 十和田商工会議所 株式会社まちづくり十和田 起業支援ネットワークNICe

ちなみに、NICe(ナイス)とは、

経済産業省が平成19年より
「起業家支援ネットワーク環境整備事業」の一環で運営している
SNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)です。

NICeに登録している起業家(起業準備中含む)が
経営者や地域活性化のために活動している仲間や団体の協力を得ながら
もっと広く! もっとリアルに!‘「つながり力」の強化で起業と経営を進化させよう!’
と、ボランティアで、全国で様々な活動を行っています。


以下、フライヤーからの抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽主催者挨拶

私が生まれ育った町は、小さな噂もすぐに広まる小さな町でした。
私は子供のころ、そんな町が窮屈で仕方ありませんでした。
いつの頃か、都会に憧れを抱き、東京に行けば自由になれる。
そう思うようになりました。

そして上京。

東京には、たくさんの可能性やチャンスがありました。
しかし同時に氾濫する情報社会、複雑な人間関係、異なる価値観を感じ、
自分は田舎人間なのだと改めて実感しました。

大切なのは、「どこで生きるか?」よりも「どう生きるか?」なのだと学びました。

そして、生まれ育った十和田を誇りに思うようになり、
故郷のために何かしたいと思うようになりました。
まずは、十和田の人とつながろう!そして、今、私にできることをしよう。

そんな想いから、NICeとわだの開催に辿りつきました。

このイベントは「いつか故郷のために何かしたい人」など全
国のボランティアの方々がポスター作成や、告知・集客など、
様々な形で応援してくれています。

是非、十和田のこれからを考えるきっかけとして、ご参加ください。
会場でお会いできることを楽しみにしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女は今ではもう、迷わず猛進する猪娘のようです。

当日はもちろん私も行きます。
ご興味のあるみなさま、是非!

お申し込みはハーブストックへでもオッケーです♪
hs40888@yahoo.co.jp




飛べないてんとう虫 [2009年07月29日(Wed)]

新聞記事等で読んだ方も多いと思いますが
飛行能力を持たないナンテントウ虫が
遺伝子操作によって開発されたそうです。

飛べないので行動範囲が狭まり
害虫のアブラムシを効率的に食べるため
その分農薬も使うことなく
農作物被害を減らせる、というもの。

いわゆる生物農薬です。

農作物被害の軽減に向けた
環境にやさしい方法として
実用化が期待されている

とか。


「環境にやさしい」と言いますが
そもそも、てんとう虫も環境の一部だし
誰にとっての環境か?
その環境に対する長期的な影響は?

?????????????

部分的なメリットを追うのは
人間の十八番。

食物連鎖をイメージすれば
天敵(てんとう虫を捕食する虫など)が大増殖しそうなのは
素人でも簡単に想像がつきます。

浅知恵や小手先の行いへのしっぺ返しを
何度も経験しているはずなのに。

+−のバランス感覚を欠いた
人工的な技術には閉口してしまう。



昭和レトロ [2009年07月26日(Sun)]

小中野特集ってことで
名店を一つご紹介☆


やきとり 小芳





先週、母の誕生日の祝いがてら久々に行きましたが


相変わらず、炭火で




相変わらず、燗は湯煎で




相変わらず、大将の足元は下駄!




うまかった!!!
おたふく [2009年07月24日(Fri)]

新丁夜店、初日終了〜。




今日は仕事で遅くなりましたが
ダッシュでかけつけて、
幼馴染みのお茶屋再建のお手伝い。

左比代虎舞がお祭りを賑やかにしてくれて
19時台の人の往来は、かなりのボリューミーでした☆

ハーブストックの総合コンサル的存在のU子さんが
(『オバQ』キャラじゃないよ〜)
一服しに来てくれました♪

毎度おおきにっす!

そのU子さんが、バッグと一緒に手首にかけていた
この、おたふくのお面に



目を奪われてしまい
しばらく身動きがとれませんでした。

★存在感絶大★

そして

★どんなものとも調和★

トップの写真の通り
抹茶とも、すんなりコラボ♪

ひょっとこも然りです。

日本古来のデザインの完成度に
改めて気付かされた、2009年の夏。


招き猫も然り!



新丁夜店 [2009年07月23日(Thu)]

そういえば、うっかりしてましたが
明日から、金・土・日の3daysは
小中野の夏の風物詩、新丁夜店!

往時は肩がぶつかり合うほど
人人人でごった返す賑わいだったそうですが
今じゃ「歯っかけ夜店」と形容されるほど
露店がぽつりぽつりで風通しもいいのですが
マニアックなイベントとして、根強いファンも多いです(笑)。

新丁商店街にある「竹の園茶舗」の
後継ぎ娘が幼馴染みなので
そこの前あたりで、今年も抹茶バーやりまーす。



時間は18〜21時まで。

「竹の園茶舗」どうぞご贔屓に♪


追記:
バジルが少し収穫できそうなので
25日(土曜日)に新丁夜店で
新バジルのジェノベーゼ解禁します!


それからそれから
26日は、2回目のスローーーデー!

15時からは、カシータカフェオーナーによる
ディジュリドゥのスペシャルライブもあるので
要チェック〜
藤子・F・不二男 [2009年07月23日(Thu)]

藤子・F・不二男が生み出した全作品、初の集大成
『藤子・F・不二男 大全集』がいよいよ明日発売!

私の人格形成は、
この偉大なる藤子・F・不二男先生に多大なる影響を受けた
と言っても過言ではありませんが、過言かも。

基本のドラえもんの他、
特に好きなのは、
『キテレツ大百科』と『21エモン』





それから『SF短編集』も傑作☆

ドラえもんの中では
『ドロン葉』というひみつ道具の話が泣ける!



PRサイトを見るだけでも
http://www.shogakukan.co.jp/fzenshu/
アドレナリン大放出↑↑↑

全33巻で50,610円也。


ちなみに英語版では『Gadget cat from the future』



マレーシア出身の知人によると
ドラえもんは『Ding Dong』というタイトルで
アニメ化されてたとか。

Ding Dongって、鐘とかが鳴る音を表す擬音語ですよね。


[2009年07月21日(Tue)]

イタリア土産の豆「Borlotti(ボルロッティ)」



定植の時期が遅れて
一時はどうなるかと思いましたが
サバイバルした苗達が
立派に育ってくれています。

マーブルピンクのさやが
おしゃれ〜ですが
これ、世に言う「うずら豆」です。

かなりショッキングピンクで
緑色に囲まれて、映えまくり。

未熟な時はたいがいの動植物は
周りの環境に同調した
保護色を選ぶはず。

こんなに目立って、大丈夫かい?
と老婆心で、案じてしまう。

紫と黄色のインゲンも
ついうっかり、育ちすぎてしまったので作戦変更して
豆で収穫してみたいと思います!
レッドカラント [2009年07月15日(Wed)]



先日、慌ててレッドカラントの収穫をしました。

otteのジャム原料に提供したかったけど
ちょうど彼女もデパートでの試食販売等で
てんてこ舞いの時期で。

真っ赤に色づく木を横目に
なかなか収穫できないまま時は満ち
完熟も完熟。



これが全部イクラだったら…
と、つい妄想してしまうほど
なんにも手をかけていないのに
こんなにたわわに実ってくれました。

小粒なので房ごと採りますが、
触れただけで粒がこぼれるほど。

ただひたすらに収穫。

目と手を動かしながらできることといったら
頭を使うか、耳を使うか。

つまり、妄想するか、
音楽やラジオを聞くか、鼻歌をうたうか
これぐらいしかできません。

♪たわわ、たわわ、たわわ〜
(ざわわ、ざわわ、ざわわ〜の替え歌)

あれこれ考えていると
つい100年先とか、次世代のことまで。

いやいや、それより3ヶ年計画を
などと行きつ、戻りつ。

細かい単純作業なので、嫌気がささないうちに
まずはこのカゴ一杯!と、
超目下の目標を定めました。

目標って本当に大事です。

それにしても、真っ赤にピカピカ輝く姿は
まるでルビー。

そうこうしてると、隣家の親子が
キャッチボールを始めました。

ここのお父さん(私の幼なじみのお兄さん)、
息子をプロ野球選手に育てたいとでも思っているのか
かなりスパルタ。

全然、のほのぼのした雰囲気ではありません。

とばしまくる激をBGMに
もくもくと収穫を続けること3時間。

あとは鳥達におすそ分けってことにして
疲れたので終了〜。

応急的に、酢とラムに漬け込みました。


フェンネルも背高のっぽに!

4月の様子。



こんな、マクロ撮影が必要なほどの
おチビだったのに
とっくに追い越されました。



目測で、速水もこみちぐらい。

うらやまし〜



風の丘のパン [2009年07月09日(Thu)]



さて、風の丘のパン。

いろいろ種類がありましたが
オール100円!

私は、豆乳クリーム、あんバター
ジャガイモがごろんと入ったマヨパン
そしてワカメパンをオマケにもらいました。

私はハード系のパンが好きなので
ちょっと物足りない気がしましたが
やわらかいながらもちゃんと噛み応えがあって
単なるふわふわ系でもなく
なんていうか独特の、ほのぼの系でした。

私の好きな絵本ベスト3に入る
『からすのパンやさん』のパン達を彷彿とさせる
こんがりつやつや仕上げ。

マニア垂涎です。

思いっきりこだわってるかと言えば
それほどでもなくて
ジャムパンの中身は「ソントン!」
マヨネーズは「キューピー!」
と、いたって庶民的。

キッパリ言い切る潔さがまたよし(笑)

「のんびり作ってる」との言葉通り
気負わずゆるゆるとした雰囲気が
パン達にも、にじみでています。

でもなんてったって、
これが100円で買えるなんてお値打ち☆

行った日には売り切れてしまっていたけど
そば粉や米粉のパンも作っているそうです。

次はプレーンなパンを食べてみたい。




これは、もう一匹の看板犬のメイちゃん

パン教室もやってるそうですよ〜
彦星☆ [2009年07月08日(Wed)]

昨日は七夕でした。



これは先週の茶道のお稽古の時に頂いた
主菓子「天の川」。

残念ながら曇ってて
本物は見られなかったようですね。

私はてんてこまっていて
夜空を見上げることすらなく。。

私の母も、おとといの日曜日に
長年想い続けた人に会えたそうです。
国立競技場で。

石原裕次郎の23回忌の法要に参列するためだけに
先週上京した母。

若かりし頃から大の裕次郎ファンで
超どうでもいい情報ですが、初恋だったそうです。

その昔、うちの近所にある第二魚市場に
映画『赤いハンカチ』の撮影で
石原裕次郎が来たとか。

それから、金子信男も。

私にとっては「スキンヘッドでおかずを作る人」
のイメージしかないですけど
当時は俳優だったそうです。

撮影を見に行った時に
「裕次郎と目が合った」
と、ありがちなことを言い続けてウン十年。

結婚した時には学校をズル休みして泣いた
と、淡い思い出を誇張して語っています。

ちなみにメルアドにも
「yujiro」の文字が。

重症のラブホリック!


ちなみに、私の家のすぐ裏は
新井田川が太平洋に注ぐ下流域で
船がたくさん停泊していますが
最盛期には川を埋め尽くすほど
何重にも船が並んでいたそうです。

夜、イカ釣り船が一斉に出漁すると
真昼のように明るくなったとか。

イカのカーテンどころか
スルメの山をベッド代わりに昼寝したとか、しないとか。

私はそんな往時の様子は記憶にないですが
小さい頃、両手に色とりどりの紙テープを持って
うちの船の出港を見送ったことはうっすら覚えてます。

それから、ニュージーランド沖から戻ってきた時の
ホームパックのアイスのお土産!

当時はリットル単位のビッグサイズが珍しくて、
嬉々として食べてました。

以上、余談ですが
実は私も先日、夢にまで見た犬に再会しました☆



風太君です。

これが、風太に新しいおうちを見つけた
動物愛護センターの出張譲渡会の写真

(手前のケージの中に入っているのが風太)




こんなにちっちゃい、フワフワの子犬でした。



聞けば、風太の里親さんになってくれた方は
福地でパン屋をやっている、とのこと。

天然酵母を使った手作りのパン。

お店の名前から一文字取って
「風太」と名付ける、と話していたのですが
その後、譲渡会のドタバタで、
場所など詳しいことを聞けずに別れてしまいました。

少ない情報から、ネットで検索しても、人に聞いても
手がかりを得られず…にいたのに

ついに!しかも偶然!

辿り着きました!!!

パン工房 風の丘



幸せ太りもご愛嬌♪♪♪

子犬の頃の、あのフワフワ感も健在の
看板犬・風太がお出迎えしてくれます。

パンのことは、また後ほど〜