CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
【恐怖】「ダイハツ ムーヴ」を、実は3輪で走らせていたかもしれません [2018年03月20日(Tue)]

【恐怖】「ダイハツ ムーヴ」を、実は3輪で走らせていたかもしれません



 最近、直進しないで、道が少しでも曲がっていれば、車体が「ふらつく」のが気になっていました。


 この「ムーヴ」は常時4輪駆動なので、2輪駆動の車とは少しくらい違っていても、こんなものだろうと諦めていました。


 本日、業者が家に来て工事をするので、業者に家の駐車場に止めて貰うことにしました。だから、昨晩「ムーヴ」を別の駐車場に止めていました。


 本日の朝、「ムーヴ」を見ると、明らかに左後輪のタイヤが変形し空気圧が減っているのがわかりました。


 別の駐車場は、白いコンクリで舗装していたので、黒いタイヤの変形が目立ったと思います。


 「トヨタ アイシス」に常時備えている「エアーコンプレッサー ML-270」で、左後輪のタイヤ空気圧を測定すると、「30kPa」だったので、「230kPa」に加圧しました。


 自分の唾(つば}を「タイヤのバルブ」に付けて、空気の漏れを点検しましたが、気泡ができないので「タイヤのバルブ」は正常だと判断しました。


 前回の空気圧点検から、「約3週間、約300km」走行していました。


 左後輪のタイヤに空気を充填した後に「ムーヴ」で「約40km」走行しましたが、特に「ふらつき」はありませんし、外見からはタイヤの空気圧減少はわかりませんでした。


 最近まで、タイヤの空気圧が減少した左後輪は、加速にも減速にも役に立たないので、3輪走行していたことになります。恐ろしいことに、ブレーキをかけたときの停止距離が、通常の4輪より長くなっていたようです。


 左後輪のタイヤ空気圧が減少した原因はわかりませんので、しばらく様子を見ることにします。


 ちなみに、左後輪のタイヤは、「YOKOHAMA DNA ECOS 155/65R14 75S」で、新品のタイヤに交換してから「約2年、約2万7千km」走行していました。


 このタイヤの空気圧減少が止まらないと、このタイヤだけ交換するか4輪とも交換するか悩むことになると思います。


Posted by 山田 雄一郎 at 13:59
この記事のURL
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/archive/404
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml