CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口県内活動団体のブログ
(山口県県民活動スーパーネットに登録されてる団体のみ)
※ブログを開設している団体は、センターまでお知らせください!

2021年02月27日

インターンシップ5日間 〜自分の好きなことを支援につなげる素晴らしさを感じた4日目〜

 山口大学2年の大野七海です。
 インターンシップ4日目では、書類の校正を行い、NPOやボランティア活動について職員の方々とお話をさせていただきました。
 書類の校正作業は今回初めて体験させていただいたのですが、1つの書類が完成させるためには何度も確認が必要で、非常に長い時間がかかっているのだなと思いました。書類には非常に多くの重要な情報が掲載されているため、校正作業は間違いの許されない責任感のある業務であると感じました。
 職員の方々とNPOやボランティア活動についてお話をさせていただいた際には、自分自身の中でそれらの活動に対する新しい発見が多くありました。今まで、NPOの活動やボランティア活動に参加させていただくたことはあったのですが、今回のお話を通して実際にそれらの活動が与える影響や効果について深く考えることができました。特にお話の中であった「好きなことをボランティアに」という言葉は印象に残っています。自分の好きなことを通して、ボランティア活動を行う側は自分自身の居場所を感じることができ、支援を受ける側は自分のことを考えてくれる存在に気付くことができると思います。NPOやボランティア活動を通してうまれる良い影響や効果は数多くあると感じました。
 明日は、インターンシップ最終日になりますが、時間いっぱい多くのことを学んでいきたいと思います。
posted by ほしちゃん at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

2021年02月26日

インターン3日目~一般社団法人やNPO法人について~

 今日は、NPO法人について学ぶゲームをしました。
一般社団法人とNPO法人の違いについて、必要な資金や手続きに違いがあることを初めて知りました。また、任意団体として活動するという選択肢があることも印象的でした。目的や規模に応じて、どういう団体として活動していくのかが変わってくるのだと思います。団体として活動するためには、仲間の存在が必要で、カフェでの友人との何気ない会話からアイデアが生まれることがあるというお話も印象に残りました。
 また、NPO法人を運営していくためには、事務力・事業力や共感・信頼などの様々な要素が必要だということを知りました。他に、NPO法人の最終的なゴールが解散だということは企業との大きな違いだと思いました。
 明日以降、インターンシップ後半になります。この機会に、自分の身の回りで活動しているボランティア団体について調べてみたいと思います。
posted by ほしちゃん at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

インターンシップ5日間 〜つながりの重要性を感じた3日目〜

 山口大学2年の大野七海です。
 インターンシップ3日目では、エクセル入力の業務やNPOについて学べるゲームを体験させていただきました。
 エクセル入力では、山口県内の市町村に関する様々なデータを整理してまとめていきました。現在のデータだけではなく、かなり前のデータもまとめる必要があり、調べるのが非常に難しかったです。データの量が多く、まとめるのに非常に時間がかかるため、集中力が必要な業務であると感じました。
 NPOについて学べるゲームは今回初めて体験させていただいたのですが、ルールもわかりやすく、NPOについて学びながら非常に楽しむことができました。自分自身が事業を始めていくという設定だったので、よりNPOを身近に感じることができた気がします。このゲームを通して、ただ事業を始めたいという気持ちだけではなく、周囲の人間や環境なども非常に重要であると思いました。事業を行っていくうえで、つながりを意識していくことが、より事業も充実していくのかもしれないと感じました。また、事業を行う側だけではなく、それらを支援する側も含めて全ての団体のつながりを意識していく必要があると感じました。
 明日も、初めて体験することが多いとは思いますが、積極的に活動していきたいです。
posted by ほしちゃん at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

2021年02月25日

インターンシップ2日目~NPO法人と地域づくりについて~

 山口大学のOです。今日は、インターンシップ2日目でした。
 午前中は、NPO法人の事業報告についての書類を整理する作業をさせていただきました。その中で、NPO法人に定款や認証の仕組みがあることを初めて知りました。山口県内のNPO法人には、障害者支援や高齢者支援をしている団体などがたくさんあって、とても心強いと思いました。
 午後は、地域づくりについてのお話を聞かせていただきました。地域の抱える課題についての認識が世代や性別間でギャップがあるから、それぞれのギャップの理由を具体的に考える必要があるというお話が印象的でした。地域において、高齢の方は移動や農地の管理などに困っていて、若者は仲間と気軽に集える場所が少ないことに困っているというアンケート結果は、世代間で抱える問題が違うことを明確にしていると思いました。
 地域づくりをする上で、住民の方がどんなことに困っているのかは市町の中でも、山間部や団地などの場所によって様々です。アンケートを行って地域の詳しいデータを作ることは、地域の課題を見つけるのに、重要だと感じました。
 明日以降も、データ入力等を行い、社会人として必要なパソコンスキルを学んだり、NPO法人についての理解を深めたりしたいと思います。
posted by ほしちゃん at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

インターンシップ5日間 〜時代に合った支援の在り方について学んだ2日目〜

 山口大学2年の大野七海です。
 インターンシップ2日目では、山口県内のNPO法人に関わる書類を整理し、子育てにおける支援についてのオンライン会議にも参加させていただきました。
 書類の整理をしていく中で、山口県内に存在するNPO法人について具体的に詳しく知ることができました。NPO法人の活動内容や特徴は様々で、非常に多くの支援の形があるのだなと感じました。また、普段は事業報告書などの書類を見る機会はほとんどないので、そのような書類に慣れる良い機会になったのではないかと思います。
 オンライン会議に参加させていただいた際には、当事者の声に耳を傾けることの大切さを改めて感じることができました。子育てにおける支援を考えていく中で、実際に子育てをしている人や子育てを経験してきた人の意見や考えは、非常に重要になってくると思います。ただ新しい意見や考えを取り入れようとするのではなく、支援を必要としている人々の本当の声を常に意識して支援を行っていく必要があると感じました。時代ごとに県民の皆さんの要望は変化していくと思いますが、無理に同じ支援を続けようとするのではなく、それぞれの時代を生きる人々に必要な支援を見極めていくべきだと感じました。
 明日もより多くのことを体験し、県民の皆さんへの支援について考えていきたいと思います。
posted by ほしちゃん at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記