CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口県内活動団体のブログ
(山口県県民活動スーパーネットに登録されてる団体のみ)
※ブログを開設している団体は、センターまでお知らせください!

2021年02月28日

インターンシップ5日間 〜様々な支援活動の在り方について考えさせられた5日目〜

山口大学2年の大野七海です。

今日は、インターンシップ最終日でした。
寄付や社会的投資に関するビデオを視聴し、大判用紙に整理しながら内容をまとめました。
現在のコロナ禍の中で、今まで以上に「お金」や「善意」の流れというものが
注目されていると思います。
それらの流れの中で、寄付活動というものについて今回深く考える良い機会になりました。
寄付活動において、寄付をする側と寄付活動を行う団体側それぞれの意識の関係について
特に考えさせられました。

寄付したお金がどのように使われているのか、どのような活動を行っている団体なのかなど、
お互いに信頼や共感がうまれないと支援にはつながりにくいと感じました。
また、共感と聞くと非常に良いイメージを持つことが多いですが、
支援活動における共感についてはもっと深い意味があると思います。
共感には少なからず人それぞれの気持ちや考えが影響しているため、
支援活動に対して自分自身が共感して実際に支援を行いたいと思うまでには、
非常に長い時間がかかると感じました。
自分がどのような活動に興味を持って、自分がどのような形で支援を行うことができるのかということを考えるところから、支援は始まっていると思いました。

今回5日間のインターンシップを終えて、
今までより「働く」ということを身近に感じることができました。
非常に多くの業務があり大変な部分もあるとは思いますが、
県民の皆さんを様々な形で支援することができるやまぐち県民活動支援センターの仕事は非常に魅力的だと感じました。
山口県内の1人の県民として今回業務を体験させていただいた時間は非常に貴重で、
これからもいろいろなことを体験していきたいです。
posted by ほしちゃん at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

インターンシップ最終日~寄付について~

山口大学のOです。今日はインターンシップ最終日でした。

今日は、寄付について勉強しました。
SNSの活用によって寄付のやり方が多様になっているが、
その分、多くの寄付の情報に触れる中で、どの団体に寄付するべきか
慎重に考える力が大切だと感じました。
有名な団体だけでなく、他にもどのような団体があるのか調べて、
積極的な姿勢で寄付を行う人が増えたら良いなと思いました。
また、寄付をすることで、相手を幸せにすることができ、
幸福が長続きするという話が印象に残りました。
人とのつながりが希薄になっている今、寄付という形で
人とつながるのは一つの社会とのつながりをつくる方法だと思います。

インターンシップを通して、NPO法人やボランティアについて
詳しくなることができたと思います。
また、山口県内にたくさんのNPO団体やボランティア団体が
あることを知ることができたのは、貴重な経験でした。
これを機に、自分に何かできる活動はないか考えて、
行動できるようにしたいと思います。

5日間、有意義な時間を過ごせて良かったです。
posted by ほしちゃん at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

2021年02月27日

インターン4日目~ボランティアやCSRについて~

 山口大学のOです。今日は、インターンシップ4日目でした。
 ボランティアについて教えていただき、ボランティアは楽しんで活動することやほっとけないという精神が大切というお話が印象に残りました。ボランティアが阪神淡路大震災で注目されて、NPO法が成立するきっかけになったという事実は初めて知りました。行政は公平性を重視するため平等さが求められる中、ボランティアが好きなことをして行政の隙間をうめることができるというお話は、印象的でした。
 CSRについては、言葉自体は聞いたことはありましたが、詳しくは知りませんでした。企業が生き残るためにはCSR活動は必要で、資金のある大企業だけの果たすべき責任という訳ではないというお話が印象に残りました。企業のCSR活動について調べて、積極的にCSR活動に取り組んでいる企業の商品を買おうと思います。
 明日はインターンシップ最終日です。ラスト1日もNPO法人やボランティアなどについてしっかり勉強したいと思います。
posted by ほしちゃん at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

インターンシップ5日間 〜自分の好きなことを支援につなげる素晴らしさを感じた4日目〜

 山口大学2年の大野七海です。
 インターンシップ4日目では、書類の校正を行い、NPOやボランティア活動について職員の方々とお話をさせていただきました。
 書類の校正作業は今回初めて体験させていただいたのですが、1つの書類が完成させるためには何度も確認が必要で、非常に長い時間がかかっているのだなと思いました。書類には非常に多くの重要な情報が掲載されているため、校正作業は間違いの許されない責任感のある業務であると感じました。
 職員の方々とNPOやボランティア活動についてお話をさせていただいた際には、自分自身の中でそれらの活動に対する新しい発見が多くありました。今まで、NPOの活動やボランティア活動に参加させていただくたことはあったのですが、今回のお話を通して実際にそれらの活動が与える影響や効果について深く考えることができました。特にお話の中であった「好きなことをボランティアに」という言葉は印象に残っています。自分の好きなことを通して、ボランティア活動を行う側は自分自身の居場所を感じることができ、支援を受ける側は自分のことを考えてくれる存在に気付くことができると思います。NPOやボランティア活動を通してうまれる良い影響や効果は数多くあると感じました。
 明日は、インターンシップ最終日になりますが、時間いっぱい多くのことを学んでいきたいと思います。
posted by ほしちゃん at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記

2021年02月26日

インターン3日目~一般社団法人やNPO法人について~

 今日は、NPO法人について学ぶゲームをしました。
一般社団法人とNPO法人の違いについて、必要な資金や手続きに違いがあることを初めて知りました。また、任意団体として活動するという選択肢があることも印象的でした。目的や規模に応じて、どういう団体として活動していくのかが変わってくるのだと思います。団体として活動するためには、仲間の存在が必要で、カフェでの友人との何気ない会話からアイデアが生まれることがあるというお話も印象に残りました。
 また、NPO法人を運営していくためには、事務力・事業力や共感・信頼などの様々な要素が必要だということを知りました。他に、NPO法人の最終的なゴールが解散だということは企業との大きな違いだと思いました。
 明日以降、インターンシップ後半になります。この機会に、自分の身の回りで活動しているボランティア団体について調べてみたいと思います。
posted by ほしちゃん at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターン日記