CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
「なろう」小説を読んで漢字を勉強しよう [2020年02月16日(Sun)]

「なろう」小説を読んで漢字を勉強しよう



 義務教育を受けている頃に読んだ「小説や新聞」などに書いてある「漢字」には、「ルビ」が振ってあって「漢字と読み」を一緒に覚えた記憶があります。


 就職して、「当用漢字」(1981年からは「常用漢字」)で文書を書くように「上司や先輩」方から指導を受け、「常用漢字」外の漢字を使用する機会は少なくなりました。


 「小説や新聞」などにも「常用漢字」外の漢字を目にする機会は少なくなりました。


 偶々(たまたま)、ネット上で「なろう」小説があることを知り、楽しく読ませていただいています。


 先日読んだ「なろう」小説に、次のようなことが書いてありました。


失格から始める成り上がり魔導師道!〜呪文開発ときどき戦記〜

作者:鼻から牛肉/樋辻臥命

第十話 お買い物が、一転

https://ncode.syosetu.com/n6362fe/10/

・・・

 目抜き通り沿いの店先にはランプ代わりの【輝煌ガラス】が設置され、夜は思ったほど暗くはない。

・・・


 「輝煌」の漢字を見て、大体の意味は分かりますが、正確な振り仮名を知りたくて、ネットで検索しました。


 次のページを見つけました。

https://ejje.weblio.jp/content/輝煌

輝煌 読み方 きこう

・・・

蔦に囲われた窓のうち、2つが煌々と輝いている。

where two windows bloomed with light among the vines.


 驚いたのは、「こうこうと輝いている。」をすべて漢字で書くと、「煌々と輝いている。」となることです。


 話したり聞いたりしていましたが、すっかり漢字を忘れていました。



 「日本人に漢字を忘れさせることで、日本固有の文化を破壊」するとの「飛躍した妄想」は、露程も持ちませんが気になります。


 少なくとも、「なろう」小説を読むことが「惚けの防止」に役立つと思いました。



 さらにネットで調べると


漢字・漢和辞典-OK辞典

⇒⇒⇒「煌」という漢字

https://okjiten.jp/kanji2293.html

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。

(「煌」は常用漢字外(人名用漢字)です。)



漢字・漢和辞典-OK辞典

⇒⇒⇒「惚」という漢字

https://okjiten.jp/kanji2450.html

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。

(「惚」は常用漢字外(人名用漢字)です。)


【日本語の最新記事】
Posted by 山田 雄一郎 at 19:28
この記事のURL
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/archive/461
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml