CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年08月28日

インターン最終日〜インターンを通して学んだこと。感謝を込めて。〜

いよいよやまぐち県民活動支援センターでのインターンシップ最終日を迎えました。
山口県立大学のUです。

まず、本日の活動について。始めに、ボランティアについて何を思うか、どんな情報があればボランティアに行きやすくなるかについて、センターの方とインターン生とで情報交換を行いました。最終的には、情報発信を行っていて、気になったときにすぐ調べられることが今の時代求められているということを確認できました。
次に、県民活動支援センターにSDGsについての資料紹介コーナーを作る活動を、各々役割分担をして進めていきました。私は資料のリスト紹介を作成しましたが、「このコーナーを見る対象者は誰か」を考えながら、言葉選びや見やすい表の作り方を模索しつづける活動でした。「他者の視点に立つ」ことの難しさを感じつつも、なんとか全員で完成までたどり着けたので、ぜひコーナーがたくさんの方の目にとまってくださると嬉しく思います。

最後に、今回のインターンシップを通してたくさんの学びをいただきました。県民活動・NPOについてはもちろん、地域の課題に目を向けるための方法や情報や資料の取り扱い方、そして「生理の貧困」という大きな問題について、一つ一つ意見交換をしながら学んでいく中で、新たな発見や視点の広がりを実感できました。また、人を支援する活動をする姿勢・考え方についても感じ取ることができ、私にとってとても大切な5日間となりました。

まだまだコロナ禍の大変な情勢の中、インターンシップを受け入れて下さったやまぐち県民活動支援センターの皆様、NPOの活動について教えて下さった船崎さん・小西さんに心から感謝申し上げます。本当に貴重な経験をありがとうございました!!
そして、今回のインターンで学んだ機会を活かして、特に「生理の貧困」について、他のインターン生とともに大学で活動を進めていくことになったので、皆さん、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

リスト作成中mage2.jpeg

posted by ほしちゃん at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック