CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 素浪人プロジェクト | Main | いぬ・ねこ»
Myチョコ [2011年02月14日(Mon)]

今日は日本中のあちらこちらで

ラブ注入した手作りチョコやら

最後の手段のバレンタインデー・キッスやら

色めき立った授受が行われたのでしょうか?



でもバレンタインデーとは無関係な私のもとにも

待ち焦がれたチョコが届いた!


板チョコ




フィンガーチョコ



昭和レトロなビジュアルがまたよし!

チョコって言うよりも、チョコレイトな感じ〜。


日本チョコレート・ココア協会のサイトもなかなかイケてる!

こういう業界団体のウェブサイトってマニアックで面白い。

ちなみにチョコの食べ過ぎと鼻血の因果関係はないそうです。



そういえば、夏目漱石が教師だった時代に

「I love you」=「今夜は月が綺麗ですね」

と訳して生徒に教えた、という逸話がありますよね。



それなら軽い気持ちで言えそうな可能性大ですが

伝わらない可能性もまた大だったりして(笑)



でもやっぱり単なる婉曲表現に留まらない

スマートでスイートな発想だなぁと思います。


ジャム屋の日記でも

小学6年生の女の子の相談に対する

永六輔氏のステキな回答が紹介されてました。


恋愛に限ったことではなく、普遍的なこと。

わたしも女子力及び人間力アップを目指してがんばります。

Good night☆
抹茶割り [2009年08月17日(Mon)]

昨夜は、順延になった花火大会が
滞りなく行われました☆


私はいつも通り、花火遊覧の船を見送ってから
船着場に面した公園へ。

その沼館の公園は、混雑を避けて見られるので
知る人ぞ知る穴場スポットでもあったりして
BBQをするファミリーや浴衣カップルなど
かなり大勢の見物客が集まってましたが

分厚い雲がかかって、なんと一切見えず!

ほんと冗談でしょってぐらい
「音声のみでお楽しみ下さい」状態。

妄想族ヘッドの私としては
これはこれでウケる!と面白がってましたが
公園はガッカリムードに包まれてどんより。

でも時々雲間からチラッ、チラッと見える
そんなチラリズムが想像をたくましくさせて、またよし。

貴重な体験でした☆

船や防波堤からは、やや輪郭はぼやけつつも
ちゃんとキレイに見えて楽しめそうで
お客さん達は喜んで帰っていったので
オールオッケー!

ただ夏の夜にしては
少々寒すぎ〜でした。

鈴虫の声がしっくりくるような
ほとんど秋の気配です。


そういえばお盆に飲みに出た時も
屋台村で、寒くて鳥肌が立ったので
ヘイ!マスター、何かあったかいものを〜
と注文したら出てきたのが


抹茶割り



お抹茶に、お湯の代わりにあったかい焼酎(?)を注いで

ちゃんと茶筅で立ててくれていて
なかなかおいしかったです。


ここで飲めまーす↓

バラ族 [2009年08月06日(Thu)]

昨日は「NICeとわだセミナー」に参加☆

講師の増田氏の軽妙なトークは
楽しくてためになりました。

会場では、とわだ自然栽培研究所の仲間をはじめ
たまたまブログに書いたばっかりの
ハニージェラート店長やはちみーつのお友達
などなど、バッタリの連続。

志が似ていると、
行動範囲も似かよっちゃうんでしょうね(笑)

その帰り、十和田に来たからには社会勉強として
やっぱり一度は食べてみなくちゃと
みんなでバラ焼きを食べに!

甘辛でご飯が進むお味は
日本人なら嫌いな人はいなと思いますが
30過ぎた人間が、21時過ぎに食べるには
少々油ギッシュ(死語)でした。

スタミナ系がむしろ内臓の負担になったりするお年頃。

家に帰って、冷蔵庫の中に入っていた
ホヤの酢の物とアミタケの大根おろし添えを
ちょっとつまんで中和しました。

そういえば、
先日お仕事で五戸に行った時に立ち寄ったお店の
日替わりランチはブラボー!でした。

酒膳 山海里



こちらのご主人は
和食料理人として県卓越技能者に認められているとか。

本日のメインディッシュは「干し鰈」
+大根おろしとインゲンの佃煮

そして

ひんやりした焼き茄子
 +
仕込み味噌の味噌汁
 +
キュウリの古漬け

前に、いいものプロジェクトを手掛ける
良品工房の白田社長にお供して
お弁当屋さんを訪問した時に、白田さんが

「お弁当は、お新香と割りばしを見れば
 その会社のクオリティが分かる」

と話していました。

確かに、人工ピンクや黄色のお新香は
私は食べものとしては見れません。

こちらのランチは一つ一つが手作りで
スローなメニュー。

これで550円って…
客の方が心配になっちゃうお値段。


とにかく最近は、こういうシンプルなものを体が欲します。

人生折り返したな…


ところで今日は久々に夏っぽい陽気でした☆
バジルも燦々とお日様を浴びてゴキゲンの様子。
5日は十和田に全員集合! [2009年07月31日(Fri)]

NICeという起業家支援SNSがありまして
私もJQさんからお誘い頂いて登録したものの
ほとんど放置プレイだったのですが
そのSNSつながりで出会った
迷える子羊娘主催のイベントのご案内です。

若くてちっちゃいのに、たった一人で始めて
次々と仲間とつながりながら、準備を進めているので
私もできる範囲で応援したいなと思ってまーす。


NICeとわだ 講演会&楽しい!ワークショップ
□基調講演  「70分でわかる!商売繁盛させるための法則」
□頭の体操  「商売を商売させるための思考術」&交流会

●日 時/2009年8月5日(水)18:30〜21:00(開場18:00)

●場 所/十和田商工会議所

●参加費/無料(参加資格不問)

●内 容 

第1部:頭の体操 「商売を繁盛させるための思考術」
ファシリテーター 上久保瑠美子
脳科学、心理学、コーチングのノウハウを取り入れた、
楽しいワークを実践!頭の回転が良くなり、次の戦略が思いつく!

第2部:基調講演 「70分でわかる!商売繁盛の法則」
講師 経済産業省委託事業NICeチーフプロデューサー 増田紀彦
日本全国で多数講演を行う中で目の当たりにした地域の実態を元に、
地域ならではの明日から使える商売法をわかりやすく紹介します。

第3部:交流会
楽しい交流会を企画しております。お楽しみに!(※飲食なし)

●申し込み方法/下記URLもしくは電話、ファクスにて
  FAX  0176-23-1494 TEL 080-1067-4072  NICeとわだ実行委員
  http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P3151514

●主催/NICeとわだ実行委員会

●後援/十和田市 十和田商工会議所 株式会社まちづくり十和田 起業支援ネットワークNICe

ちなみに、NICe(ナイス)とは、

経済産業省が平成19年より
「起業家支援ネットワーク環境整備事業」の一環で運営している
SNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)です。

NICeに登録している起業家(起業準備中含む)が
経営者や地域活性化のために活動している仲間や団体の協力を得ながら
もっと広く! もっとリアルに!‘「つながり力」の強化で起業と経営を進化させよう!’
と、ボランティアで、全国で様々な活動を行っています。


以下、フライヤーからの抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽主催者挨拶

私が生まれ育った町は、小さな噂もすぐに広まる小さな町でした。
私は子供のころ、そんな町が窮屈で仕方ありませんでした。
いつの頃か、都会に憧れを抱き、東京に行けば自由になれる。
そう思うようになりました。

そして上京。

東京には、たくさんの可能性やチャンスがありました。
しかし同時に氾濫する情報社会、複雑な人間関係、異なる価値観を感じ、
自分は田舎人間なのだと改めて実感しました。

大切なのは、「どこで生きるか?」よりも「どう生きるか?」なのだと学びました。

そして、生まれ育った十和田を誇りに思うようになり、
故郷のために何かしたいと思うようになりました。
まずは、十和田の人とつながろう!そして、今、私にできることをしよう。

そんな想いから、NICeとわだの開催に辿りつきました。

このイベントは「いつか故郷のために何かしたい人」など全
国のボランティアの方々がポスター作成や、告知・集客など、
様々な形で応援してくれています。

是非、十和田のこれからを考えるきっかけとして、ご参加ください。
会場でお会いできることを楽しみにしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女は今ではもう、迷わず猛進する猪娘のようです。

当日はもちろん私も行きます。
ご興味のあるみなさま、是非!

お申し込みはハーブストックへでもオッケーです♪
hs40888@yahoo.co.jp




昭和レトロ [2009年07月26日(Sun)]

小中野特集ってことで
名店を一つご紹介☆


やきとり 小芳





先週、母の誕生日の祝いがてら久々に行きましたが


相変わらず、炭火で




相変わらず、燗は湯煎で




相変わらず、大将の足元は下駄!




うまかった!!!
おたふく [2009年07月24日(Fri)]

新丁夜店、初日終了〜。




今日は仕事で遅くなりましたが
ダッシュでかけつけて、
幼馴染みのお茶屋再建のお手伝い。

左比代虎舞がお祭りを賑やかにしてくれて
19時台の人の往来は、かなりのボリューミーでした☆

ハーブストックの総合コンサル的存在のU子さんが
(『オバQ』キャラじゃないよ〜)
一服しに来てくれました♪

毎度おおきにっす!

そのU子さんが、バッグと一緒に手首にかけていた
この、おたふくのお面に



目を奪われてしまい
しばらく身動きがとれませんでした。

★存在感絶大★

そして

★どんなものとも調和★

トップの写真の通り
抹茶とも、すんなりコラボ♪

ひょっとこも然りです。

日本古来のデザインの完成度に
改めて気付かされた、2009年の夏。


招き猫も然り!



新丁夜店 [2009年07月23日(Thu)]

そういえば、うっかりしてましたが
明日から、金・土・日の3daysは
小中野の夏の風物詩、新丁夜店!

往時は肩がぶつかり合うほど
人人人でごった返す賑わいだったそうですが
今じゃ「歯っかけ夜店」と形容されるほど
露店がぽつりぽつりで風通しもいいのですが
マニアックなイベントとして、根強いファンも多いです(笑)。

新丁商店街にある「竹の園茶舗」の
後継ぎ娘が幼馴染みなので
そこの前あたりで、今年も抹茶バーやりまーす。



時間は18〜21時まで。

「竹の園茶舗」どうぞご贔屓に♪


追記:
バジルが少し収穫できそうなので
25日(土曜日)に新丁夜店で
新バジルのジェノベーゼ解禁します!


それからそれから
26日は、2回目のスローーーデー!

15時からは、カシータカフェオーナーによる
ディジュリドゥのスペシャルライブもあるので
要チェック〜
風の丘のパン [2009年07月09日(Thu)]



さて、風の丘のパン。

いろいろ種類がありましたが
オール100円!

私は、豆乳クリーム、あんバター
ジャガイモがごろんと入ったマヨパン
そしてワカメパンをオマケにもらいました。

私はハード系のパンが好きなので
ちょっと物足りない気がしましたが
やわらかいながらもちゃんと噛み応えがあって
単なるふわふわ系でもなく
なんていうか独特の、ほのぼの系でした。

私の好きな絵本ベスト3に入る
『からすのパンやさん』のパン達を彷彿とさせる
こんがりつやつや仕上げ。

マニア垂涎です。

思いっきりこだわってるかと言えば
それほどでもなくて
ジャムパンの中身は「ソントン!」
マヨネーズは「キューピー!」
と、いたって庶民的。

キッパリ言い切る潔さがまたよし(笑)

「のんびり作ってる」との言葉通り
気負わずゆるゆるとした雰囲気が
パン達にも、にじみでています。

でもなんてったって、
これが100円で買えるなんてお値打ち☆

行った日には売り切れてしまっていたけど
そば粉や米粉のパンも作っているそうです。

次はプレーンなパンを食べてみたい。




これは、もう一匹の看板犬のメイちゃん

パン教室もやってるそうですよ〜
お花見屋形船 [2009年04月09日(Thu)]

ぐっと空気がゆるんで、春めいてきたので

屋形船でお花見を計画中でーす。

屋形船といえば、運営しているNPOや
漁師のおじちゃん達とはマブなので
これまで、幾度となく乗せてもらっていますが
今は亡き愛犬と乗ったのは、一生の思い出。



この子は、どこへ行くにもお供してくれて
いつも一緒でした。



エンジン音が振動と共に伝わってくるのが怖かったようで
ずっとこうして不安そうに、窓の外を眺めていましたが


何も言わずに付き合ってくれてサンキュ♪



屋形船は2隻あって

この写真のは
廃天ぷら油を利用したバイオディーゼル燃料で動く屋形船です。

もう1隻は
屋根の上に、太陽光パネルを張った
今巷で噂のソーラー屋形船、「たから丸」。

いままでの難点が解消され
とても静かで、
鳥のさえずりや水の音がよく聞こえるそうです!

こりゃ、いいね〜


喫茶ぽん [2009年04月02日(Thu)]

地元じゃ有名な、老舗の喫茶店なのですが
なんの因果か入ることなく、ウン十年。

公会堂へ講演会を聴きに行った帰りに
ついに、あの木の扉を開けました! 

想像を上回る、昭和レトロな雰囲気



ほとんど遺産です。

薄ぼんやり店内を照らしているのは
もちろん白熱電球。

ヤフオクでけっこう高値が付く
ミルクガラスのランプシェードが
惜しげもなく、いくつも
天井からぶらぶら。

一つくれ!


手書きのメニュー



「ぽん」フォントです。


ところどころ欠けている
カップとソーサー



味がありすぎる。


こんな、時が止まったような店内には

本当に時が止まっている、古時計達がいっぱい。


9:17




13:00



お店に行ったのは
夕方16時頃でしたが
時計の針はてんでばらばら。

今は、もう、動かない〜でした。


今回「ぽん」したのには
実は理由があります。

偶然見かけた、ブログ記事

見覚えのあるタヌキが!


「ぽん」のマッチの写真でした。

私ももらってきちゃいました。
こんなの






ブログの主は、ヤマコーヒーさん。

「行ってみたい」という記事のタイトルを見て
八戸人として、いてもたってもいられなくなり
「私が代わりに行って、報告します」
と、コメントを残し、
そして、いざぽんした訳です。

ヤマコーヒーさーん
「ぽん」はこんな純喫茶でしたよ☆

それから、キャッチコピーになっている
「はんかくさい」の意味。

どうも、ニュアンスを
うまく伝えられません。

南部の皆の衆
誰か教えて!

ところで、このヤマコーヒーさん、
とてもステキな珈琲屋さんです。

「出張喫茶」の文字に、ムラムラします。

いつか飲んでみたい!

ヤマコーヒー http://www.yamacoffee.com/


| 次へ