CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口県内活動団体のブログ
(山口県県民活動スーパーネットに登録されてる団体のみ)
※ブログを開設している団体は、センターまでお知らせください!

2021年10月21日

【報告】NPO事務局 学びの教室「理事の役割」「監事の役割」

理事や監事の役割について学ぶセミナーを2回に分けて開催しました。

日時:「理事の役割」2021年10月 7日(木)13:30〜15:30
   「監事の役割」2021年10月14日(木)13:30〜15:30
場所:オンライン(Zoom)
講師:山田泰久さん(非営利組織評価センター 業務執行理事)

役員の役割を知らないまま、引き受けたり就任を依頼してしまい、その機能が十分に果たせず運営がスムーズにいかないことも多いことから、役員の役割や業務、責任など、ガバナンスの基本について学びました。

ひらめき理事編
「託す・託される」という委任関係をもとに、必要に応じて報告や監視(チェック)を行うことで、信頼関係を築きつつ緊張関係を保持することが大事。
・どのような役割の理事がいたらいいのか、その構成や年齢、立場などを団体内で検討してみることが必要。
・理事会の運営は、常にコミュニケーションをする「コミュニティ型」へと変化しつつあり、理事が関心を持って運営に関わっていくということが重要。

参加者は、団体自身が自律的に団体を運営していく仕組み=ガバナンスの基礎を学びました。

ひらめき監事編
監事の独立性が重要。
・会計監査だけが監査ではない。業務のチェックもする。理事会へ出席する。ヒアリングする。
・事務局は、そのために適切に監事へ資料を提供する。
・監査を受ける側の振り返りや自己チェックが大切。

参加者の3/4が理事編に引き続き受講し、理事と監事の関係性について理解を深めました。

るんるんアンケ―トより
・理事にはさまざまな役割・立場があってよいことを知ることができた。
・専門性を生かして外部理事として関わってもらうことなど、考えていた以上に柔軟に対応できることがわかった。
・理事の多様性は必要だが、固定化しているのが現実である。
・実際に若い世代を巻き込むことができているかどうかはまた別問題。
・理事と事務局のコミュニケーションが必要。
・監事の責務を認識したうえで、就任するべきだと思った。

講師は、理事の多様性が大切と繰り返していらっしゃいました。同年代だけでなく、若い方など、多様な理事に就任を依頼する。その人たちが次の代表になる、ということも考えて、理事の構成を検討してみる。継承を考えて理事を選ぶ。次世代継承や育成についても学ぶことの多いセミナーとなりました。

両回とも、後半はグループで話し合いをしました。企画当初、役員の役割を学んだら、とてもじゃないが引き受けられない、依頼できないがく〜(落胆した顔)なんてことになるのではないかと心配したのですが、参加者のみなさんは、自団体に足りない部分を確認できてよかった、とおっしゃっていました。団体への愛情や熱意を感じます。団体の継続に向けて、よりよい活動に向けて、運営を振り返ってみるきっかけになったのではないかと思います。

るんるん組織評価制度について
非営利組織評価センターでは、組織がしっかりしていることを、第三者機関が認めるというNPOのための新しい組織評価制度を進めていらっしゃいます。
どのようなことができているとしっかりしているのか、さまざまな指標があります。クリアすることで、団体の信頼性がアップするとともに、団体の自信にもつながります。
また、評価の過程で、団体内で何度も話し合いを繰り返し、団体運営について外部へ説明できるようになることで、事務局や役員自身の力もつき、さらに組織基盤が強化されます。
まずは現状のままふらふら評価を受けてみませんか?
くわしくはこちらをご覧ください。


団体を動かしまとめていく原動力や力学についての難しいお話でしたが、講師のお話は、とても分かりやすく、また、セミナー資料には参照ソースが多数掲載されていましたexclamationまずはじっくりと読み込んでみたいです。講師の山田先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。
posted by ほしちゃん at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから報告

2021年10月06日

【あいかさねっと取材報告】NPO法人大路小路まち・ひとづくりネットワーク「キャンドル点灯ボランティア」

センタースタッフ中野です。

今回は、秋晴れの10月2日土曜日、NPO法人大路小路まち・ひとづくりネットワークさんのボランティア活動の様子を取材させていただきました。

やっとコロナの緊急対策期間が明け、開催日数は半分になってしまいましたが、今年も山口市香山公園で開催された「山口ゆらめき回廊」。

今回のボランティア活動内容は、会場内でのキャンドル設置・点火・消灯です。
この日は、およそ30名のボランティアの方が集い、瑠璃光寺周辺にキャンドルを灯してくれました。あいかさねっとからの参加も2人いらっしゃいました。
留学生やYICの学生さん、ガールスカウトの子ども達の姿も見られ、久しぶりに集まれたせいか、みなさんとても楽しそうでしたよ。
点火中.jpeg
準備ガールスカウト大人.jpeg

キャンドルは水に浮かんでいて、どうやって消すのかを外国人の方も興味深そうに主催団体の河野さんに質問していました。(横にカップを揺らして水で消すそうです。)蝋燭は毎年、瑠璃光寺に寄贈されているとのこと。「まとめられて、大きな蝋燭になるのかな。」と、河野さん。
火を消す外国人達.jpeg

来年も、この綺麗なゆらめく灯に励まされたいですね。
ボランティアに参加された皆さん、お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)
夜の光景.jpeg
posted by ほしちゃん at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | あいかさねっと

2021年09月10日

【ご案内】NPO事務局 学びの教室 理事の役割・監事の役割(全2回)

「NPO事務局 学びの教室 理事の役割・監事の役割(全2回)」の開催について、ご案内いたします。

今回はテーマに「理事・監事」を取り上げます。
理事や監事はどんなことをしなければならないのか、それはなぜなのか、役割を果たさないとどんなことになってしまうのか、など責任や義務、権限について学びます。

組織の方向性を決めるのは理事、それを見守るのは監事です。
役員は、その団体の大きな推進力です。
その役割をよく知らないまま引き受けてしまった!という方はいらっしゃいませんか??
どんな方に役員をお願いしたらいいのか悩んでいらっしゃる団体はいらっしゃいませんか?

るんるんこんな団体におすすめ!
□同じ人が長く理事や監事をしている
□新しく就任した役員がいる
□理事・監事の役割を知りたい
□よくわからないまま役員を引き受けてしまった
□義務の見直し業務チェックをしてみたい

今後のよりよい事業や活動のために、団体運営を振りかえってみましょう。
コロナ禍の今こそ、団体運営を見直すチャンスです。
みなさまのご参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------------
日時:2回に分けて開催
2021年10月 7日(木)13:30〜15:30 理事編
2021年10月14日(木)13:30〜15:30 監事編

講師:山田泰久さん(一財)非営利組織評価センター業務執行理事
<講師プロフィール>
群馬県高崎市出身、慶應義塾大学文学部卒(フランス文学専攻)。
1996年日本財団に入会。
2009年から公益コミュニティサイト「CANPAN」の担当になり、NPO×情報発信、助成金、IT活用、寄付をテーマに様々なNPO支援の活動に取り組む。
2016年4月、(一財)非営利組織評価センター(JCNE)の設立とともに、業務執行理事に就任し、非営利組織の組織評価・認証制度の普及にも取り組んでいる。

参加料:無料
対象者:非営利組織(NPO法人、任意団体など)の理事・監事、事務局長、会計担当者など
定 員:オンライン参加(zoom)
申込み:メール、FAX、申込フォーム 
※メールの件名は「10/7(10/14)学びの教室参加申込」としてください。

詳しくはこちらをご覧ください。
posted by ほしちゃん at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから告知・PR

【報告】学びの教室 会計編「日常の会計処理」

朝夕は涼しくなってきましたね。みなさん、いかがお過ごしですか?
先月末、「NPO事務局 学びの教室 会計編」を開催しましたので、ご報告いたします。

------------------------------------------------------------
開催日:2021年8月27日(金)13:30〜16:00
場 所:オンライン(Zoom)
参加者:21名(20団体)
講 師:荻野俊子さん(NPO会計支援センター 代表)
------------------------------------------------------------

会計知識がまったくない人が会計を担当していたり、団体のお財布という意識がないために決算時に慌ててしまう団体も多いことから、NPOの会計の役割を理解し、現金出納帳をつけることができることを目指して、会計担当者の仕事や帳簿のつけ方について学びました。

≪日常の会計処理≫
・科目とは
・按分とは
・日々のお金の管理について

るんるん気づき
・会計報告の目的について考えたことで、会計の基本が分かったという意見が多かった。
・現金管理に悩んでいる団体が多かった。地道に記帳し、現金を毎日合わせることの積み重ねが大切だということを理解できた。
・勘定科目と表示科目の使い分け、事業費/管理費の按分比率についてなど、団体の方針は担当者ひとりで決めるものではないが、そのための話し合いができにくい団体もある。
・それは、担当者と役員との関係、団体の雰囲気、居心地、雇用形態などとも関係が深い。団体活動や運営に関する関心、個々人のモチベーションの差もある。

るんるん参加者の感想(参加者アンケートより)
・あらためて基礎の会計について聴くことができてよかった。
・現金管理について、おろそかにしてはいけないと肝に銘じた。
・説明の仕方が丁寧で判りやすかった。

参加団体は、大小さまざまな規模でしたので、個別に質問が出ることを予想して、1時間程度、質問の時間を設けていました。思いのほか質問は出ませんでしたが、阪神淡路大震災時から長くNPOの会計支援に携わっておられる荻野先生に、直接、当時の様子や先生ご自身の経験をお尋ねすることができました。会計担当者がひとりで悩むことのないよう、周りのスタッフや役員に求められる役割は大きいのだと改めて考えさせられる大変貴重な時間となりました。

るんるん次回のご案内
ガバナンスをテーマとして「理事・監事の役割」について取り上げ、組織評価について学ぶことで、悩みが言い出しやすい、思いを共有しやすい、ミスに気づきやすい体制について考えるきっかけとしたいと考えています。団体から複数名でのご参加をお待ちしています。

日時:2021年10月 7日(木)13:30〜15:30 理事編
   2021年10月14日(木)13:30〜15:30 監事編

詳しくは、こちらをご覧ください。
posted by ほしちゃん at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから報告

2021年08月28日

インターン最終日〜インターンを通して学んだこと。感謝を込めて。〜

いよいよやまぐち県民活動支援センターでのインターンシップ最終日を迎えました。
山口県立大学のUです。

まず、本日の活動について。始めに、ボランティアについて何を思うか、どんな情報があればボランティアに行きやすくなるかについて、センターの方とインターン生とで情報交換を行いました。最終的には、情報発信を行っていて、気になったときにすぐ調べられることが今の時代求められているということを確認できました。
次に、県民活動支援センターにSDGsについての資料紹介コーナーを作る活動を、各々役割分担をして進めていきました。私は資料のリスト紹介を作成しましたが、「このコーナーを見る対象者は誰か」を考えながら、言葉選びや見やすい表の作り方を模索しつづける活動でした。「他者の視点に立つ」ことの難しさを感じつつも、なんとか全員で完成までたどり着けたので、ぜひコーナーがたくさんの方の目にとまってくださると嬉しく思います。

最後に、今回のインターンシップを通してたくさんの学びをいただきました。県民活動・NPOについてはもちろん、地域の課題に目を向けるための方法や情報や資料の取り扱い方、そして「生理の貧困」という大きな問題について、一つ一つ意見交換をしながら学んでいく中で、新たな発見や視点の広がりを実感できました。また、人を支援する活動をする姿勢・考え方についても感じ取ることができ、私にとってとても大切な5日間となりました。

まだまだコロナ禍の大変な情勢の中、インターンシップを受け入れて下さったやまぐち県民活動支援センターの皆様、NPOの活動について教えて下さった船崎さん・小西さんに心から感謝申し上げます。本当に貴重な経験をありがとうございました!!
そして、今回のインターンで学んだ機会を活かして、特に「生理の貧困」について、他のインターン生とともに大学で活動を進めていくことになったので、皆さん、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

リスト作成中mage2.jpeg

posted by ほしちゃん at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記