CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
視点と環境[2015年07月18日(Sat)]
7月18日(土)の午後、法人内の権利擁護委員会より「虐待防止研修」が行われ、レインボーの日中部門はじめ、ヘルパー、相談支援員、ウィル、西部福祉会館から多くのスタッフが参加しました。

まずは、忘れてはいけない「虐待防止法の概要」についてを松原管理者、北川サビ管、から説明。

続いて、渡辺相談員からは「虐待の起こるメカニズム」についての解説。

DSCF6682.JPG

最後は大原世話人よるワークショップ。
「支援を振り返って、虐待に繋がる可能性があったなと思うこと」についてのグループワークを行いました。

DSCF6688.JPG

■普段の何気ない支援に虐待に繋がる「芽」が潜んでいること

■どうしたら改善された支援になるだろうか?

DSCF6692.JPG

どのグループもスタッフからの「気付き」がとても多かったと思います。
虐待に気付く視点や、気付ける環境を法人スタッフ全体で保っていけるよう、新城福祉会では今後も委員会を中心に取り組んでいきます。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/house77/archive/708
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
恐縮です(笑)
Posted by:おおはら  at 2015年07月21日(Tue) 16:36

大原さん、名称変更しました。
ご指摘ありがとうございますm(_)m
Posted by:荒川  at 2015年07月21日(Tue) 16:31

荒川さん、ブログアップありがとうございます。

「そうならない為の工夫」という部分(準備的な部分)に関しては、かなり高い意識を持つことができるようになってきているなという印象を受けました。次の課題は、「準備をしていたにも関わらず、ことが起こってしまった際の対応」という部分になるのかと、個人的には感じました。

ちなみに、、、
ブログ内のワークショップの名称、
「支援を振り返り、虐待に繋がる可能性があったなと思うこと」
に変更して頂けないでしょうか?
「虐待だったと思うこと」だと、意味合いが変わってきてしまうので・・・(汗)

よろしくです。

Posted by:おおはら  at 2015年07月21日(Tue) 15:22

プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml