CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«My苺あんみつ | Main | タケノコ»
鮫特集 [2011年05月04日(Wed)]

津波で大きな被害を受けてしまった

久慈の地下水族科学館「もぐらんぴあ」から

避難してきたアオウミガメのカメ吉君。


八戸市水産科学館マリエントなう!


4月7日にやってきたときは、あまり動かず、

エサも食べなかったので心配していましたが

少しずつ元気になっているそうで安心しました。


会いに行くことが、カメ吉はじめ

久慈から引っ越してきた海の仲間たちへの支援になります!


チームマリエントのみなさんは停電してる間

ガスでお湯を沸かして水槽に継ぎ足し続けて

水温を保って、守りきったそうですよ。


明日まで、ジャム屋のotteなども出店している

マリエント市も開かれているので是非♪


マリエントがある鮫地区も津波被害が甚大です。


以前編集の仕事をしていた

八戸のローカルネタ満載のタウン情報誌


その頃のバックナンバーはすべて取っておいてありましたが

今回浸水被害を受けてしまった倉庫に保管してたので

一部は泥にまみれてぐじゃぐじゃに。断腸の思いで処分しました。


でも箱の上の方に重なっていた号は、濡れてはいましたが

さっと洗って乾燥させたら、ちゃんと読めるコンディションに!


その中の、2001年6月号

特集は「鮫町」。


早10年も経っていることに動揺を隠せませんが

改めてじっくり読み返してみると、いい仕事してる(笑)


3つのテーマで、鮫巡りしています。


気分爽快! シーサイド・ウォーク



温故知新! レトロ・ウォーク




縦横無尽! タウン・ウォーク




鮫の町を隅々まで歩いた記憶がよみがえってきました。

当時の仲間と一緒にフィールドワークを重ねた賜物!

なつかしー


郷土史家の中里氏に提供してもらった

ふんどし姿の勇ましい男性のモノクロ写真。


左右反転させて、空に虹をかけて






こんな感じで、ページ角に配置したのですが

刷り上がった本を見て、中里さん

ちょっぴり悲しそうな目をしてたっけ。


これまたなつかしい思ひ出。


アミューズのウェブサイトを見る限り

バックナンバーの取扱いは2004年以降〜のようです。残念。



ご希望の方には、ちょっとパリパリしてますが

貸出しますので、ハーブストックまでお気軽にどうぞ!

(それか、市立図書館にもあるかもです)

月刊はちのへ情報 アミューズ

1971年創刊。今月も元気に、県内の書店・コンビニにて発売中!
コメントする
コメント
リバラン殿

なつかしいよね!
好評につきパートUアップしました(笑)

商売っけゼロの誌面がいまや貴重!ある意味恵まれてたなぁ
Posted by: ハーブストック  at 2011年05月09日(Mon) 20:14

なつかしいね、鮫特集!
町内シリーズもっとやればおもしろかったのにと思うんですがね。
売り上げを気にしないスタンスが冒険できる企画がいっぱいできておもしろかったのにね。
Posted by: リバラン  at 2011年05月08日(Sun) 16:56