CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«伊藤家にんにく物語 | Main | 畑散策»
次世代ファーマー [2009年03月10日(Tue)]

小出しにしている
トレードショーの思ひ出。
続きです。

私たちもはるばる青森からでしたが
もっとはるばる北海道から来ていた
次世代を担うファーマー達☆

「十勝おやじの背中を超える会」のみなさん。



十勝の若手生産者が地域を越えて協力し、
国内の食糧問題や農山漁村が持つ知恵と想いを
発信することを目的としたチームです。

今までの農業を支えてきた
両親・祖父母などへの敬意を込めて、
このチーム名にしたそう。

国内食料自給率は40%
大都市圏については、東京1%、大阪2%
十勝の自給率はなんと1100%!!

食料基地としての役割を担う十勝から
大地の恵みをにっぽんのみんなのものにしたい!
という崇高な野望を携えて
「とかちファーマーズギフト」のPRをしていました。

このギフトは、
麦類、豆類、ばれいしょ、てんさい
畑作4品目を手作りの木箱に詰め合わせたもの。

消費者との交流のきっかけになるように
との思いが込められた
農家のソウルをビシバシ感じる食料ギフトです。 


農作物の中でも加工原料になるものは
輸入原料に頼り切ってきた長い歴史の中で
特にないがしろにされてきたように思います。

どれも暮らしに欠かす事ができない
基幹となる食べ物。

失って初めて気づくのでは遅すぎ。

自分が食する物に対する関心と感謝を忘れずに
国産のものへ敬意をはらわなくては
と、改めて思います。

なにより若い農業者は宝物である!
そろいのつなぎも、とてもかっこよかった。

ちなみに、もうかなり前の話ですが
北海道の知人から頂いた

てんさい(別称:砂糖大根、ビート)



皮をむいて、すりおろして、絞って
その絞り汁を煮詰めて

アースカラーのステキなお砂糖ができました♪

コメントする
コメント
そうなのだ!

土? ってぐらい、まさにアースカラーな仕上がり☆

国産ビートのグラニュー糖使用とは、
流石こだわりビンボー同志よ。
いや、こだわりのジャム屋よ!

この木箱のギフトセットすごいかわいいよね。
包装も折り紙チックで、和モダンで。

贈りたくなるよね、自分に(笑)

Posted by: ハーブストック  at 2009年03月11日(Wed) 00:00

へぇぇ〜精製してないと砂糖大根でもこんな色なんだね@@!
私が使ってるのグラニュー糖は国産のビートだよ。
たぶん北海道産だよね。
↑の木箱ギフト可愛いね^^
こんなの届いたらテンション上がるわ!
え?送ってくださる?なんか催促したみたいで悪いわぁ^^


Posted by: naka  at 2009年03月10日(Tue) 22:25