CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2008年11月 | Main | 2009年01月»
クリスマス☆ケーキ! [2008年12月24日(Wed)]



先月ワークショップの講師としてお招きして
同い年ということもあり、めっきり仲良しになった
フードコーディネーターの渡部和泉さん

ブログでクリスマス・セットのことを紹介してくれたり
連載をお持ちの雑誌にも掲載してもらえることになったり
おんぶにだっこです。

そして、お仕事の書類と共に届いた
クリスマス・ケーキ!

1年お酒に漬け込んだというフルーツと
いろんなナッツがゴロゴロ入った
贅沢なパウンドケーキでした。

贈る人の顔を思い浮かべながら
一つ一つ、包んだそうで
ラッピングが全て違うとか!
私のには、こんな愛くるしいシロツメクサが♪

いずみちゃん、サンキュー♪
ごっつぉ〜さまでした〜

JQさんもいろいろなサイトへ
口コミして下さったり、ほんとおかげさまで
クリスマスギフトは残り3セットとなりました。

まだクリスマスに間に合いますよ♪
別にクリスマス過ぎても(笑)
ご注文お待ちしておりまーす☆
すってんころりん [2008年12月23日(Tue)]

と、やや昭和のニオイがするほど
見事にすべって転びました。
昨日、夜の長横町で…

除雪で寄せられて、
ガリガリに固まった歩道の山に
おもいっきり突っ込みました。
顔から。

ザクッ ザザッッッッッッ

というフローズンな感触。

そのままアイシングして止血。
右のほっぺがズキンズキンと痛み
どうなっちゃうんだろう…と
不安に襲われながらも、しぶとく熟睡。

朝起きて、恐る恐る鏡を見ると
試合を終えたボクサーがそこに!!

クリスマス・イブイブだっつーのに…

まぁそんなのまるで関係ないし
まじブルーですが
しばらくはこの顔で
明るく生きていく決意をしました。

内藤も4度目の防衛に成功したしね☆

どこかで見かけたら、びっくりしないで
気軽に声をかけて下さい♪

生はちみつの意味と価値 [2008年12月18日(Thu)]

VERY BEEのハチミツは
非加熱の希少な生ハチミツです。

なぜ希少かと言うと、
世の中に出回っているほとんどのはちみつは
加熱されているからです。

ハチミツ自身が強い殺菌力を持っているので
本来加熱処理をする必要はないのですが
加熱の目的は、殺菌ではなく
生産上の効率を高めるためといえます。

ミツバチが花を訪れて集めて、巣箱へ持ち帰った蜜は
その段階ではたくさん水分を含んだバシャバシャの状態です。

巣の中で、ミツバチ達は
羽ばたいて、蜜に風を送り
水分を飛ばします。
こんな乾燥作業を経てはじめて
あのトロリとしたハチミツになるのです。



慣行の養蜂では
蜜中の水分量を、定められた基準以下にするために
水っぽいハチミツ(未熟成)を加熱して
水分を蒸発させる必要があります。

またご存知の通り、ハチミツはドロドロしていて
さらに結晶しやすい性質のため
加熱しない、いわゆる“生ハチミツ”のままでは
缶や瓶など、容器への移し替え作業に
手間と時間がかかってしまいます。

水あめ等、まぜものをしているものは論外ですが
“純粋”を謳っていても、ほとんどのハチミツは
このような理由で、人工的な加熱処理がされていて
ハチミツに含まれているビタミン・ミネラル、酵素など
ハチミツ本来のよさ、ハチミツらしさの多くが失われてしまっています。

脱サラして、山を買い、木を植え
養蜂家となった、VERY BEEの石田さん。



ちゃんとミツバチの生態を理解した上で
きめ細かい世話をしています。
これは小規模だからこそ、できることでもあります。

結果、ミツバチに抗生物質を与えたり
巣箱の消毒に薬剤を使用したりもせず
ケミカルフリーの養蜂を実践しています。



ハチミツが最も濃縮される、早朝の一番絞りにこだわり
それをそのまま、直にビン詰め。



じっくり待って、そして奪い取るのではなく、
ハチからおすそ分けしてもらったハチミツです。
なので、少量しか採れません。

まさしく、なにも引かず、なにも足さず。

石田さんのハチミツへの思いが伝わってくるような
透き通るような甘みで
アカシヤの花の香りが
ふんわりと口の中に残ります。

ミツバチが一生をかけて集めてくるハチミツは
わずかティースプーン一杯分だとか。

ミツバチからおすそ分けしてもらったハチミツを
VERY BEEさんからおすそ分けしてもらって
さらにみなさんへ、おすそ分けです♪

キラキラ輝く、アカシヤの生ハニー☆
ぜひ一度お試しを♪
X'masの贈り物☆ [2008年12月13日(Sat)]

X'masに間に合いました♪



【herb stock 40°】」×【ジャム工房otte】×【ハチミツ屋Very bee】


八戸でこじんまりとがんばっている瓶詰め同志3人で
一つずつ出し合って、詰め合わせました!

八戸産“バジル”・五戸産“姫りんご”・おいらせ産“ハチミツ”
“緑×赤×金”クリスマスカラーのギフトセット<限定20セット>です。

こじんまりだからこそできる手仕事の結晶☆
3つとも、素材へのこだわりと愛着が詰まっています。

1.『手摘みバジルのジェノベーゼ』
  …杉林を切り開いた畑で、農薬や化学肥料を一切使わずに育てて
    手摘みしたスイート・バジルをペーストにしました。

2.『姫りんごのジェリー』
  …五戸町でとれた姫りんごの果汁をコトコト煮つめて作った真っ赤なジェリー。
    りんごの甘みと酸味がギュッと凝縮されています。

3.『自家採蜜アカシヤの生ハニー』
  …朝一番に採蜜して加熱せずに手詰めした、生きているハチミツ。
    アカシヤの花のやさしい香りのする、キラキラの生ハチミツです。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 手摘みバジルのジェノベーゼ 1個(150g)
 姫リンゴの真っ赤なジェリー  1個(180g)
 自家採蜜アカシヤの生ハニー 1個(180g)


  3つを、赤いチェックの箱に詰め合わせました。

■■■■■■ 5,500円【税込・送料込※(東北・関東地方)】 ■■■■■■■
 
※その他の地域については、送料が少々加算となります。
 ※商品の発送は12月19日〜となります。

八戸など、近郊のみなさんでしたら、
八百屋でお引渡しできます!
(その場合、もちろん送料不要です)

こちらのセットは、週明けから
みちうま!(みちのくはうまい!!)にてネット販売する準備中ですが
こちらで先行して、本日よりご予約承ります☆

先着10名様には
クリスマスオーナメント付き。
ちょっとおめかしさせてお届けいたします♪



ご注文・ご質問などは
ハーブストック hs40888@yahoo.co.jp まで
よろしくお願い致します。

【ジャム工房otte】http://nakanakayo.seesaa.net/
【ハチミツ屋Very bee】http://www.honey-gelato.jp/honey-index1.html
ネオ八百屋、オープン! [2008年12月13日(Sat)]

おはようございます!
今朝、開店準備してきました☆

Rec.跡地の六日町側が
今日から産直スペースとして開放されることになり
オーガニック系の八百屋兼アトリエをオープンしました!


ツリーハウスイベント「てづくり市」を企画開催している
素浪人プロジェクトの面々で
あれこれ持ち寄ります。

その一味である八百屋、『8beans』を核に
野菜・果物・加工品あり
オブジェあり・ミニコミ誌あり
誠実な手仕事をしているものであれば
なんでもありの“ネオ八百屋”を目指しています☆

オープンっていっても、
開けながら準備してる感じですが(笑)

今日のところは
リンゴ・ネギ・ニンジン
たやさんの紅玉ジュースやジャム、
色鮮やかなソルダムピュレ



あとハーブストックのジェノベーゼも。


それから午後には
スローベースの木村さんの作品群が到着します♪

勢いで急にやることにしたので
どうなることやらですが
よいものを少しずつ
品揃えしていけたらいいなぁと思ってます。

ちなみにネギとニンジンは
「子どもたちが裸足で歩ける土をもう一度!」
をモットーに、筋金入りの循環型農業を実践している
向谷地さんから取り寄せました。

もちろん農薬や化学肥料は一切不使用なので
安心して葉っぱから根まで、まるごと頂けて
本当においしいです。

こう書くといかにもな感じで、うさん臭いかもですが
私、実はニンジンが苦手なんです。
(両親共にニンジン嫌い。遺伝か?)
でも向谷地さんのニンジンは食べられる♪

素直な野菜の味がする野菜たちです。
騙されたと思って、ぜひ一度食べてみて下さい。

あと、リンゴは無農薬ではないのですが
極力減農薬でがんばっている
三戸町方のリンゴです。

それから知り合いの漁師さんの
干しガレイもあります!
1皿300円、どうだ!

というわけで、
買ってらっしゃい、見てらっしゃい♪

『8beans』の子が店長してくれてます。
「ヨンちゃん」と声をかけて下さい。

営業時間はとりあえず10:00〜19:00まで。

Rec.というとピンとこないかもですが
WALK(なつかしー)とか、緑屋(郷土史!)とかだった
マルマツの隣りの建物です。

もともとギャル系服屋のショップがあった場所なので
ちょっと八百屋らしからぬ、薄暗いアダルトな雰囲気
ムードあふれる店内ですが、気軽に遊びにきてね〜

明日は私が店番する予定です!
黒い恋人 [2008年12月12日(Fri)]

今、ちょっと一休み中でーす。

お茶のお供は!

最近ひざの痛みがひどくなってきて
「動けるうちに、どこまでも行ってやる」と
今年は糸の切れた凧のように
旅行に行きまくっている母の、北海道旅行のお土産。

定番中の定番
『白い恋人』!!



でも開けてみると



白くない。
黒い…

『白くない恋人』
みなさん、どう思います?

こんなこと書いてる場合じゃなくて
もっと重要なお知らせがいろいろあるのに。

@明日から中心街のRec.(レック)跡地で
八百屋を急にオープンする予定です。

Aジャム屋のotteとハチミツ屋のベリービーとのコラボ企画
クリスマス・ギフト・セット☆ やっと予約受付スタートします。

詳しくはまた後ほど!
ひとまず、仕事に戻ります!
てづくり市 [2008年12月08日(Mon)]

気付いたら私が副代表になっていた
素浪人プロジェクト主催の「てづくり市 その弐」!

イベントの内容をちゃんと詳しくお知らせしなくちゃと
思いながらも、ボヘッとしていたら
昨日スローベースの森で行われ、終わってしまいました!

天気予報の雪だるまマークも
みんなの気合いで吹っ飛ばして
結果、晴れ時々曇り。

いつもの森の愉快な仲間達に加えて
新たに出店してくれる人も増え、
寒かったけど、たくさんの方々が遊びに来てくれて
心はホットホットでした。

はちみーつの仲間をはじめ
三春屋の物産展でお買い上げ頂き、ブログを読んでくれていて
さらにてづくり市にまでいらしてリピートして下さった方、
ヨガの先生、学生時代の先輩、
クルミの殻をむいてくれている母のお友達
板柳チーム、岩手からわざわざ駆けつけてくれた娘。

などなど、ほんとうにたくさん続々と。
うれしかったです。

ジェノベーゼもおかげさまで大好評でした。
ありがとうございました☆

恒例のお抹茶の野点も!

前回に引き続き出店してくれた
ペンション野ばらさんにお願いして
新郷村の山の湧き水をくんできてもらいました。

このお抹茶の売り上げは全て
どうぶつライフワーク八戸へ寄付させて頂きます。
けんたさん、ありがとう♪

ところで、あの目が痛くなるほどまばゆい
蛍光イエローのヤッケのスーツは
一体全体どこで売ってるんでしょうか?

昨日の様子をお伝えしたいのですが
なんせお手洗いに行くこともなく終わったぐらいで
写真も一枚もなし、ということで

ジャム屋のotteの日記をご覧下さい。
でた〜得意技、ザ☆丸投げ!

余韻にひたる間もなく
今日は仕事が終わってから
次なる企みの打ち合わせに行ってきました。

もうちょっと詳しいこと決まったら
速報流します☆

白湯 [2008年12月05日(Fri)]

月に2回という軟弱なペースではありますが
母親と一緒にヨガに通っています。

目標は猫のような、しなやかな心と体!
知ってる方も多いと思いますが
実際にヨガには、「猫」のポーズがあります。

それから猫って、足先をお手入れする時に
指を思いっきり開くんですが
あれはなかなか真似できません。

レッスンの最初は必ず
手と足で握手して、足の指の間を開きます。

人は靴を履いて生活するので
特に女性は先の細いデザインやヒールのある靴などで
どうしても足を圧迫しがちなので
できるだけ開放してあげたほうがよいそう。

足のためには、下駄や草履がいいっていいますもんね。

それから、冬の冷え対策として
ヨガの先生からのススメで
わが家で最近流行しているのが
白湯とショウガの温湿布です。

まずは白湯。

これは飲むだけ!

そしてショウガ温湿布。

これも、ショウガをすりおろして、お湯にといて
それをタオルに含ませて、肌にのせるだけ!

合わせ技で
ショウガ湯を飲んでも、もちろんオッケー!

ニャンコ達はひなたぼっこの天才でもあります。
お日様の動きに合わせて、日向を探して
お昼寝の場所を移動。

そして夜はこたつで丸くなる。
冷え対策なのか、なんなのか
とにかく完璧☆

ちなみに友人が2ヶ月間の
インドヨガ修行から帰ってきました。

お土産話が楽しみ☆














天然酵母のピザ教室 [2008年12月03日(Wed)]

ちょっと前の話なんですが
天然酵母のピザ教室に行ってきました。

講師は例のカラフル・ナンバンの山口シェフです。



基本のル・ヴァン(ぶどう種)



その他、かぼちゃ、さつまいも、桃&メロン、米、などなど
いろいろな野菜や果物から起こした
シェフお手製のいろいろな天然酵母の生地がズラリ。



そもそも酵母は、空気中のホコリにくっついて浮遊していて
外で生育していてホコリを被っているものであれば
酵母が付着しているということになるので
理屈からいえば、有毒でない限りは
どんな植物からでも採取できるそうです。

もちろん、ハーブからも酵母を起こせるみたいです。

ネットで調べてみたら
タイムやローズマリー、レモンバームなどなど。

ちなみに、一般的にパン作りに使われる酵母は
「セッカロミセス・セレビシエ」という名前だとか。
中世の作曲家かなんかみたい。

発酵の様子を間近に見て
酵母は生きていることを改めて実感します。
彼らの働きのおかげでパンは膨らむのね!

醤油だって、味噌だって、お酒だって
日々の食生活はこんなにも
酵母の恵みに支えられているのだな、としみじみ。

今回はオーブンは使わず


全てフライパン一つで焼き上げました。

お食事系、おつまみ系、デザート系etc.
粉モンてんこ盛りプレート、できあがり!



なんでこのことを思い出したかというと
例の“ハックルベリー”
発酵力がすごいらしいのです。

もうほとんど爆発、と言っても過言ではないほどの
発酵っぷりをみせるとかなんとか。

シェフにも協力してもらって
調査研究を進めたいと思います!
いろいろニュース! [2008年12月01日(Mon)]

師走です。

11月はゲホゲホしながらアチャコチャ行きました。

グリーンツーリズムの戦略会議その2で、花巻へ。
県内は東奔西走。
津軽の米どころ、リンゴどころ。

そして〆は、昨日の南部町〜田子町巡り。
途中、南部町で出会った
貴重で希少な「直詰ぶどうジュース」



製造元の名川果汁のオーナー・佐々木氏は、
このジュースのために
岩手のとある農家さんの畑へ、
毎年ぶどう狩りに行っているそうです。

ラベルも佐々木さん直筆☆


樹上で熟した、糖度17〜19度のぶどうの中から
さらに選び抜かれたぶどうを、絞って直にビン詰め。

今年は5月の遅霜のダメージが最後まで響き
収量が大幅に落ち込んでしまったとのこと。
貴重で希少にも拍車がかかります。

大切にとっておいて
正月にでもありがたく飲む魂胆でしたが
今日来客があって、自分も逸る気持ちが抑えられず
勢いで開栓してしまいました!

まるで絵の具のような鮮やかなぶどう色と
立ち上る甘い香り。

ジュースというよりは、まさに果汁で
しばらくの間、呼吸もフルーティー♪

本当にすばらしい仕事です。

たやさんの紅玉ジュースもそうですが
のどを過ぎた去った後も
それぞれ、ぶどうやリンゴの
香りの余韻がしばらく残ります。

地域資源とはこんな
ジュースや、作り手のことだと思います。

そして、こだわり抜いた田子にんにく☆



このにんにくについては、また後ほど詳しく!

ところで、リバーランズも日記に書いてますが
今週の日曜日、12月7日
これまた地域資源(?)が一堂に会す
巷で噂の、ツリーハウスの森でのイベント
『てづくり市 その弐』を開催します!!!

詳細はコチラ

今回<初出場>組は、、、

マクロビオティックやフェアトレードなど、
テーマのあるナチュラルカフェ『宇宙の贈りもの』

そしてこだわりすぎのハチミツ屋さん『very bee』
クレープカーで駆けつけてくれます♪

なんか週末はお天気下り坂っぽいし、寒くなりそうですが
スローでホットなイベントにしたいと思いますので
是非厚着していらして下さい!