CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«きのこの里 | Main | 北のコナモン»
迷子のこねこちゃん [2009年11月08日(Sun)]

11月3日、八戸市の小中野緑地付近で保護。
生後1ヶ月半ぐらいの女の子です。



ガリガリに痩せていましたが
よく食べ、よく遊び、よく寝て
とってもおりこうさんでかわいこちゃんです。

母猫とはぐれた野良ちゃんか。
でも野良にしては人なつこいので
遺棄されてから飲まず食わずで生きながらえていたか。

心当たりのある方がいましたら情報お待ちしております。
また、家族の一員として迎えて下さるという方がいましたら
ご一報下さい!

ところでこの子、鼻筋のとこの黒いブチ柄が



バナナカーブして、「J」の文字を描いています。


ジェノベーゼの「J」! さては招き猫!?
とテンション上がりましたが、冷静になってみると
ジェノベーゼのイニシャルは「J」じゃなくて「G」ですね。

久々に3ケタ台数量のご注文を頂いていて
コツコツ準備してましたが
リミットの今日、無事発送完了!

以前友達が結婚披露宴でのドラジェ代わりにと注文してくれて
330個作った時以来、久々に手首が棒のように(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから午後は三圏域広域観光のセミナーがありました。

最近なにかと三圏域(=八戸+久慈+二戸の各地域)がお盛んです♪
今年7月にはこの三圏域で「北緯40°ナニャトヤラ連邦」を発足。

昨日と一昨日の2日間、
大宮駅で三圏域合同の観光キャンペーンがあり
われわれチーム八戸広域観光からも2名出動しました。

この三圏域は生活圏が重なっていて、
暮らしに根ざしたつながりが多いです。

食文化然り。

パネラーの方の

観光も、担い手は行政ではなくて
その土地で生まれ育って、子を産み、孫の代まで暮らす人。
行政は適正にシードマネーを投入して、サポーターに徹する。

という言葉が印象に残りました。






コメントする
コメント