• もっと見る
山口県内活動団体のブログ
(山口県県民活動スーパーネットに登録されてる団体のみ)
※ブログを開設している団体は、センターまでお知らせください!

2022年10月04日

【報告】学びの教室 労務編「はじめてのNPO法人労務〜雇い入れから解雇まで〜」

「学びの教室」では、7月の「会計編」に続き、9月は「労務編」を開催しました。
--------------------------------------------------------
日時:2022年9月15日(木)13:30〜16:30
場所:オンライン(Zoom)
内容:はじめてのNPO法人労務〜雇い入れから退職までの労務管理〜
講師:平塚綾子さん(特定社会保険労務士)
参加者:23人(NPO法人10団体、任意団体3、中間支援1、行政1、その他1)
--------------------------------------------------------
「学びの教室」では、NPOのみなさんのつまづきやすい点を取り上げてテーマごとに学びを深めています。労務に関してつまづきやすい点には、

・うちはNPOだから労務関係ない
・理事長の保険加入はどうしたらいいの

といったものがあります。
この誤解や疑問の解消を図りたいと思って企画した今回の労務編。
講義のはじめに「労働の世界にNPOの特例はありません。この点をまずは押さえて」と講師が強調されたことで、はっとした参加者が多かったようです。

NPOには、さまざまな働き方・関わり方があります。そのため、各人に個別具体的に対応ができるようになるためには、まずは、労務の考え方や原則というものを理解することが大事。今回の講義では、労務に関する法制上のツボと実務上のコツを、わかりやすく教えていただきました。
労働者とは? から始まって、労務に必要なことを順番に説明。NPOが成長していく過程で、都度必要となってくる労務管理について、具体的な例でお話くださり、大変わかりやすいexclamationと大好評でした。

小規模なNPOでは、会計も労務もすべて1人でやってます、といった1人事務局も多いですが、雇用する前の準備もとても大切だと改めて感じました。
・賃金を支払いつづけられるのか
・労務管理を担う人がいるのか(労働時間の把握や有給休暇管理など) など
今後、兼業・副業が増えていくことを考えると、なおさらです。

また、法制度の変更も多く、対応も大変です。
最近の法改正としては、
最低賃金アップ
雇用保険料率アップ(賃金計算に注意)
意識的な情報収集を心がけたいですね。

参加者のみなさんには、それぞれ、研修に参加した理由や動機づけがあるはずです。普段やっていることを確認できた方わーい(嬉しい顔)、このままではマズイっがく〜(落胆した顔)と焦り始めた方、さまざまあったようですが、それぞれ内容にはとても満足をされており、大変うれしく思いました。

「こんな時はどうするのだろう?」と悩まれたら、まずはセンターにご連絡ください。
専門家におつなぎすることもできます。
県民活動 定例相談会
ご一緒に考えたり、調べたり、お力添えできればうれしく思います。

*****************************************
アンケートより
・とてもわかりやすい説明だった。
・できていないことが多くあった。
・団体の成長に合わせてやることがある。
・黙示の残業、ハラスメント、テレワークでのメンタルヘルスケアの必要性なども大変参考になりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回は「役員編」を予定しています。
詳細が決まり次第、またご案内いたします。
役員の人件費の支払について整理したいとお考えの方は、ぜひご参加ください。
posted by ほしちゃん at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから報告

2022年09月21日

【あいかさねっと取材報告】NPO法人大路小路まち・ひとづくりネットワーク「キャンドル点灯ボランティア」

9月17日土曜日、NPO法人大路小路まち・ひとづくりネットワークさんのボランティア活動の様子を取材させていただきました。

山口の誇る、国宝瑠璃光寺五重塔。
ライトアップされた五重塔をさらに幻想的な風景へと演出する1000個のキャンドルの灯り。
そのキャンドルの設置・点灯、キャンドルの消灯をボランティアのみなさんと一緒にされています。
台風接近もあり、お天気に不安が残る中の準備でいろんな方々のご心配があったと思います。

ですが、無事雨に泣かされることもなく残暑の残る暑い中の準備となりました!
この日は、約40名のボランティアさんのお手伝いのもと設置・点灯の準備をしました。
ボランティアさんの中には、「あいかさねっと」から3名の申込みの方がいらっしゃり嬉しかったです。
ボーイスカウトの子どもたちから大学生6名、そして社会人までと幅広い年齢のみなさんが力を合わせて準備に取り組まれていました。
遠くは、光市からの参加の方もいらっしゃいました。

説明を受けたあと、グループにわかれて活動開始です。

image5 (1).jpeg
まずは、キャンドルを浮かべるカップを並べます。

image4 (1).jpeg
カップが並んだところから、カップにお水を入れます。
広い公園内を2リットルのペットボトルにお水を入れてまわります。

お水が入ったら、キャンドルがぬれないようにそーっと浮かべて…
image6 (1).jpeg

image2 (1).jpeg
いよいよ点灯です!

image1 (1).jpeg

完成した園内を歩きながら心地よい疲労感と達成感に包まれました。

image0 (1).jpeg

ゆらめき回廊にこられた方たちの「綺麗ー!」という感嘆の声にわたしまでうれしくなりました。
ボランティアのみなさん、NPO法人大路小路まち・ひとづくりネットワークさんお疲れさまでした!
みなさんのおかげで幻想的な風景に癒されました。

次回の山口ゆらめき回廊は、9月24日土曜日開催です。

posted by ほしちゃん at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | あいかさねっと

2022年09月07日

最終日が終わりました

宇部フロンティア大学のNです。

最終日のスケジュールと感想です。

9時ごろ NPO法人について調べた内容を発表するための準備をしました。私はパワーポイントを使っての発表なので、パソコン画面を見ながら心の中でリハーサルをしていました。白地図も完成させました。
10時15分ごろ 2番目に発表しました。他の人の発表を見て自分の発表の改善点に気が付きました。

IMG_1788.jpg
11時半ごろ 発表についてフィードバックを受けたり、感想を話したりしました。また、仕事の進めるための姿勢などについて詳しく教えていただきました。単に自分のスライドがどうこうといった表面の部分の振り返りだけでなく、課題に取り組むための心構えについて学ぶことができました。
13時ごろ ライフスタイル協同組合の代表理事の方からNPOやボランティアの活動事例のお話を伺うことができました。小さなチャンスや小さな意見を簡単に手放さないことが重要なのだと感じました。
14時20分ごろ アイスブレイクとして2種類のグループワークをしました。1つ目は漢字に関するゲームでした。2つ目は新聞紙タワーを作るワークでした。全員が何らかの役割をもって目標を達成できたことが良かったです。また、1人よりも多人数で作業をすることで、より大きな結果を得られると気づくことができました。
15時15分ごろ 寄付についての講義を受けました。私が意識していなかっただけで、身の回りには多くの社会貢献の機会があることが分かりました。

この5日間でやまぐち県民活動支援センターさんのことだけでなく、NPO法人やボランティア、地域コミュニティについて多くのことを学ぶことができました。今日までの5日間ありがとうございました。
posted by ほしちゃん at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

インターンシップ最終日

tです。今日が5日目、インターンの最終日でした。本当にお世話になりました。

午前は気になるNPO法人を一つまとめたものの発表を行いました。他のインターン生の発表も聞き、様々な種類のNPO法人について詳しく知ることが出来ました。また、発表後にフィードバックをいただいたり、他の発表を聞く中で自分に足りなかった点や、改善できる事点を見つけることが出来ました。この反省をこれからの発表やプレゼンの場で活かしていきたいと思います。
午後は、船崎さんから自身のキャリアや多様な活動内容、寄付の教室についてお話を頂きました。私はまだ自分の将来について具体的には決まっていないのですが、自分のキャリアについて、やりたい事を伝える、興味のあるワークショップに参加するなどしてチャンスを逃さない事が大切だと学びました。また、アイスブレイクで行ったグループワークでは、一人では出来ない事を協力すれば達成できる事に気づかされ、県民活動においても、それぞれの得意分野を活かし、多様な人々が協力して一つの目標に取り組んでいる事も分かりました。
寄付の教室では、私にもできる様な、社会貢献商品の購入やヘアドネーションなど、身近な事から社会貢献が可能である事を知り、何か自分にも出来ることを探して、積極的に実践してみようと思うようになりました。

IMG_1794.jpg

このインターンで、NPO法人や県民活動支援に関して初めて知る事が多く、様々なお話を聞いて新しい視点が生まれたり、自分の生活を改めて考えさせられる貴重な機会となりました。
今回のインターンシップで本当に濃い期間を過ごすことが出来ました。学んだことをこれからの生活や、大学での学びに活用していければと思います。やまぐち県民活動支援センターの皆様、この様な機会を与えてくださり、ありがとうございました。

posted by ほしちゃん at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

インターンシップ最終日

こんにちは。山口芸術短期大学1年のMです。
5日間のインターンシップも今日で最終日となりました。

 今日の午前は、発表の準備と発表を行いました。皆さんの発表を見てすごく多くの気づきを得ることができました。調べた内容に対して自分なりに考察していたり、グラフなどを使った見やすいスライドなど、参考にしたい部分がすごくありました。また、仕事の現場でのプレゼンの場合、目的の相違が無いように最初に明確にしておく必要があるとわかりました。発表者側だけではなく、聞き手側も自分なりに考えたり、うなづいたりするなどの聞く姿勢が大切であることが分かりました。今後プレゼンがあった際に生かしたいと思いました。
 午後は、「寄付の教室セミナー」がありました。お話を聞いたり、グループワークを行ったりしました。船崎さんのお話を聞く前は、社会貢献に対して身近に感じることはないと思っていたのですが、英語を勉強する、自動販売機でジュースを買う、走るなどの自分でもできそうなことでも社会貢献につながっているのだと知り、身近に存在しているのだと感じました。具体的な活動内容を紹介していただいて、私も参加してみたいと思いました。また、新聞紙でタワーを10分以内に4人でつくるという作業をしたのですが、一人ではなくみんなで考えることで、新たな視点やアイデアが生まれるきっかけになったり、より良い結果につながっていくということがすごく印象に残った体験でした。特に仕事場においては、個人よりもチームで活動することが多いと思うので、今回学んだことを活かしたいと思いました。

IMG_1799.jpg
 この5日間のインターンシップを通して、多くの学びや気づきを得ることができました。県民活動支援センターさんはどのような活動をされているのか、NPO法人団体やボランティアなどについて詳しく教えていただいて、初めて知ることが多かったので自分にとって新しい世界が広がったと思います。
 センター長をはじめ、インターンシップに携わっていただいたスタッフの皆様、講師の方々、本当にお世話になりました。いつも明るく優しく接してくださり、学びながら楽しく過ごすことができました。また、一緒に活動したメンバーは本当に尊敬する部分が多くあり、様々な考え方などを知ることができました。お世話になりました。毎日貴重な体験をさせていただいて、とても充実した5日間でした。今回のインターンシップでの学びをこれからの学校生活、将来に活かすとともに、ボランティアなどに参加し、社会貢献に関わっていきたいと思います。
posted by ほしちゃん at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記