• もっと見る
2012年4月にスタートした『NPO法人北海道81』のオフィシャルブログです。
グラウンドワーク形式のNPOなので、様々な分野の活動が可能です。
この場を『北海道81』のコミュニティ広場として、会員をはじめ たくさんの方に参加・協力して頂けたらと思っています。
ご意見・ご要望・アイディア等、お寄せ頂ければ嬉しいです。

« チューリップと桜からのギフト( Manoa ) | Main | NPOって なあに? »

<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
リンク集
QRコード
夢 の 色   (Michiyo. I )[2012年05月22日(Tue)]
ブログ用夕日.jpg


わたしの趣味のひとつに、『夢 を見ること』 がある眠い(睡眠)

不思議な景色や、これから出逢う人を見ることがあって、楽しいるんるん



これは、色彩の勉強を始めたばかりの 十数年前に見た夢のお話。

毎日毎日 100色以上の色の布を ひろげたり たたんだり、
配色カードを 切ったり 貼ったり・・・
夜には 色のエネルギーで へとへとたらーっ(汗)

そして 睡眠中にも色があらわれる夜

目覚まし時計の音が 夢の中で 色になっていたこともある時計

それはたぶん共感覚というもので、五感で感じるものが
影響しあう現象。



この世ではありえない美しい花の咲いた木や光り輝く海に浮かぶ
神殿など、おとぎの国のような景色もたくさん見たかわいい



その中で、一番印象に残っている夢がある。

今でも その時の気持ちや感覚が 鮮明に残っている黒ハート

どう伝えたらいいのか 難しいけど、
夢の中で、遠くの壮大な景色を目の前にして立っている。

山のある景色だったような気がするけど、そんなことより
息が止まるほど美しすぎて 絶句しているぴかぴか(新しい)

「こんな色 見たことない・・・exclamation なんて綺麗なんだろう・・・」

あの世には この世には無い色もある、と 何かで読んだことを
思い出した。


一歩前へ出ようとして足元を見ると 断崖絶壁のふちに立っていたがく〜(落胆した顔)

その断崖絶壁の向こうの景色を見ている。


これが夢の中だということも分かっていて、目が覚めてしまう前に
この色を覚えておかなければひらめき と思った。

しばらくの間、目を皿にしてその景色を見つめていた 目


そして、目が覚め、すぐにその色を記録しようと、画用紙と
100色以上の色鉛筆を出した アート

が、 気がついた・・・無い色だということを。

しばらく 動けなかった。

しっかり見たはずの色の記憶も 薄れていく。



人間の目で見える色の範囲は、380nm〜780nmの範囲の電磁波
だけだけど、それ以外の波長が もし見えたら、この世に無い色も
あるのかもしれない。



写真は、札幌市南区の温泉街 定山渓で最近撮った夕日の景色 カメラ

この写真を見ると あの夢を思い出す黒ハート


あの色をまた見られると思うと、いつかあの世に行く 愉しみが
できたかなるんるん

(Michiyo . I )


タグ:

Posted by 一條 at 16:47 | スタッフのつぶやき | この記事のURL | コメント(1)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/hokkaido81/archive/12

コメントする
コメント
この世にない色。
想像つかないけど見てみたいです。

Posted by:まるめ  at 2012年05月23日(Wed) 01:10

検索
検索語句
プロフィール

北海道81さんの画像
最新コメント
タグクラウド
https://blog.canpan.info/hokkaido81/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hokkaido81/index2_0.xml