• もっと見る

<< 2023年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2014-Kotesu-Tsukuba.jpg
第26回大館トーナメント大会開幕 [2023年10月15日(Sun)]

大館トーナメント大会が今年も開催。
岩手県立大学ー八戸工業大学を皮切りに熱戦が始まりました。

昨年は、富士大学が2連覇中の八戸学院大学に勝利し3大会振りの優勝。
同大学の第21回大会以来の連覇なるか。

大館鳳鳴卒業生は、岩手大学4年生の田村大地選手が秋季リーグ戦を最後に引退する一方で
看護福祉大学や秋田大学に今春から新戦力が加入。
上級生も打撃や守備の中心を担うようになり、来季の活躍が期待されます。


大館鳳鳴卒業生の所属大学は下記の通り。

【秋田看護福祉大学】
 〇武田 尚也(3年)
 〇中嶋 翔希(2年)
 〇佐々木 柊斗(1年)

【秋田大学】
 〇高橋 大翔(2年)
 〇若狭 ひなた(2年)
 〇木村 拳士(1年)
 〇嶋田 青空(1年)

【岩手大学】
 〇田村 大地(4年→引退)

【富士大学】
 〇村山 勇斗(2年)

【青森中央学院大学】
 〇片岡 喜翔(2年)

Akita-Univ-R.jpg


Kimura-1.jpg


Shimada-1.jpg


Takahashi-1.jpg


Kataoka-1.jpg


TEAM-HOMEI-R.jpg
第105回全国高等学校野球選手権記念秋田大会 (秋田高専戦)備忘録 [2023年07月14日(Fri)]

20230714-Hokuroku-r.jpg


北鹿新聞より。
第105回全国高等学校野球選手権記念秋田大会 初戦(新屋戦)備忘録 [2023年07月10日(Mon)]

20230709-Hokuroku-r.jpg


北鹿新聞より。
つかめ甲子園(大館鳳鳴) 備忘録 [2023年07月07日(Fri)]

20230703-Hokuroku-r.jpg


北鹿新聞より
第71回春季東北地区高等学校野球秋田県大会 初戦(新屋戦)備忘録 [2023年05月11日(Thu)]

20230510-Hokuroku-R.jpg


北鹿新聞より。
ご卒業おめでとうございます [2023年03月03日(Fri)]

20230301-Graduation-1.jpg

※関係者提供

3月1日(水)、秋田県立大館鳳鳴高等学校卒業式が挙行されました。
昨年に引き続き新型コロナウイルス感染予防対策を行った上で参加人数を制限したものの、今年は入退場時と壇上のあいさつ時は卒業生のマスクなしとして式を挙行。普通科・理数科合わせて197名の卒業生を送り出しました。

20230301-Graduation-4.JPEG


20230301-Graduation-2.jpg



大館鳳鳴野球部3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
新たな門出に際し、更なる飛躍と今後のご活躍をお祈りします。

今年は恒例のワッショイも4年ぶりに実現されなにより。
まずは春季大会で皆さんとの再会を楽しみにしています。


20230301-Graduation-3-.jpg


また、長年ににわたり大館鳳鳴のバス運転手を務めていただいた佐々木さんが昨秋引退されました。

活躍の場は野球部にとどまらず、運動部全般、吹奏楽と多岐にわたり支えていただいた人数は数え切れず。
誰にでも気さくに分け隔てなく話し、選手(生徒)たちの信頼も厚いと記憶しています。いつか聞いた「バスの中は選手の心模様そのもの。勝ったときはにぎやか、負けれたときは姿をみるのがつらくて...」との言葉が今も心に残っています。

私が申し上げるのもおこがましいのですが、これまでの多くの功績に敬意を表しますとともに、益々のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
ニブカワゴブアキ親子花園へ [2023年02月28日(Tue)]

20221229-20221200031-NibukawaGobuaki-1.jpg


20221229-20221200031-NibukawaGobuaki-2.jpg


20221229-20221200031-NibukawaGobuaki-3.jpg

同期の中で一二を争う骨折好きのニブカワゴブアキ君。
幼いころから息子2人をたっぷりラグビーに触れさせ、気づけばそれぞれ岩手県代表に。

このたび第102回全国高校ラグビー大会岩手県大会決勝戦で次男が出場する黒沢尻北が、26―7で黒沢尻工を下し、2年連続7度目の花園出場を決めました。

そして本番。
初戦の山形南は「東北勢対決」。攻守の歯車ががっちりかみ合い45ー0で完封勝ち。8大会ぶりの「花園1勝」を挙げる。
ニブカワゴブアキ、喜び過ぎて回らない寿司を追加発注か??

続く2回戦の黒沢尻北は、前半3分に先制トライを許す追う展開。組織的な防御で踏ん張り前半を0―5で折り返す。後半早い時間帯から追いつきたかったが4分にPG、さらに2トライを奪われリードを広げられ石見智翠館に0―20で敗れ、ベスト16入りは次回へ持ち越しとなりました。

大会は東福岡が春の選抜、夏の7人制に続く全国大会3冠達成もかかった報徳学園に勝利し、6大会ぶり7回目の優勝選手たちが躍動する姿に興奮しつつ、私個人的には黒沢尻北及川浩純校長が選手の激励のため引用したメッシの言葉「努力すれば報われる?そうじゃないだろう報われるまで努力するんだ」が心に沁みる大会でした。

ニブカワゴブアキ君、来年もお土産待ってます!!
今年は親子ともにケガしないように!!
第25回大館トーナメント大会開幕 [2022年10月15日(Sat)]

北東北大学野球連盟主催の第25回大館トーナメント大会が2年ぶりに開催。
青森大学ー秋田看護福祉大学を皮切りに熱戦が始まりました。
第24回は中止になりましたが、2019年、2020年と八戸学院大学が2連覇中。同校の3連覇なるか。

大館鳳鳴卒業生の所属大学は下記の通り。
※4年生を除く

【秋田看護福祉大学】
 〇武田 尚也(2年)
 〇中嶋 翔希(1年)

【秋田大学】
 〇高橋 大翔(1年)
 〇若狭 ひなた(1年)

【岩手大学】
 〇田村 大地(3年)

【富士大学】
 〇村山 勇斗(1年)

【青森中央学院大学】
 〇片岡 喜翔(1年)

Akita-Unv-r.jpg


Iwate-Univ-1.jpg


Acg-Univ-1.jpg


Acg-Univ-2.jpg

 
鳳鳴健児の活躍にも注目です。

第74回秋季東北地区高等学校野球秋田県大会(湯沢湘北戦) 備忘録 [2022年09月16日(Fri)]

20220913ーHokuroku-r.jpg



北鹿新聞より。
第74回秋季東北地区高等学校野球秋田県大会(五城目戦) 備忘録 [2022年09月07日(Wed)]

20220904-Hokroku-r.jpg


北鹿新聞より。

| 次へ