CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« いぬ・ねこ | Main | うまいものメモ»
まとめ [2011年12月12日(Mon)]

気が付けば、もう冬。


数ヵ月のブランクに

安否確認のメールや電話、家庭訪問etc.

お気遣いいただきました。心配御無用、元気でーす。


いっくれ(南部弁で「ずいぶん」の意)経ってしまいましたが

まずはご報告から!


以前、このブログ上でも里親さん募集の呼びかけをした

被災犬のゴロタ


縁あって、沖縄で幸せに暮らしています!


三沢空港で飼い主さんと別れるときには

空港中に響き渡るような声で鳴き続けたものの

羽田空港に無事到着し、希望者の方とご対面。

気に入ってもらえて、そして再び空路、那覇へ。


少々メタボ気味のゴロタでしたが

アスリートの里親さんとの朝晩のお散歩ダイエットで

幸せ痩せしてるそうです。めでたし、めでたし!



昨日はしろがねキャンドルナイトに行ってきました。




粉雪舞う寒空の下、ろうそくの灯りはあたたかく



いろんな祈りや希望が込められ




船神輿も見守ってくれていました。



会場となった三嶋神社は、海の守り神様。

八戸港を望む高台にあり、災害時における緊急避難所にも指定されています。

3月11日は、海水が神社下までみるみる迫って来て

足元を水に浸らせた人々が次々と境内に避難してきたそうです。


白銀地区には自主防災組織があります。

地震発生直後の、あの混乱の中

防災組織のメンバーはただちに地域の公民館に集合。

高齢者世帯の見回りや避難者・車両の誘導、炊き出し準備など

行政等の対応を待たずに、迅速に機能したそうです。

住民主導の防災対策、見習わなくては。



春、夏、秋と季節は巡り、早9ヶ月。


今年の3月の貿易統計で、前月比倍

過去最高の輸入増を記録したものが

切り花の「菊」だったそうです。



東北地方で集中的に需要が高まって、輸入量が急増した結果の数字。

無数の菊の花がたむけられたことを物語る悲しい統計です。



お盆にも、お彼岸にも、たくさんの花が供えられたと思います。

私もいつにも増して、今年は合掌に力がこもりました。



北防波堤の半分近くが欠損して

丸腰状態が続いていた八戸港でしたが

応急修理が進んでいます。



40年かけてつくったものを

すぐに直せるわけがないとは分かっちゃいますが

単に旧に復するのではない補強が、ハマ住民共通の願いです。



直後は、海水が引いた後の道路一面のネバネバした汚泥が

乾燥して風に舞ったり、固まって道路は未舗装のようにデコボコ。

潮と砂と油がまじったにおいも、しばらく消えませんでした。



6月には、ずっと故障して消えていた漁港前の信号機が点きました。

たまたま、とりつけ作業中のところを通りかかって

思わず車をとめて、ずっと見入ってしましました。

おニューの信号機の光が眩しかった☆



そして岸壁に打ち上げられた、中型イカ釣り船たちの撤去も完了。

うちでも過去に同じサイズのイカ釣り船を持っていて

大漁旗や色とりどりの紙テープで見送った原風景があるので

あの、傷ついて道路に横たわっている船の姿は見るに耐えませんでした。

いまでは跡形もなく片づけられて

7月には岸壁で行われる朝市も復活し、活気を取り戻しています。



夏には夜明けとともに

新井田川に沈没・横転した船を撤去したり

川底を検査する作業音で目覚める日々が続きました。



全面回復にはまだまだまだ遠いですが

八戸の港は、漁港、工業港、商業港

それぞれの機能回復を着実に進めて

復港を目指しています。


転んでから杖を探している状態の原発政策をはじめ

甘い甘い想定の上に生きていることを

これでもかと思い知らされ続けています。



震災報道は減り続けていますが、まだまだ復旧段階。

当事者意識を持って、復興のためにできることを

考えながら日々暮らしていこうと思います。




そして、今週の日曜日

何年か前にやって、最初で最後なつもりでいた

SLOWNIGHTのなんと第2弾!として



カクテル&新蕎麦&ライブイベントを行います。


東日本大震災では

スローベースがある八戸市川地区にも津波は押し寄せ

森の主・木村勝一氏の家族所有の畑も浸水被害を受けました。

その畑に植え、収穫した蕎麦を

森の仲間達が打ち、みんなで味わい、語らう企画。



八戸に縁のあるアーティストの音楽を楽しみながら

カクテルはおなじみ、十和田市の『Bar K's』! の

日本一を受賞したマスターがつくるオリジナルの数々を堪能いただけます。

料金:2,000円(1drink 1soba)



津波ニモマケズ、塩害ニモマケズ、育ってくれた”TSUNAMI SOBA”

じっくり噛みしめたいと思っています。


鮫特集パートU [2011年05月09日(Mon)]

鮫特集が一部のマニアの間で反響が大きかったので(笑)

パートU<コラム編>です。


「レッツ ステップ&カット! ご町内踏切めぐり〜その壱〜」



八戸線が走る鮫の町の、踏み切りを調査しました。

踏み切りって1つ1つ名前が付いているんですよ(豆知識)

ちなみに、「ご町内踏み切りめぐり〜その弐〜」はありません。



「奇妙奇天烈 摩訶不思議 漂流物コレクション'01」



使い込まれた歯ブラシ、錆びた彫刻、そして謎の注射器…

など、鮫の岬で様々な漂流物を採集しています。

ちなみに「漂流物コレクション'02」もありません。笑



「うみねこ大採集!!」



うみねこにまつわるエトセトラを集めました。



こんな感じで

1/4ページ、1/2ページの小スペースに

過剰な情報が詰め込まれていて

いたって読みにくい!(笑)



現役時代の、本編よりもコラムに全力投球する

コラムニスト(?)体質が発揮されています。



いますぐには役に立たない、もしかするとムダ?

なことを、寝ないでがんばっていた懐かしの日々。


以上、全力コラム集でした。



では鮫特集パートVをお楽しみに!(嘘)



鮫特集 [2011年05月04日(Wed)]

津波で大きな被害を受けてしまった

久慈の地下水族科学館「もぐらんぴあ」から

避難してきたアオウミガメのカメ吉君。


八戸市水産科学館マリエントなう!


4月7日にやってきたときは、あまり動かず、

エサも食べなかったので心配していましたが

少しずつ元気になっているそうで安心しました。


会いに行くことが、カメ吉はじめ

久慈から引っ越してきた海の仲間たちへの支援になります!


チームマリエントのみなさんは停電してる間

ガスでお湯を沸かして水槽に継ぎ足し続けて

水温を保って、守りきったそうですよ。


明日まで、ジャム屋のotteなども出店している

マリエント市も開かれているので是非♪


マリエントがある鮫地区も津波被害が甚大です。


以前編集の仕事をしていた

八戸のローカルネタ満載のタウン情報誌


その頃のバックナンバーはすべて取っておいてありましたが

今回浸水被害を受けてしまった倉庫に保管してたので

一部は泥にまみれてぐじゃぐじゃに。断腸の思いで処分しました。


でも箱の上の方に重なっていた号は、濡れてはいましたが

さっと洗って乾燥させたら、ちゃんと読めるコンディションに!


その中の、2001年6月号

特集は「鮫町」。


早10年も経っていることに動揺を隠せませんが

改めてじっくり読み返してみると、いい仕事してる(笑)


3つのテーマで、鮫巡りしています。


気分爽快! シーサイド・ウォーク



温故知新! レトロ・ウォーク




縦横無尽! タウン・ウォーク




鮫の町を隅々まで歩いた記憶がよみがえってきました。

当時の仲間と一緒にフィールドワークを重ねた賜物!

なつかしー


郷土史家の中里氏に提供してもらった

ふんどし姿の勇ましい男性のモノクロ写真。


左右反転させて、空に虹をかけて






こんな感じで、ページ角に配置したのですが

刷り上がった本を見て、中里さん

ちょっぴり悲しそうな目をしてたっけ。


これまたなつかしい思ひ出。


アミューズのウェブサイトを見る限り

バックナンバーの取扱いは2004年以降〜のようです。残念。



ご希望の方には、ちょっとパリパリしてますが

貸出しますので、ハーブストックまでお気軽にどうぞ!

(それか、市立図書館にもあるかもです)

月刊はちのへ情報 アミューズ

1971年創刊。今月も元気に、県内の書店・コンビニにて発売中!
三陸鉄道 [2011年04月01日(Fri)]



三陸鉄道


久慈⇔宮古 を結ぶ「北リアス線」

釜石⇔盛 を結ぶ「南リアス線」


海女さんガイドが同乗したり
三陸産の海の幸の駅弁を販売したり
お座敷列車、こたつ列車、レトロ列車
いろんな種類のイベント列車を走らせたり


観光のみならず
三陸沿岸部の生活の足としても頼りにされている
地域密着型のローカル線です。


以前三陸鉄道・久慈駅長さんと交換をした名刺



切符のかたち☆


そんな三陸鉄道も甚大な被害を受けてしまいましたが
震災から5日目、北リアス線の一部区間で
復興支援列車を走らせました。


まだ余震がおさまらず、燃料供給も不安定な中
スピードを落としながらの安全運行で
北側の久慈⇔陸中と南側の宮古⇔小本を
昨日まで運賃無料で往復しました。


そして今日から新年度。

上記の2区間を、臨時ダイヤかつ割引運賃で運行継続中です。
※被災された方は罹災証明書の提示(コピー可)により
 引き続き運賃が無料となるそうです


沿線の大部分の信号機が壊れているので
運転士の方が手分けして手旗信号でしのいでいると聞きました。


「小本」の次の駅「島越」は駅舎が津波で流されてしまい
また南リアス線は全線に渡って被害甚大で
復旧のめどは立っていないとのこと。


でもとぎれた路線を再びつなごうとする
本気の姿勢がビシバシ伝わってくる!


これまでの経営状態は厳しく、今回の被害できっとさらに厳しく
でも津波で車を流された人々がたくさんいる今だからこそ
走り続けているのだと思います。


三陸鉄道では毎年夏に、JR東日本各線と結び合って
八戸⇔仙台間(400.4km)を約10時間で縦断する
臨時快速列車「リアスシーライナー」を運行しています。

八戸=JR八戸線
 ↓
久慈=三陸鉄道「北リアス線」
 ↓
宮古=JR山田線に接続
 ↓
山田町
 ↓
大槌町
 ↓
釜石=三陸鉄道「南リアス線」
 ↓
 盛=JR大船渡線に接続
 ↓
大船渡
 ↓
陸前高田
 ↓
気仙沼=JR気仙沼線に接続
 ↓
小山沼=JR石巻線に接続
 ↓
仙台=JR東北本線に接続


青森〜岩手〜宮城

今回の震災で甚大な被害を受けた
三陸沿岸の町々をつなぐ列車です。


去年の夏、仙台に住む甥っ子を乗せたいと思ったのですが
まだ3歳なので、もうちょっと大きくなってからにしようと
おばちゃん、楽しみにしていたのに。。


再開したら、必ず一緒に乗りにいきます☆

三陸鉄道
HPM [2011年02月13日(Sun)]

Hachinohe portal museum hacchi OPEN!!!



結構なお点前を頂戴いたしました。



世間は3連休。

今日は行けませんでしたが
オープン前日の内覧会含めて3日連チャンで
函館からのゲストや帰省途中に寄ってくれた友達など
来八してくれた人々をアテンドしながら見学しました。

館内を観て回ると

鉄犬 はっち公 by 巨匠



三島サイダー by 八戸製氷



ミニチュアート by ちびっつ




など など など

いろんな地場産業や職人さんに
スポットライトがあてられています☆

ちなみに、いろんなオモチャを備えた「こどもはっち」は
大人も入れるそうでーす。


それにしても、私も例にもれず
週末に昼の中心街に行ったのは久々でした。

昨日は雪が降ってきたので屋内がいいなと
普段は全く使わない某立体駐車場へ。

そしてふと、「アレッ…」
駐車券がないことに気付きました。

落ち着いて記憶を巻き戻すと

いや失くしたのではない… もらっていない…

なんと進入禁止の出口からIN!という暴走ぶり。
この悪行、我ながら信じられませんでした。

でもだって入口は機械が発券してバーが上下するくせに
出口はなぜかノーバー(有人)なんだもん。

駐車場のおじちゃんに
そんなこんなを説明してあやまると
笑って許してくれました。

帰りは清く正しく出口からOUT!

中心街の駐車場問題(?)を
実感した出来事でした。
緊急告知! [2011年01月28日(Fri)]

30日(あさって日曜日)9:30〜

五戸でハチミツ屋さんがミツロウ加工体験開催!

ミツロウのキャンドルとクリーム作りをしまーす♪

申し込み〆切り今日の17時なのでお早めに!

ハチミツ好きのハーブストックは
もちろん申し込み済み〜

五戸でハイキング [2011年01月26日(Wed)]

日曜日、五戸で冬のハイキングをしました。

テーマは
 
 〜名馬の産地・五戸町の馬文化と冬景色〜

馬産地としての面影が色濃く残る
五戸のディープな馬文化をめぐる。

略して「五戸うまぐる」!


気持ちのよい青空が広がる
まさしくビューティフル・サンデー♪

町中が真っ白に雪化粧♪

五戸名物の坂道をテクテク♪


五戸うまぐる


歓迎の雪だるま☆



 ↓

五戸川の白鳥☆



 ↓

三浦牧場の雪景色☆


 
 ↓

「如空」八戸酒類五戸工場のもろみ☆



 ↓

福義煎餅店の白せんべい☆
※画像なし


純白の世界が印象的で
気分爽快な一日でした☆


巷で噂の五戸ネタ満載の地ブログ
五戸チャンのブログでも
ハイキングの模様を、ジモティ目線で
詳しく楽しくレポートしてくれてるので
要チェック♪ 

全線開業イブ [2010年12月03日(Fri)]

いよいよ明日は、東北新幹線全線開業デーです。

ターミナル駅はニュー青森に北上、
八戸は通過駅となることを不安視する向きもありますが
私はつながることはいいことだと思っています。

線路は続くよ、どこまでも。です!

というわけで、私は明日と明後日
東北新幹線全線開業イベント
2日間八戸駅に朝からはりついてます。

三社大祭のお囃子、えんぶり、虎舞、神楽などの伝統芸能を
駅のホームなど、アチコチで同時多発的に披露

駅ナカで八戸広域×久慈広域のプチ物産展

ユートリー前でせんべい汁のお振る舞い

などなど、駅中お祭り騒ぎです。

物産展は個性派ぞろいでお出迎えします☆

南部町ブースは、北のフルーツパーラーがプチ体験できるクレープ屋さん
田子町ブースは、「大健木工」県産間伐材を使った木工芸品+にんにく屋さん
新郷村ブースは、「朝市工房福ふく」布ぞうりの実演販売+飲むヨーグルト屋さん

そして久慈広域ブースも
ご当地すいとんや、野田村の塩や山葡萄加工品、海藻などなど
おいしいものがズラリ並ぶ予定です。

八戸以北が移管される青い森鉄道も
本物の南部せんべいのフリー切符を販売するほか
三戸、剣吉、八戸、下田、三沢など主要各駅でおもてなしします。

ニーズは高速移動だけではありません。
ローカル線はポテンシャル高し!

明日の八戸駅の乗降者数はいかほどか
まったくの未知数、フタを開けてみなくちゃ分かりませんが
とにかく最初で最後、一生に一度の一日を見届けよう!

ということで、八戸駅でお祝い&商いしてますので
みなさん遊びにきてください♪

今日の主菓子「柚子」



後ろの畳にピントが合ってますが(笑)
冬至ももうすぐそこですね〜
冬灯り [2010年12月02日(Thu)]

大宮での2日間のイベントを終え
ソフトクリームで打上げして



クリスマスムードムンムンの東京へ寄り道。

丸ビルのツリー



ティファニーのショーウィンドウ



ペニンシュラのビュッフェでがっつり食べて



ごきげんで帰ってきました!


そして昨夜

八戸市庁前のヒマラヤ杉のイルミネーションの点灯式
スローベースの森の親方、木村勝一氏入魂の
「ぼんぼりツリーハウス」初お披露目☆


「木村勝一のココロはピカソ」から無断転載


まるで申し合わせたかのように
森の仲間達がウヨウヨしてました(笑)
今週末は田子! [2010年09月30日(Thu)]

10月2・3日は毎年恒例のにんにくとべごまつり@田子町! 

その名の通り、田子牛とたっこにんにくをおもいっきり味わえる
年に一度のビッグイベントです。

今年はタプコプ創遊村でもお楽しみいっぱい!
とのタレこみがありました。
 
そば打ちやせんべい焼きなどレギュラー体験メニューのほか
イベント盛りだくさんの2日間だそうなので遊びに行ってきまーす。

大自然と茅葺屋根の景色にいやされに
みなさんもぜひ!!



目玉は、Osteria del Borgoのタッキーシェフが丹精こめて焼き上げた
「黒豚もも肉のロースト」の限定販売です。

10/3 10:30〜解禁☆
限定40皿とのことなのでお早めにどうぞ〜

■1皿:1000円
■グラスワイン付:1500円
■予約・問合せ/にんにく王国 電話0179-32-4343


このにんにく王国の女社長さんはお友達なんですけど
そのお母さんハンドメイドのにんにく味噌

おススメです♪
| 次へ