CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
柑橘系 [2009年02月26日(Thu)]

柑橘系。

北国に住む人間にとっては
雲の上の存在です。

私が借りている畑には

シークワーサー

いよかん

ぽんかん

夏みかん

柚子

などなど、柑橘系の苗木が植わっていますが
根付くかどうか。

植物として生き残れたとしても
果物として食べられるほど
実ってくれるかどうか。

実験中です。
露地で☆

ここ八戸は緯度の割には
かなり小雪地帯で
日照時間、晴天率は◎!

でもやっぱり冬は長くて寒い
氷の街です。

先日、東京ビッグサイトで行われた
スーパーマーケットトレードショー。

東西南北、全国各地から
いろいろなこだわり産品が終結しました。



私は「にっぽんe物産市」というプロジェクトの
地域エージェントの一つ
「みちうま」ブースに立ちながら
縦長ニッポンの、いろいろな地域の
異なる気候風土と食文化を垣間見られて
とても有意義で刺激になりました☆

人は、ないものねだりな生き物です。
北に住んでいれば、南への憧れが強いもの。

特に私は、柑橘系と抹茶系の誘惑に
仕事をしていても、気もそぞろでした。

ハーブ就農を志して、早7年。

私の実家はむしろ、漁業を生業としていて
イカ釣りや北洋鮭鱒漁をする、
バリバリの網元だったんですが

そんな農業とは縁もゆかりもない私が
そもそも農業に興味を持ったのは
海外旅行中にマンゴーの収穫の手伝いをしたことがきっかけでした。

そこは街路樹までもトロピカルフルーツ
という熱帯の土地柄。

完熟フルーツ食べ放題。
朝マンゴー、昼マンゴー、夜マンゴー。
でも食べても食べても食べきれない。

そのうえ出荷するのは
未熟の青いマンゴー。

採りながら、食べながら、
いろいろ考えさせられました。

それだけに果樹には
ものすごい愛着と執着があります。

それから、青森県といえばリンゴ!

知り合いにリンゴ農家さんがいっぱいいますが
ひょう害に、値崩れ、
今年はきびしいと口をそろえます。

無駄にしないためには、加工しなくちゃですが
みんな一斉にジュースを絞ったって
売れなきゃ余る。
知恵を絞らなくちゃ!

なにかいい活用法がないかなぁと相談を受けて
あれこれ思いを巡らしています。

さて、そのトレードショーで頂いた
鹿児島のタンカンと熊本のレモン



連れて帰ってきましたよ〜、はるばる青森まで。

暖冬暖冬言われてますが
こちら八戸地方は、
例年以上に降り積もりました。


彼らにとっては
初雪か?

と思って、雪の上で記念写真です♪



どっちもうまかった!!!

国産の柑橘なんて、最高の贅沢です☆
森で蕎麦打ち [2009年02月24日(Tue)]

日曜日、八戸のピカソ・木村勝一さんの
ツリーハウスの森で行いました
蕎麦打ち体験教室!

実は私、
いままでに手打ちうどんやパイに挑戦するも
2戦2敗中。
こねる系のセンスがないことは
自他共に認めるところです。

でも坊主も袈裟から、とも言いますし
フリフリのついたメイド風のエプロンを身にまとって
テンション↑↑↑気合充分に、
初めての蕎麦打ちに臨みました。

「生地は、こうして、ああして、ウヒヒヒヒ…」
そんな、ちょいエロ師匠・坂下氏のご指南のもと




最初は、こんなにドライなそば粉が




まんまる生地になって




段々と角ができてきて

ひし形に



90°延ばして、45°延ばして

みるみるうちに四角く




畳んで



均一な厚み、何層にも重なったものを


切って出来上がり♪



ほんと、魔法のよう。


打ちたてのおいしさは、ブラボー!!
見惚れてしまう美しい仕事でしたよ、師匠☆




薬味のネギの刻み方までもが、繊細で美しいこと。

藍染めの達人、大坂先生お手製のいぶりがっこが
これまたうまかった!

こうして昼間っから、打ちたての蕎麦を喰らった後は
みんなで木の上の露天風呂にザブ〜ン

贅の限りを尽くした、ビューティフルサンデーでした。
月1ペースでやりたいね〜なんて、
森の愉快な仲間達は一様に上機嫌。

摘み草の天ぷらなんか添えちゃったら
最高っすね☆
ラブ青梅2 [2009年02月20日(Fri)]

進むほどに先細るクネクネ路地




タイル貼りの写真館




お米屋さん。豆は量り売り。




年季の入ったバスの待合室




隣り合った自転車屋さん、2軒



ご町内の掲示板にポスターを貼るおじさんも
輝いてみえました☆

今回は短い滞在時間だったので出会えなかったけど
絶対におせっかいなおばさんとかが
たくさん住んでいると思います。

老若男女が行き交い、
犬の散歩、猫の日向ぼっこ

この街には、必要なものが全部揃っている!

そして、街中のそこここに
ニャンコアートが!

猫好き垂涎の街!

次ページに続く〜

ラブ青梅 [2009年02月19日(Thu)]

東京にいる間、
ちょうどバレンタインデーがやってきました。

私にとっては、ここ数年なんてことない平日でしたが
今年は特別スペシャルデイ♪

お友達のお菓子家、渡部和泉さんが
一日店長(?)をすると聞きつけて
青梅の珈琲のお店 『ねじまき雲』へ〜



お店の中のあらゆるパーツが、
ゆるカワイイお店でした。



この「コーヒーとチョコレートの一日」のメニューは
4種類のチョコスイーツ×コーヒー。

ワタクシは
チョコバナナシフォン×無ろ過天然水出しコーヒー
をチョイス♪



ジューシーなシフォンと澄み切ったお味のアイスコーヒー



気になるその他のスイーツも
相席になったお客さんから失敬して

・金柑とチョコのテリーヌ
・ジンジャーナッツブラウニー

一口ずつゴチに♪ 

苺のショコラティラミスだけは
未遂に終わってしまいましたが

ねじまき雲さんのコーヒーも
どれもとても個性的でウヒョヒョ!でした。



しかも、この青梅の街
あなどれません。

その前までお台場で連泊していて
埋立地特有の、ちょっと薄気味悪い
あの幾何学的な殺風景に包まれていた反動か

生活感あふれる青梅の商店街が
キラキラ眩しく見えちゃって。

その街の姿をお見せしたいのですが
このブログ、
1つの記事に画像は5点までしかアップできないみたい。

なので、ページを改めて
引き続き〜
ただいま〜 [2009年02月18日(Wed)]

無事日曜日に帰八致しました!

長期出張の成果(?)報告は追ってゆっくり、ということで
まずは昨日の出来事を。

今年も行ってきました!葛巻ワインパーティー☆

山葡萄ワインもさることながら、パンもいい仕事!


紫色の方は山葡萄酵母使用。
葛巻牧場で焼いて販売しているそうです。

ここのチーズはかなりおいしくて
去年のパーティーで食べて以来
どこかで見かける度に買っていますが
パンもそりゃモ〜うまかった!

でも牧場に行かなくちゃ買えないそうで、残念。

それから、今年初めて「飲むヨーグルト」を頂きましたが
これまたイケる!

今回はパンと乳製品に心奪われてしまいました。
流石、ミルクとワインとクリーンエネルギーの町。

「葛巻ミルクフェスティバル」
とかやったら、モ〜絶対行くのに。

今年は丑年だし、葛巻町のみなさんには
ぜひともご検討頂きたい!

ひょっとして毎年やってたりして。
ご存知の方いらっしゃったらご一報を〜
しばらく留守にします [2009年02月06日(Fri)]

14日まで、八戸を留守にします!

この前の日曜日、
八戸ブランドに関するイベントおじゃましましたが
そこで頂いた「こびりっこ」。

赤飯じゃなく、まぜご飯がはさんであって
それがなかなかおいしかったことを思い出し
真似っこして
ジェノベーゼを和えたご飯(ピラフ風♪)を
じゅね煎餅でサンド☆

う〜〜ん、もう一味ほしいけど
まぁまぁじゃないの〜、これ

ってな感じで
こびりっこ持って、午後発って
今、横浜のホテルです。

明日は鎌倉の某高品質スーパーでお仕事です。
がんばりまーす♪

北東北の地域資源<酒編> [2009年02月02日(Mon)]

まずは食前酒♪

弘前りんごのシャングリア



五年モノのイチゴ酒



そして、お待ちかね
どっしりと、農家のどぶろく揃い踏み!

秋田県能代市から
かわいいピンク色のどぶろく☆


岩手県雫石町から
紫黒米のどぶろく☆




一番右はプレーンなドブロク

能代市と雫石町は“どぶろく特区”なので
製造・販売、ハーブストックが飲んだことも
もちろん全て合法です。

ちなみに、どぶろく特区とは

農家民宿等を経営する農業者が
自ら生産した農産物を主原料として
いわゆる「どぶろく」(濁酒)を製造してもよいと
認定を受けた市区町村のことです。

晩餐会のテーブルの上で
ギラギラ光を放っている
ゴールドのエビス様には目もくれず

流石っすね、農家のみなさん
どぶろくや日本酒を
がおがおと飲んでいました。

やっぱ日本人なら、なにより米を
食ったり飲んだりしなきゃね!

米の消費拡大に努めた夜でした。。