CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

北勢線の魅力を探る会さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
https://blog.canpan.info/hokuseisenn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hokuseisenn/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック
4/19さんごく誌「シリーズ旧街道を訪ねて」の取材協力 [2022年04月20日(Wed)]
今日はフリーペーパーさんごく誌のライター「ほそほそ」さんの
取材協力を西羽さん、土井さんと共にしました。
さんごく誌へリンク
「ほそほそ」さんの記事は20号から始まっている「シリーズ旧街道を訪ねて」です。


9時半に阿下喜駅に集合して、軽便博物館と復元阿下喜駅、桐林館を30分程度で見学して
線路沿いを車で移動し六把野井水取水口、めがね・ねじり橋、うりぼうに11時ごろたどり着き、
北大社車庫に11時半ごろという予定でしたが、

最初の軽便博物館では安藤さんが空けて待っていてくださり中を見学。また、外に展示してあるモニ226を整備されている方から説明を受け、土井さんは運転席での体験もして、最後に転車台を見学に来た保育園の子たちを写真に収め、ここだけで1時間近くかかり、復元阿下喜駅、安藤さんのまちかど博物館をみて桐林館の前を通り、11時45分ごろようやく阿下喜を離れることができました。
sCIMG0718.JPG

sCIMG0721.jpg

sCIMG0741.jpg

sCIMG0735.jpg

線路沿いを走るのはやめて、めがね橋・ねじり橋まで新道で急ぎ移動。
残念ながら北勢線は来ない時間帯でしたが、じっくりとねじり橋を堪能してもらい、めがね橋を写真に収めて次のうりぼうへ向かう。うりぼうの日紫喜さんに開設したときのいきさつや、押しの商品を説明してもらい、次の北大社車庫に向かいます。
sCIMG0743.jpg

sCIMG0745.jpg

11時〜12時の間に伺う予定でしたが、12時を過ぎてしまい、職員の方が見当たらず、先にくろがねもーちで食事をとってから、再び訪れると、今度はすぐに対応していただき電車の整備の話を伺いました。
ブレーキのことや、ヴィアティン電車の塗装やラッピングのこと、雪かきのことなど初めて聞く内容も多く、最後には三重交通カラーの電車が整備中でしたが、行先名を北大社にしていただくというサービスもあり、みんな思わすシャッターを切りました。
sCIMG0747.jpg

sCIMG0753.jpg

この後、七和の舘養蜂場を訪れ、蜂蜜へのこだわりや、蜂や蜂蜜採集のことについていろいろと教えてもらい、芳ケ崎のクロガネモチを写真に収め、大慌てで星川駅に向かい、ぎりぎりで電車に乗れました。
sCIMG0764.jpg

sCIMG0765.jpg

馬道駅で降り、両ホームのレールを使った柱を見て、JR・近鉄の跨線橋、砂利入替跡、三崎跨線橋、三崎踏切を経て西桑名駅へ到着。西羽さんと別れ、16時4分の電車で帰路につきました。
sCIMG0767.jpg

sCIMG0778.jpg

sCIMG0787.jpg

sCIMG0789.jpg

sCIMG0799.jpg

大泉駅でネモフィーラと北勢線を動画に撮り今日の一連の活動を終えました。
23日に歩くためのいい準備運動になりました。
sCIMG0805.jpg
Posted by 近藤 at 00:11
4/23第32回北勢線の魅力を探る「六把野井水と自噴井」開催 [2022年04月16日(Sat)]
コロナで延期になった北勢線沿線ウォークイベント。2年ぶりにようやく開催にこぎつけました。
2年前に申込んでいただいた方を中心に、さらに20名追加募集しています。
16日〆切としましたが、まだ余裕がありますので、開催前日まで募集いたします。

32tirasi2.png
32tirasi2.pdf

見どころ・地図
第32回六把野井水と自噴水@.pdf
第32回六把野井水と自噴水A.pdf
Posted by 近藤 at 22:57