CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Fedora30 を Fedora31 にアップグレードしました [2019年10月22日(Tue)]

Fedora30 Fedora31 にアップグレードしました



 「Releases/31/Schedule」を確認すると

2019-10-22    Final Release (GA) (Preferred Target)

2019-10-29    Final Release (GA) (Target #1)


 本日(10/22)正午過ぎに、ダメ元で、アップグレードを実行しました。


1 毎回アップグレードで問題が起きる「PostgreSQL」の個人データをバックアップしました。


Windowsパソコンの「Tera Term」ソフトから接続して、バックアップを実行します。


(Fedora30)su

(Fedora31)su postgres

HIZUKE=`date '+%d'` ; pg_dump php > /data/backup_pgsql/php_"$HIZUKE".sql

ls -l /data/backup_pgsql/php_22.sql

※「HIZUKE=`date '+%d'` ; pg_dump php ・・・」を実行して、「php_"$HIZUKE".sql」のサイズが「0」ならば、「su」環境と「su postgres」環境を変えてみてください。



2 次の順番にコマンドを実行しました。

# dnf upgrade --refresh

# dnf install dnf-plugin-system-upgrade

# dnf system-upgrade download --releasever=31

※表示された最後の行に「dnf system-upgrade clean」と書いてありますが、「dnf system-upgrade reboot」を実行する前に「dnf system-upgrade clean」を実行すると、「dnf system-upgrade reboot」がエラーとなります。

※「dnf system-upgrade reboot」がエラーの場合は、「dnf system-upgrade download --releasever=31」を再度実行してください。

# dnf system-upgrade reboot

※当然ながら、ここで「Tera Term」の接続が「off」となります。



3 サーバーの設置場所に行き、モニターを確認しながら気長に待つと、Fedora 31 のログイン画面になります。



4 Windowsパソコンの「Tera Term」ソフトから接続して、うまく動くか確認します。


 ユーザー名「root」で接続すると、「認証に失敗しました。再試行してください。」とエラー表示をして失敗しました。


**********引用開始**********

参考資料

Fedora 31rootSSHログインをデフォルト禁止へ

後藤大地 2019/06/25 09:54

https://news.mynavi.jp/article/20190625-847961/


Fedoraプロジェクトは622(米国時間)、「Issue #2133: F31 System-Wide Change: Disable Root Password Login in SSH - fesco - Pagure.io」において、OpenSSHのデフォルト設定を変更し、パスワードベースでのrootログインをデフォルトで禁止するように設定を変更すると発表した。他のLinuxディストリビューションの多くはすでにそうした設定がデフォルトになっており、Fedoraもこの動きに追従した形になった。Fedora 31から変更が適用されるものと見られる。

**********引用おわり**********


 別のユーザー名で接続しました。


 ログインして、アプリが正常に動いているか確認するために、「Webmin」にユーザー名「root」で接続(可能でした!)して「System and Server Status」を表示しました。


 「PostgreSQL」を含めて、インストールしている「Server」が全て正常に動いていることが確認できました。



 Fedora30 Fedora31 にアップグレードするときに一番に確認することは、ユーザー名「root」以外のユーザー名が有ることを確認することです。


 Fedora31を「クリーンインストール」するならば、ユーザー名「root」以外のユーザー名の作成を要求してきますので、ログインできなくて困ることはないと思います。


Posted by 山田 雄一郎 at 14:00
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml