CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2013年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新トラックバック
検索
検索語句
1998年NPO推進北海道会議を母体とし、NPO法施行を視野に設立。NPO推進北海道会議と連携しながら個別NPOのサポート、地域ネットワーク形成に取り組む。NPO共同事務所の運営開始。「NPOサポート専門家会議」を立ち上げ 全国に先駆け『よくわかるNPO実践ガイド』発行。5000部完売するほどの大好評(現在絶版)
北海道NPO被災者支援ネット設立について [2011年03月25日(Fri)]

北海道NPOサポートセンターでは、下記3団体<NPO推進北海道会議、、北海道NPOファンド(旧北海道NPO越智基金)、北海道NPOバンク>と共に、東日本大震災で被災された皆さまを支援するため、「北海道NPO被災者支援ネット」を設立し、下記の枠組みで支援体制を構築いたします。

1.団体名:北海道NPO被災者支援ネット
2.団体事務所:札幌市中央区南8条西2丁目市民活動スペース「アウ・クル」312室
3.活動開始日 2011年3月24日(木)
4.担当者 事務局長 井上秀美 スタッフ 上田神二
TEL&FAX:011−552−5900(3月31日に開通予定)
E-mail:

ホームページ:https://blog.canpan.info/hitotunagi

5.活動内容
○活動目的
被災地・被災者支援を行っているNPOを支援することにより、被災地復旧・復興、被災者の生活再建支援に寄与することを目的とします。

○具体的活動内容
1)資金支援 被災地/被災者支援を行っているNPOに北海道NPOファンドを窓口として、助成金を拠出する予定です。助成金の原資は、道内各NPOからの会費収入、寄附金収入、広告料収入を主として、北海道NPOファンドの基金も取り崩しして賄う方向で検討します。

2)被災地訪問支援 すでに道内から支援に入っているNPOの後方支援を行います。
例)岩手県三陸沿岸の被災地支援を行っているNPO法人「ねおす」の後方支援

3)被災者・避難者の北海道への受入支援を行っているNPOと連携します。
例)「北海道被災者受け入れ支援ネットワーク」(農村漁村部での受入情報提供)との連携

4)上記に係る各種情報の収集と提供を行います。

5)市民活動、行政、各種団体との連携・協働
「東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌」、「北海道学生震災支援ネットワーク(HOSUP)」などの被災者支援団体と連携を図ります。北海道、札幌市をはじめ、道内各市町村などと情報共有を図ります。
Posted by npohokkaido at 15:33 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東北地方太平洋沖地震の義援金の募集について [2011年03月15日(Tue)]

北海道NPOサポートセンターでは、2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」の被害に対して、関連団体である北海道NPOファンド(旧NPO法人北海道NPO越智基金)を通じ、道内で被害を受けた地域を含め、義援金による支援を実施いたします。

北海道NPOファンドは、被災地の復興に役立つと考えられる団体を選定し、義援金を送金します。北海道NPOファンドが選定したNPOのメンバーは、義援金によって地域の災害からの復興にあたります。
なお、2011年3月31日まで、北海道NPOファンドへの募金すべては、東北地方太平洋沖地震への義援金となります。

皆様のご支援を、お願い申し上げます

【クレジット決済】
関連団体である北海道NPOサポートセンターの寄付システムを使用しています。(日本財団が運営しているクレジット決済システムです)

なお、クレジットで寄付を頂いた場合には、当事務局に寄付の入金連絡が来るまでに暫く時間がかかります。こちらから必ずお礼の連絡をさせていただきますので、クレジット入金のフォームに差し支えなければご連絡先、お名前をご記入下さいますようお願い申し上げます。(下記アイコンをクリックして下さい)canpanクレジット寄付









【郵便振替】
口座番号:027707−7−79475
口座名称:北海道NPO越智基金

※所定の手数料がかかります。

【預金振込】
北海道労働金庫 本店営業部
口座番号:9535626
口座名義:特定非営利活動法人北海道NPO越智基金 理事長 田口晃

※所定の手数料がかかります。

また、道内の被害情報、各団体の取り組み等、下記までお知らせください。
北海道NPOファンドサイトにてお知らせいたします。

npo@mb.infosnow.ne.jp

その他直接のお問い合わせは下記までお願い致します。
〒060-0906
札幌市東区北6条東3丁目3-1サッポロ63ビル6階
北海道NPOサポートセンター
Tel 011-299-6940
Fax 011-299-6941
担当:中西
Posted by npohokkaido at 17:36 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
北海道NPO情報10月号のご案内 [2010年09月10日(Fri)]

北海道NPO情報10月号を掲載致しました。 ファイル形式はPDFです。
下記URLからダウンロードして下さい。

http://npo-hokkaido.blogspot.com/2009/12/npo1.html
北海道NPO情報 [2010年08月05日(Thu)]

北海道NPO情報8月号をUP致しました。下記URLからご覧下さい。
http://npo-hokkaido.blogspot.com/2009/12/npo1.html
事務所移転のお知らせ [2010年05月12日(Wed)]

NPO推進北海道会議/北海道NPOサポートセンター/北海道NPOバンク/北海道NPO越智基金は事務所を移転します。

2002年6月から借りていた「KUWAGATAビル2階」ですが、貸主の合田観光商事さんの本社業務拡張のため3月26日付けで退去依頼を受けました。これまで8年間極めて低廉な賃借契約でお借りしていたものです。


北海道NPOサポートセンター事務局としては、今年度の事業展開を考え、30名規模の講習会場も併設できる物件を探し、下記に移転する予定となりました。
5月24日(月)から新事務所で業務を開始します。

新事務所「サッポロ63ビル」6階(9階建て煉瓦色。玄関北向き。)
5月24日以降の暫定連絡先電話 電話080−3681−7233


〒060-0906札幌市東区北6条東3丁目(札幌中央郵便局の南東方向)札幌駅東側ビックカメラビル東出口から外に出て、東に3丁、北に1丁、高架をくぐって東に少し行ったところ。徒歩5〜6分
Posted by npohokkaido at 18:20 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
3/27(土)山岸 秀雄氏講演会「新しい公共を担うそれぞれの役割」のご案内 [2010年03月18日(Thu)]

 3月27日(土)NPOサポートセンター理事長(東京)、法政大学法学部教授の
山岸 秀雄氏をお招きして、「新しい公共を担うそれぞれの役割」高齢者は?女性は?若者は?というテーマで講演いただきます。どなたでも参加できますので万障お繰り合わせの上ご参加下さいますよう宜しくお願いします。

[山岸 秀雄氏 経歴] (オフィシャルホームページより)
■1946年生まれ。69年法政大学社会学部応用経済学科卒業。
日本電信電話公社(現在のNTT)、(株)第一書林代表、(株)第一総合研究所所長を経て、(特活)NPOサポートセンター理事長、法政大学法学部教授。
1988年、アメリカ政府の招聘により、アメリカのNPO調査を実施。以後、日本におけるNPOの推進活動を行う。93年に日本で最初のNPO支援組織NPOサポートセンター(NPO推進フォーラム)を東京・銀 座に設立、96年にNPOサポートセンター全国連絡会を設立、事務局として全国各地とネットワークを組み、NPOと行政、企業とのパートナーシップの具体 化に向けた協議、提言活動を推進している。さらに、NPOと大学の連携を軸とした地「産官学民NPOプラットフォーム」活動を提唱し、多様な地域連携を実施している。
■編著書等
『アメリカのNPO──日本社会へのメッセージ』、2000年『NPO・公益法人改革の罠』、2003年 『NPOと行政・協働の再構築』、2004年『産官学民NPOプラットフォーム』、2007年『イギリス非営利セクターの挑戦』、2007年『ソーシャル・エンタープライズ』、2008年 他

●日時:3/27(土)13:00〜15:30(予定)
●会場:北海道クリスチャンセンター2階ホール 住所:北海道札幌市北区北七条西6丁目
●参加費:無料
●お申し込み方法:下記問い合わせの電話
または下記メール宛でタイトルに「3月27日講演会参加」とご記入のほか、氏名、連絡先をお知らせ下さい。npo@mb.infosnow.ne.jp

●問い合わせ:北海道NPOサポートセンター 畑 憲一
札幌市中央区南2条西10丁目クワガタビル2F
TEL:011−204−6523
FAX:011−261−6524
npo@mb.infosnow.ne.jp
Posted by npohokkaido at 14:31 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス5団体連携フォーラム開催のお知らせ [2010年01月25日(Mon)]

小さな商いで地域を元気に!「コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス5団体連携フォーラム」開催について  少子高齢化や環境問題など様々な社会的課題が顕在化する中、社会的な課題を「ビジネス」として事業性を確保しながら自ら解決しようとするコミュニティビジネス(CB)・ソーシャルビジネス(SB)が注目されつつあります。 CB・SBは、既存の市場原理では対応出来ないニーズを解決するビジネスであり、かといって税金で賄う官の原理では効果的に対応出来ないニーズを解決するビジネスであり、事業化するには多様な関係者の協力が不可欠です。残念ながら、CB・SBに対する関係者の認知と理解が十分に進んでいないため、CB・SBは北海道に根付いていないのが現状です。 そこで、北海道においてCB・SB活動を展開している5団体が一同に会して、各地域でのCB・SBの事例報告を行うフォーラムを開催し、経済不況、厳しい雇用情勢の北海道において、新たなビジネスの萌芽を期待していいます。

※お申し込みは、はまなす財団ホームページにあるお申し込み記入用紙にご記入の上、
札幌市市民自治推進室FAX番号までお送り下さい。011-218-5156 (札幌市市民自治推進室FAX番号)

■はまなす財団ホームページ
http://www.hamanasu.or.jp/
■お申込用紙URL
http://www.hamanasu.or.jp/documents4/mousikomi.doc

【開催概要】
■開催月日:平成22年2月25日(木) 14:00〜18:30
■開催場所:共済サロン7・8階5会場(札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル)
■名  称:
小さな商いで地域を元気に!コミニュティービジネス・ソーシャルビジネス5団体連携フォーラム
■開催内容:
@基調講演 葉っぱの町上勝町いろどり  横石知二氏       
A5団体事例発表(5会場に分かれ、それぞれ3テーマ程度)       
B交流会(会費制懇親会)
■主催団体:
環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)
札幌市
EZO★Biz(はまなす財団)
NPO法人北海道NPOサポートセンター
(株)北海道二十一世紀総合研究所・NPO法人札幌ビズカフェ

■後援団体:北海道経済連合会、社団法人北海道商工会議所連合会、北海道商工会連合会
■実行委員長:河西邦人札幌学院大学教授
■実行委員会事務局:札幌市、はまなす財団

■詳細チラシはこちらから
http://npo.dosanko.org/pdf/forum5.pdf
Posted by npohokkaido at 15:43 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
リコー北海道社会貢献活動団体『情報化』支援プログラム [2010年01月25日(Mon)]

リコー北海道株式会社 創立40周年記念 〜 プリンター寄贈 〜
このプログラムは、リコー北海道がおかげさまで 2010年2月1日に創立40周年を迎えるに当たり、 貢献活動の一環として社会課題の解決に向けて 取り組まれているNPO法人等の情報化支援を 目的として実施させていただきます。

1.寄贈品 寄贈機器  

リコージェルジェットプリンター IPSIO GX7000(A3) (安心3年モデル) 機種の詳細はこちらで確認ください

※寄贈構成新品購入価格は14万円程度(オプション、インク消耗品含む)「安心3年モデル」とは、3年間の保守サービスが付帯したモデルです オプション:両面ユニットAD1020,マルチ手差しフィーダーBY1010 ・選択オプション: ネットワークボードGX3・消耗品: Lサイズインクカートリッジ1set

●寄贈台数:1団体1台、計6台

2.寄贈目的・寄贈対象・寄贈条件

●寄贈目的:非営利団体の情報化支援 ※事務作業の効率化・広報活動への活用
●寄贈対象:北海道内に事務所があり活動されている非営利団体であること。※法人格の有無は問わない・社会的問題の解決のため、寄贈プリンタを有効に活用して下さる団体
●寄贈条件:以下の条件をすべて承諾いただけること。
・申請団体の活動のみで使用してくださること。(寄贈・譲渡・転売は不可)
・インク等の消耗品および3年目以降のメンテナンス費用を負担できること。
・半年後に活用報告を提出すること。
・寄贈にあたって覚書をリコー北海道と交わすこと。(別紙「覚書」を確認ください)
覚書書類はこちらからダウンロードしてください(PDF)
・寄贈後、「活用状況」の写真を提出していただけること。 
・リコー北海道ホームページ等で掲載させていただくことを承諾していただけること。

3.実施スケジュール

●評価基準:活動内容が以下の事項を満たしていること
・事業活動内容が明確であり、かつ社会的価値・意義が認められていること。              
・法令違反などの反社会的行為が認められないこと。
・宗教活動・政治的活動を行っていないこと。
・活動に地域貢献性、発展性、継続性、公開性があること。
・会計に透明性があること。
●応募期間:2010年2月15日〜2010年2月28日
※上記締切内に届いた申請書類を審査対象とします
●応募方法:「プリンタ寄贈申込申請書」に必要事項記入のうえ
送り先:NPO法人 北海道NPOサポートセンター  「リコープリンタ寄贈」申込受付係

※「覚書」内容を確認いただき同意いただくことが条件となります
覚書書類はこちらからダウンロードしてください(PDF)

●選定方法:書類審査をもとに、「選定会議 」で決定します。
●結果の発表:2010年4月10日
●納品:2010年6月〜予定(納品日は事前にご相談させていただきます)
●お問合せ先 :NPO法人北海道NPOサポートセンター 「リコープリンタ寄贈」申込受付係
〒060-0062
札幌市中央区南2条西10丁目クワガタビル2F
TEL:011-204-6523 FAX:011-261-6524
Posted by npohokkaido at 15:37 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NPO政策検討会緊急開催のお知らせ [2009年12月25日(Fri)]


日時:2010年1月8日(金)午後1時半〜4時

会場:札幌市中央区民センター2階つどいA(札幌市中央区南2条西10丁目) 
定員 :30名 会場の都合がございますので、必ず事前にお申し込みください。締め切り1月7日

参加費:資料代500円

第1部 
(1)政府のNPO政策説明〜新年度予算について         
北海道雇用戦略会議の動きなど        
(2)税制改正に伴う認定NPO法人制度の認定基準緩和について    

第2部 
各NPOからの具体的な政策提言や意見交換など(峰崎直樹財務副大臣、荒井聰総理補佐官に参加依頼予定)NPO推進北海道会議と北海道NPOサポートセンターでは、新政権の税制改正大綱や2010年度予算案作成を受けて、緊急に上記集会を企画いたしました。新政権の政策についてはさまざまなご意見があることと考えておりますが、NPOにとっては、千載一遇のチャンスでもあります。この機会に、NPOとして、特に事業型NPOの事業展開に弾みをつけられるような予算がないか。また認定要件の緩和が示された税制改正によって、「認定NPO法人制度」がどう使いやすくなるのか等、制度変更に伴う変化について最新情報を共有したいと考えました。また、各NPOからの具体的な政策提案を積極的に提示していただけることを期待しております。ご参加をお待ちしております。 (NPO推進北海道会議理事・事務局長 佐藤隆)

参加申込み・問い合わせ:北海道NPOサポートセンター(北村、小林)
電話011-204-6523  fax011-261-6524
Posted by npohokkaido at 15:12 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
1,2,3で、施設商品!〜ブログで福祉施設のステキな商品を紹介しよう〜 [2009年12月03日(Thu)]

1,2,3で、施設商品!〜ブログで福祉施設のステキな商品を紹介しよう〜
このようなスバラシイ!企画が日本財団CANPAN事務局ソーシャル・グッズ・コミュニティを担当されている、山田泰久さんを中心に行われております。

12月1日現在、日本財団のブログカンパンを利用している140ブログが参加表明をしており、12月3日の国際障害者デーにあわせて実施しております。

街やネットで見つけた美味しいクッキーやステキな雑貨が、実は福祉施設の商品だったということがありますよね。でも、そんなステキな商品も、あまり一般の人に知られていないということがあります。
そこで、多くの方にその素晴らしさを知ってもらうために、ブロガーのみなさんが街やネットで見つけたステキな施設商品をそれぞれのブログで同じ日に同時に紹介するというキャンペーンを行います!それが、『1,2,3で、施設商品!』です。

CANPAN&ソーシャル・ブロガーのみなさんと、このようなキャンペーンを一緒に作り上げていきましょうという企画に北海道NPOサポートセンターも参加させていただきました!

そこで当サポートセンターから紹介させていただきたい、NPO法人で福祉施設団体の商品は下記の4団体になります。是非ご覧下さい。

(1)NPO法人 TAKの会

自慢の手作りクッキーです
12月4日まで、中央区南2条西10丁目の中央区民センター(ちなみにサポートセンター事務所のとなり)の1階ホールにて販売しています。
1袋150円!プレーン、ブルーベリーティー、コーヒー、ゴマ、の4種類。おすすめはブルーベリーティーです。

(2)NPO法人 ぶら里

刺しゅうした布を配した巾着。大きいものは900円、小さいものが800円です。
柄の部分をバックステッチやチェーンステッチで刺しゅうしています。とってもセンスの良いお店です。一度是非行ってみてください!


(3)NPO法人 あずまし家

NPO法人 あずまし家が運営している「シフォン亭ほやほや」のシフォンケーキは、しっとりしていて、それでいてふわふわ!保存料や添加物は一切使用していないため、賞味期限は短いですが、その分安心して口にすることができます。種類はプレーン、紅茶、オレンジ、黒糖くるみ、シナモン、チョコ、の6種類。(写真はオレンジです)■21cm(約6〜10人分)1個/1380円■14cm(約1〜4人分)1個/780円で札幌市内の一部の地域では宅配もOKです。また店内にはイートインスペースもあり、シフォンケーキとコーヒーと紅茶もお楽しみいただけますよ!

(4)NPO法人 ひまわり会

良質の生ごみ発酵資材「EMボカシ」を製造、このEMボカシは生ごみを安全に土に還し堆肥にできるもので生ごみ減量にも役立ちます。
EMボカシを使い、ご家庭で出た生ゴミを発酵させて有機肥料を作るのですが、それにはちょっとコツがいります。ひまわり会のHPでは、EMボカシによる有機肥料の作り方をご紹介しています。EMボカシは600g220円、2kg650円、10s2800円です。EMでエコ!「写真はEMボカシです」
Posted by npohokkaido at 04:59 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)