CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

最後の年を「悔いなく」 [2020年05月04日(Mon)]

20200504-Hokuroku.jpg


北鹿新聞より。
慶應義塾体育会野球部で活躍する佐藤宏樹選手の記事が掲載されています。
令和2年度「定時総会」・「懇親会」延期のお知らせ [2020年04月19日(Sun)]

20200419-Hokuroku.jpg


令和2年度大館鳳鳴高等学校鳳鳴会「定時総会」・「懇親会」の開催につきまして、
延期が決まりました。

お問い合わせは、鳳鳴会事務局または大館鳳鳴高等学校事務室までお願い致します。

齊藤監督異動によせて [2020年03月28日(Sat)]

Homei-Bench-1.jpg


大館鳳鳴野球部で長年指導された齊藤広樹監督の異動が発表されました。

ご存じの方も多いと思いますが、齊藤監督は就任1年目に夏の秋田大会ベスト4、2年目の2008年夏の秋田大会では準優勝と素晴らしい結果を残されました。その後もチームを育て2011年には21紀枠で選抜出場を果たし、大館鳳鳴の甲子園出場が夢から現実のものとなりました。我々大館鳳鳴41期生(42期、43期)も大いに盛り上がったことをついこの間のことのように思い出されます。

13年間の思い出は数多く、改めて振り返りたいと思いますが、大館鳳鳴野球部をこよなく愛する方から齊藤監督へ贈る言葉を預かりましたのでご紹介します。

2011-Senbatsu.jpg


2016-Chapionship.jpg


【鳳鳴43期マン君から】
「感謝状 〜斎藤広樹監督へ〜

2007年、母校鳳鳴、夏の準決勝、ネット中継の秋高戦で、初めてあなたの姿を見ました。秋田高校で甲子園出場経験がある方と聞き、未来への期待に胸が膨らみました。
そして翌年夏の決勝進出「これに勝てば甲子園!」ドキドキしながら声援を送ったこまちスタジアム。人生で一番アツかった、興奮した、そして残念だった、忘れられない1日です。

2011年1月、歓喜に沸いたセンバツ出場。そして3月、震災により応援団は少なくなってしまいましたが、甲子園のアルプスから見た、後輩たちが鳳鳴のユニフォームを着て甲子園で躍動する姿、本当に感動し、我々OBにとっては一生の宝物です。
以前、甲子園は鳳鳴にとって遠い存在でしたが、齊藤監督の就任以来、それは夢ではなく、手が届く、よりリアルな物になりました。全ては齊藤監督のおかげです!

この13年間、齊藤監督が毎日声をかけ、鼓舞し、鍛えあげた選手たちに私たちOBがどれだけ勇気と元気をもらったことか。
何度か鳳鳴グラウンドや東京鳳鳴会でお会いした際、その都度、感謝の気持ちをお伝えしてきましたが、最後に勝手にOBを代表してまた言わせてください。
たくさんのよい時間を、ワクワクを、ありがとうございました!

今、監督が目の前にいたら「ひろき、本当にありがとう」と、背骨が折れるほど抱き締めたい気持ちでいっぱいですが、恐らく監督にそっちの趣味はないと思うのでやめときます笑
抱き締めることはできませんが、遠く関東より齊藤監督への感謝、今後の更なるご活躍を心から願っております。
そして由利高校と鳳鳴が2008年夏のように、こまちスタジアムで、アツい戦いを繰り広げる日が来ることを楽しみにしております。

本当に楽しい13年間でした。よい時間をありがとうございました!
勝手にOB代表 鳳鳴43期マン」

新年度もご指導いただけると楽しみにしておりましたので残念でなりませんが、
またお目にかかれる日を大館鳳鳴生とともに楽しみにしております。

202003-Homei-9.jpg

※関係者提供
大学ドラフト候補特集記事にて [2020年03月24日(Tue)]

2020200323-Nikkan.jpg

日刊スポーツより。

2020年大学ドラフト候補として、慶應義塾体育会野球部の佐藤宏樹選手が紹介されています。
怪我から復活した本格左腕の活躍が楽しみ。
故郷大館の友人の思いを乗せてプロの舞台へ!!
Keio-Sato-Hiroki.jpg

※郡司ファンさん提供

※なお、記事中に高3春に金足農との対戦とありますが、これは初戦の秋田工業ではないでしょうか。
佐藤宏樹選手、浅田大輝選手の継投で大館鳳鳴8−0秋田工業(7回コールド)と勝利を収めております。
みちのく高校球児の進路特集記事にて [2020年03月19日(Thu)]

20200318-Nikkan.jpg

日刊スポーツより。

この春卒業した東北6県の高校球児たちの進路特集記事が掲載され、
大館鳳鳴野球部から杉原嵐君、栗山穣君、木村泰朗君、田村大地君の4名が紹介されました。

ここに紹介された選手もさることながら、これから進路が決まる選手も含め
卒業生のさらなる飛躍を願っております。

Sugihara-Arashi-1.jpg


Kuriyama-Joe-1.jpg


Kimura-Taira-1.jpg


Homei-9.jpg









ご卒業おめでとうございます。 [2020年03月04日(Wed)]

3月1日(日)、秋田県立大館鳳鳴高等学校卒業式が挙行されました。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、秋田県の感染予防対策方針に従い卒業生、教職員、送辞担当の在校生のみが参加する異例の形となりました。

大館鳳鳴野球部3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
新たな門出に際し、更なる飛躍と今後のご活躍をお祈りしております。
恒例のワッショイ実現は叶いませんでしたが、それぞれ新たな環境で活躍し、新型コロナウイルスにリベンジしましょう。
春季大会でお待ちしています!!

20200228-Hokuroku-r0.jpg


【投手陣】
2020-Graduation-Arashi&Sena.jpg



【入団会見】
2020-Graduation-Homei9-Draft.jpg


2020-Graduation-Sato-Itta.jpg


2020-Graduation-Tanaka-Konan.jpg


2020-Graduation-Tamura-Daichi.jpg


2020-Graduation-Fujimori-Masaki.jpg


2020-Graduation-Homei9.jpg


2020-Graduation-Homei9-1.jpg


Homei-9-MG.jpg


Homei-9-1.jpg

※関係者提供
「第15回 鳳凰山の下に」が開催されました。 [2020年01月18日(Sat)]

20200114ーHokuroku.jpg


北鹿新聞より。

大館鳳鳴応援団による演舞会「鳳凰山の下に」が開催されました。
令和初の演舞会も伝統の「バンカラスタイル」で応援団が躍動。
野球部員と共に歌やダンスを披露し会場を盛り上げました。

演目:第1部
(1) 校歌
(2) 必勝演舞
(3) 早稲田コンバットマーチ
(4) 鳳凰山の烈風
(5) 学院演舞
(6) チア曲メドレー
(7) チャンス鳳鳴
(8) 臥薪嘗胆
(9) 東大ビクトリーマーチ
(10)勝利の翼
(11)見よや血踊る
(12)野球応援

  第2部
(1) 勝てや勝て勝て
(2) 明大メドレー
(3) 激励歌
(4) 大東演舞
(5) 立教演舞
(6) 鳳鳴若人の歌
(7) 応援曲鳳鳴
(8) ダッシュKEIO
(9) 校歌
先輩たちによる課外授業2019(野球部OB) [2019年12月31日(Tue)]

今年もOBの皆さんより課外授業を行っていただきました。
来年は佐藤宏樹選手(慶応義塾大学)や花田滝選手(青森中央学院大学)を始め、硬式・軟式・準硬式問わず活躍を期待される大学生や社会人選手が多く、今から球春到来を待ち望んでいます。
今後一層のご活躍をお祈りいたします。

201912-Homei-OB-1.jpg
大館鳳鳴高校野球部 東京OB会が開催されました。(43期マン参戦記) [2019年12月29日(Sun)]

去る2019年12月7日(土)東京有楽町にて「大館鳳鳴高校野球部 東京OB会」が開催されました!

菊地靖孝OB会長、齋藤誠治元監督、佐藤俊明元監督、奥村渉元コーチ、齊藤広樹現監督などそうそうたる歴代監督・コーチをはじめ、総勢約30名のOBが参加。

私43期マンも2年ぶり2回目の参戦。久しぶりの校歌、見よや血踊る、打てば勝つの3連発も、口パクでごまかすことなく、皆さんと気持ちよく歌いきり、充実の1日でした。

次回はまた2年後に開催の予定ですが、

ひょっとして…佐藤宏樹君のドラフト指名

ひょっとして…大館鳳鳴夏の甲子園出場

があれば、2020にも臨時会を開催しよう!と、盛り上がってお別れをした1日でした。

2020臨時会の開催を強く願っております!

2019-Homei-Tokyo-1_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-2_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-3_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-4_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-5_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-6_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-7_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-9_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-10_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-11_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-12_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-13_R.jpg


2019-Homei-Tokyo-14_R.jpg

令和元年度 北海道・東北地区高校野球1年生交流戦 備忘録 [2019年11月25日(Mon)]

Game-Set.jpg


令和初の決勝戦は、聖光学院が弘前聖愛に勝利。昨年に続き連覇を果たしました。

【最終日】
決勝戦:弘前聖愛6−11X聖光学院
弘前聖愛|101|100|003|6
聖光学院|050|300|12X|11

【第2日目】
第1試合:大館鳳鳴3−4X聖光学院

第2試合:久慈8−1山形中央

準決勝1:駒大苫小牧7−8弘前聖愛
※10回タイブレーク

準決勝2:久慈2−6X聖光学院

【第1日目】
第1試合:大館桂桜4−5弘前聖愛


Homei-1.jpg


Homei-2.jpg


Homei-3.jpg
| 次へ