CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月20日

【あいかさねっと取材報告】中山間地域活性化研究会「子供と大人が自然と触れ合い自由に遊べる場所作り」(2021.04.10)

センタースタッフ中野です。

今回は、晴天の角島で、4月10日(土)に行われた「子供と大人が自然と触れ合い自由に遊べる場所作り」のボランティア活動についての様子を伺いましたぴかぴか(新しい)

主催者である「中山間地域活性化研究会」の備後さんによると、10名の募集に対して16名のご参加があったそうです。次回もこのフルメンバープラスさらに人が増えそうです、とのこと。グッド(上向き矢印)下は3才を含んだファミリーや、地元の方のご参加もあり、大変楽しかったようですよ。
IshugoMG_0469.JPG
周南市からの参加者、古田さん眼鏡に感想を伺ってみました。
「本当に天気が良くて気持ちのいい一日でした晴れ備後さんがリーダーシップを執ってくださったので作業もスムーズ。お昼には地元のタケノコとワカメの入ったご飯を大変美味しくいただきました。山口県の過疎のこういった地において、こうやってコロナ禍でも人々が集まって、地域の人の協力も得てボランティアをしていると、優しい空気、人々の温かさを感じてなんだか角島で希望が貰えました。山口県民で良かったですパンチ次回もまた参加しますexclamation×2
古田さん0467.JPG
次回の作業は、畑4面にレモンの木を植えたりなどもあるようで、ツリーハウスができあがるまで、まだまだ作業は続くようですよ目。中野もそのうち参加してみたいと思いますダッシュ(走り出すさま)
作業中角島.JPG

次回は5月1日(土)が予定されています。
詳しい情報はコチラをご覧ください。
posted by ほしちゃん at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | あいかさねっと