CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
PHP 日付の比較 [2021年11月08日(Mon)]

PHP 日付の比較



 PHP の日付の比較が、より厳しくなっていました。


@  今まで

 「$kusakari」の初期値は「0」で、データベース上に日付があれば「2021-11-08」と入力のように、PHPでプログラムを組んでいました。

 そして、「$kusakari」が「0」であれば、次の「日付処理」をスキップさせていました。

 ところが、今日、1週間ぶりくらいに確認すると、「$kusakari」の判定で「日付ではない」とエラーが出て以降の処理ができませんでした。


*****プログラム開始*****

if ($kusakari > 0) {

       (処理)

}

*****プログラム終わり*****


A修正後

 「$kusakari」が「日付であるか」をチェックすることにしました。

 資料を参考にして書き換えて、エラーが出なくなりました。


*****プログラム開始*****

if(preg_match('/\A[0-9]{4}-[0-9]{1,2}-[0-9]{1,2}\z/', $kusakari) == true) {

       (処理)

}

*****プログラム終わり*****




参考資料

PHP】日付の形式 & 妥当性チェック

2020523 / 最終更新日時 : 2021321

https://pointsandlines.jp/server-side/php/validate-date-format

正規表現で形式をチェックする

正規表現を使用してpreg_match関数で形式をチェックする


if(preg_match('/\A[0-9]{4}-[0-9]{1,2}-[0-9]{1,2}\z/', $date) == false)

{

    return 'NG : 日付の形式が正しくありません。';

}


Posted by 山田 雄一郎 at 06:27
Panasonic ブルーレイディスクレコーダーの経年劣化? [2021年11月07日(Sun)]

Panasonic ブルーレイディスクレコーダーの経年劣化?



@HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー 「DMR-BW880

2010-04-** 購入(現在まで、11 6箇月使用)

2021-10-25

 「DMR-BZT730」レコーダーで、「BW880」のビデオを見ようとしたらできませんでした。

 「BW880」に直接接続したTVでビデオを確認すると、ビデオはすべて無くなっていました。録画の残り時間は「--:--」でした。

 「BW880」で「接続テスト」は「OK」だったので、デスクトップパソコンの「Dimora」からアクセスして「情報取得」すると、「機器情報取得エラー(00FE0002) 機器が操作できない」と表示しました。


 → 「BW880」のHDDを初期化して、録画の残り時間を表示したので、正常に録画ができることを確認しました。


2021-11-07

 「BW880」に直接接続したTVでビデオを確認すると、ビデオはすべて無くなっていました。録画の残り時間は「--:--」でした。

 「BW880」で「接続テスト」は「OK」だったので、デスクトップパソコンの「Dimora」からアクセスして「情報取得」すると、「機器情報取得エラー(00FE0002) 機器が操作できない」と表示しました。


 → 「BW880」のHDDを初期化して、録画の残り時間を表示したので、正常に録画ができることを確認しました。


 → 故障の原因が分からず、今回で2回目の不具合なので、Panasonic の新しいブルーレイディスクレコーダーと交換することにしました。


 → このHDD(1TB)は変な故障が発生しそうなので、「BW880」を破棄するときにHDDを取り外して「Linux サーバー」に取り付けて使うことは考え物ですね。



AHDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー 「DMR-BW890

2010-09-** 購入(現在まで、11 1箇月使用)

2021-10-25

 上に書いた「BW880」の不具合があったので、ついでに「BW890」に直接接続したTVで録画を確認すると、再生することができました。

 しかし「BW890」の「接続テスト」は「NG」でした。「SWハブ」で確認すると、接続灯が消灯のままでした。接続灯が点灯しているTVLANケーブルを交換しても、「BW890」の接続灯は消灯のままでした。

 「BW890」に「Dimora」からアクセスして「情報取得」すると、「機器情報取得エラー(30010100) 機器に接続できません。」と表示しました。


 → 「BW890」は、「LAN」関係の不具合だけですから、家庭内LANに接続できないだけで、1週間分の番組表のデータは見ることができます。


 → 「BW890」は、このまま使用することにしました。



まとめ

 使用開始から「10年」を経過した「レコーダー」は、経験劣化で不具合が起きることを覚悟しましょう。


Posted by 山田 雄一郎 at 19:15
Windows 11 で、ICカードリーダライタを使って、「WAONカード」を読み込む [2021年10月18日(Mon)]

Windows 11 で、ICカードリーダライタを使って、「WAONカード」を読み込む



 ICカードリーダライタは、「SONY RC-S380」です。


 Windows 11 で、「Felica2Money(ver 3.4.1)」を使用して、「WAONカード」を読み込み、「Microsoft Money Plus Edition」で「電子証明書の取得」をすることができます。


 しかし、Windows 10 の時代に、「Internet Explorer 11」を使って行っていた「WAONログイン」後の機能の一部(WAON残高・利用履歴直近3件など)が、Windows 11 では利用できなくなりました。

※閲覧だけの機能(「月分利用履歴」など)は、正常に確認できました。


 「https://www.waon.com/wmUseHistoryInq/init.do」で「WAONログイン」を表示するため、「Internet Explorer 11」のアイコンをクリックして「Internet Explorer 11」を起動させようとしても、「Microsoft Edge」が起動します。


 ネットで探すと、「Internet Explorer 11」は廃止され、2022 6 15 日にサポートを終了します。


 しかし、同じページに、「現在使用している Internet Explorer 11 のアプリやサイトと同じコンテンツを、Microsoft Edge Internet Explorer モードで開くことができます。」と書いてありました。


参考資料@

********************

Internet Explorer のダウンロード

https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/internet-explorer-%E3%81%AE%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-d49e1f0d-571c-9a7b-d97e-be248806ca70

********************


 「Microsoft Edge Internet Explorer モード」をネットで検索して、次のページを見つけました。


 参考資料のとおりに設定して再起動しました。


 念のため、「設定」の「Internet Explorer モード ページ」に「https://www.waon.com/wmUseHistoryInq/init.do」を設定しました。


参考資料A

********************

Microsoft Edge」のInternet Explorerモードを有効/無効にする方法

https://dynabook.com/assistpc////////////////////////////faq/pcdata3/018791.htm

1.タスクバーの[Microsoft Edge]をクリックします。

2.Microsoft Edge」が起動します。右上の[・・・](設定など(AltF))をクリックします。

3.設定などメニューが表示されます。[設定]をクリックします。

4.「設定」画面が表示されます。[既定のブラウザー]をクリックします。

5.「既定のブラウザー」画面が表示されます。“Internet Explorerの互換性内で設定を行います。

Internet Explorerモードを有効にする場合

Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可のスイッチをクリックしてオンにし、[再起動]をクリックします。

Internet Explorerモードを無効にする場合

Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可のスイッチをクリックしてオフにし、[再起動]をクリックします。

6.Microsoft Edge」が再起動されます。

********************


 再起動後、「ポイント ダウンロード」をして、「WAONカード」にチャージをすることができました。



 しかし、「Felica2Money(ver 3.4.1)」には、「WAONカード」に関する問題があります。


 それは、「2021年」を「1989年」と変換してしまうことです。


 「1989年」から「2020年」までは問題がなかったので、おそらく、30年経過で元に戻る設定になっていると思われます。


 どなたか、次のソースコードを参考にして実行ファイルを作成し、公開してください。


参考資料B

********************

今更ながら、Microsoft Moneyの活用 - FeliCa2Money

20180901

http://fanblogs.jp/nikmaniphonelife/archive/120/0

実はこのツール・・・有難いことにソースコードが公開されていて、必要があればカスタマイズできます。

ここにソースコードが公開されているので、以下のコマンドでダウンロードします。

git clone https://github.com/tmurakam/felica2money.git

********************


参考資料C

********************

tmurakam/felica2money

https://github.com/tmurakam/felica2money

********************


Posted by 山田 雄一郎 at 23:17
Windows11にバージョンアップ(その3) [2021年10月13日(Wed)]

Windows11にバージョンアップ(その3)



 Windows 11 OS へのアップグレードを実行しました。


 デスクトップパソコン(ASUS PRIME B365M-K)において、「PC のアップグレードの準備ができたことを知らせる Windows Update の通知」が、なかなか表示されないので、ファイルをダウンロードしてアップグレードを実行しました。


 ファイルは、 Windows 11 ディスク イメージ (ISO) をダウンロードして、アップグレードしました。


 その方法は、下の「参考資料@」のページを開きます。


 「Windows 11 ディスク イメージ (ISO) をダウンロードする」項目へ飛びます。


 「参考資料A」のとおり、「Windows 11」を選択して、「ダウンロード」を開始します。


 ダウンロードした「ISOファイル」を「マウント」します。


 そして、「setup.exe」をダブルクリックします。


 設定は初期値のままで、「次へ」や「インストール」をクリックしました。


 約1時間ぐらいで、アップグレードは成功しました。


 処理速度は速くなった気がしますが、アイコンの配置や機能が異なるので覚えるまでは大変です。




※ たまたま判明した「マウントして、ISOファイルからインストール」に関係することを書きます。


 Windows 10 から Windows 11 へのアップグレードができないパソコンで、いつの間にかファイルを削除したのではないかと疑っているものがあります。


 「ISODVDに焼く」では「DVDの記録容量」が足りないと諦めていましたが、「Windows 10 21H1」のディスク イメージ (ISO) をダウンロードして「マウント」すると、「Windows 10 21H1」の再インストールができました。




参考資料@

Windows 11 をダウンロードする

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11


Windows 11 メディアをインストールまたは作成するには、次の 3 つのオプションがあります。それぞれの方法を確認して、最適なオプションを選択してください。

Windows 10 からアップグレードする場合は、PC のアップグレードの準備ができたことを知らせる Windows Update の通知が表示されるまで待つことをお勧めします。



参考資料A

Windows 11 ISO イメージファイルをダウンロード&インストール する方法

https://www.gigafree.net/faq/Windows-11-iso-download/


Posted by 山田 雄一郎 at 20:01
「iPad-Air-2」を iPadOS 15 へアップデート [2021年10月10日(Sun)]

iPad-Air-2」を iPadOS 15 へアップデート



 「iPad-Air-2」を「iPadOS 14.8」から「iPadOS 15.0.1」へ upgrade しました。


 今まで、「iPadOS 15 upgrade」ができるが、次のメッセージが付いていました。「使用済 13.4GB/16GB インストールに、3.3GB以上の空き領域が必要」。アプリを削除しても、必要な空き領域を確保できませんでした。アプリを削除しても、必要な空き領域を確保できません。結果として、システムを初期化して確保する必要があるため、後送りにしていました。

 本日、iPadOS 15 へのアップデートをするために、「iPad-Air-2」を初期化する予定でした。


 まず、初期化をする前に、「iCloud」を使用してバックアップをしました。


 次に、アプリ「ワンタイムパスワード」機種変更時の操作をするつもりでしたが、ダメ元で「iPadOS 15 へのアップデート」をクリックしました。


 すると、前見たときは「iPadOS 15」だったのが、「iPadOS 15.0.1」となっていました。


 すかさず、「iPadOS 15.0.1」へアップデートしました。


 ネットで検索すると、appleのページに「間違って空き容量が残りわずかですという警告が表示」という記事が見つかりました。



参考資料

iPadOS 15 のアップデートについて

https://support.apple.com/ja-jp/HT212789

iPadOS 15.0.1

iPadOS 15.0.1には、iPad用のバグ修正が含まれます。

このアップデートには、iPad用のバグ修正が含まれます。

・“設定” Appに間違って空き容量が残りわずかですという警告が表示されることがある問題


Posted by 山田 雄一郎 at 10:05
Windows11にバージョンアップ(その2) [2021年10月01日(Fri)]

Windows11にバージョンアップ(その2)



 916()に、Microsoftから「Windows 1110 5 日より提供開始 - Windows ニュースレター (2021 9 月号)」というメールが届きました。


 システムドライブの「パーティションタイプ」を「MBR」から「GPT」に変換することが気になっていましたが、ほったらかしていました。


 一応、次のブログを見つけたのですが、最後の決断ができませんでした。


 恐ろしいことに、文中には「まず、Windows 10 v1703以降で機能しかないです。」と書いてあるので、私の「Windows 10 21H1」では機能しないことになります。


*****ブログ開始*****

システムディスクをGPTに変換する方法

最後の更新 20210812

MBR2GPT.exeでシステムディスクをGPTに変換します


 Windows 10のアップグレードv1703以降、「MBR2GPT.exe」というプログラムが組み込まれています。このプログラムはWin\System32ディレクトリにあり、コマンドプロンプトで実行する必要があります。MBR2GPTは、v1703以降のデータディスクの代わりにシステムディスクを変換し、ディスク上のデータを変更または削除することなく設計されています。したがって、データを失うことなくMBRシステムディスクをGPTに変換するには、以下の手順を参照してください。


Windowsの場合:「mbr2gpt/convert/allowfullos」と入力します。コンピュータに1つ以上のディスクがある場合は「mbr2gpt/convert/disk 0/allowfullos」と入力し、システムディスクの場合は「0」と入力します。

注意:変換後にBIOSUEFIにレガシーを変更する必要があります。したがって、お使いのコンピュータのマザーボードがUEFIモードをサポートしていることを確認してください。MBR2GPT Windows 10をクリックして詳しく見てください。変換失敗の原因も説明します。


見た目で簡単に理解できるかもしれませんが、あなたが失敗することがあるかもしれません。まず、Windows 10 v1703以降で機能しかないです。Windows 10以前のバージョンやWindows 78などのWindows OSを実行すると、システムディスクのみが変換され、データディスクにはマジックがありません。コマンドプロンプトを使用することで、一般ユーザーにとって使いやすいものではない場合があります。


*****ブログおわり*****


 別のブログも見つけました。

*****ブログ開始*****


Windows 10 ハードディスクドライブ(HDD)のデータを削除せずにレガシBIOSUEFIモードに変換する~ブートセクタをMBRからGPTに変換するMBR2GPT.exe


@変換する対象のディスク番号を確認

C:\WINDOWS\system32>diskpart
DISKPART>list disk
ディスク                                        GPT
-----------------------------------------
ディスク0オンライン    223 GB  2048 KB
ディスク1オンライン  3726 GB        0 B       *

DISKPART>exit

AGPTへの変換について検証する

C:\WINDOWS\system32>mbr2gpt /validate /disk:0 /allowFULLOS

BGPT/UEFIへ変換する

C:\WINDOWS\system32>mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFULLOS

C再起動前にレガシーBIOSからUEFIに切り替える


*****ブログおわり*****


 @とAは正常に終了しました。


 Bで、異常終了した場合には、システムドライブをGPTで初期化してから、Windows10を再インストールことになるので踏ん切りがつきませんでした。


 明日から10月となる930日に、少しは進めようとして、「WhyNotWin11」というツールを起動し「更新をチェック」をクリックするとすると更新が見つかったのでダウンロードしてインストールしました。
※私がダウンロードしたのは、最新版「2.4.1」です。

 デスクトップパソコン(ASUS PRIME B365M-KBIOS 2208(2021/07/09)上で、「WhyNotWin11(ver 2.4.1)」を実行しました。
PRIME B365M-K BIOS 2208 Support WIN 11 installed or upgraded

「グリーン」

・アーキテクチャ
CPU互換性
CPUコア数
CPU周波数
DirectX + WDDM2
・搭載RAM
・ストレージ容量
TRMバージョン

「イエロー」
該当なし

「レッド」

・起動方式 → Legacy
・パーティションタイプ → GPT未検出
(i)マイクロソフトのMBR2GPTツールで修正可能です。
※ドライブ構成
Cドライブ SSD 256GB MBR
Dドライブ HDD 4TB GPT

・セキュアブート → 無効/未検出


 「GPT未検出」という問題に対して「WhyNotWin11」から「マイクロソフトのMBR2GPTツールで修正可能です。」というお墨付きを頂くことができました。
※今まで使用していた「ver 2.3.2」を再確認すると、同じ内容が書いてありましたが見落としていました。

**********

2021-10-01()

・GPT/UEFIへ変換する
PS C:\WINDOWS\system32> mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFULLOS

MBR2GPT will now attempt to convert disk 0.
If conversion is successful the disk can only be booted in GPT mode.
These changes cannot be undone!

MBR2GPT: Attempting to convert disk 0

MBR2GPT: Retrieving layout of disk
MBR2GPT: Validating layout, disk sector size is: 512 bytes
MBR2GPT: Trying to shrink the OS partition
MBR2GPT: Creating the EFI system partition
MBR2GPT: Installing the new boot files
MBR2GPT: Performing the layout conversion
MBR2GPT: Migrating default boot entry
MBR2GPT: Adding recovery boot entry
MBR2GPT: Fixing drive letter mapping
MBR2GPT: Conversion completed successfully
Call WinReReapir to repair WinRE
MBR2GPT: Failed to update ReAgent.xml, please try to  manually disable and enable WinRE.
MBR2GPT: Before the new system can boot properly you need to switch the firmware to boot to UEFI mode!

ディスクの状態を確認

C:\WINDOWS\system32>diskpart
DISKPART>list disk
ディスク                                     GPT
---------------------------------------
ディスク0オンライン    223 GB       0 B    *
ディスク1オンライン  3726 GB       0 B    *

 システムディスクが、GPTに変換していることを確認できました。


 次に、BIOS設定画面に移動し、レガシBIOSからUEFIモードに変更します。


 Windows10を再起動して、BIOS設定画面を表示しました。

 ASUSのマザーボード「PRIME B365M-K」に「BIOS 2208 Support WIN 11」を適用していますので、「Windows UEFI mode」を確認して、Windows10を起動しました。

 「WhyNotWin11(ver 2.4.1)」を実行すると、すべての項目が「グリーン」となりました。




 「Windows11」にバージョンアップできそうです。



**********

2021-10-02()追加


 Windows OS が「システムで予約済み」のパーティションに「ドライブ文字」を与えて、見えるように(書換えできるように)なっていました。


 「システムで予約済み」が書換えできるのは、誤ってファイルを書き換えるなどの可能性があります。


 以下のブログを参照して、「ドライブ文字」を「削除」して、「システムで予約済み」を非表示にしました



Windows10で「システムで予約済み」を非表示にする方法!

20201211

https://aprico-media.com/posts/6101



「ディスクの管理」→「ドライブ文字とパスの変更」→ドライブ文字を選択した状態で「削除」をクリック



Posted by 山田 雄一郎 at 21:59
新手の「フィッシング・メール」が届きました [2021年09月30日(Thu)]
新手の「フィッシング・メール」が届きました


 うまいこと考えているなと思った「フィッシング・メール」が届きました。

 届いた内容は次のとおりでした。メールソフトは、Gmailを使っています。

*****Gmailからの注意開始*****
オレンジ色で表示していました。

このメールにはご注意ください
Gmail では、このメールが本当に (受信したメールアドレス)@gmail.com から送信されたものであることを確認できませんでした。メールに含まれるリンクのクリックや添付ファイルのダウンロード、または返信に個人情報を記載することは避けてください。

「フィッシングを報告」

*****Gmailからの注意おわり*****

*****メールヘッダ開始*****
From:(受信したメールアドレス)@gmail.com
To:"(受信したメールアドレス)" <(受信したメールアドレス)@gmail.com>
日付:2021/09/29 **:**
件名:三井住友カード【重要】
セキュリティ: このメールは ymc.ne.jp で暗号化されませんでした
*****メールヘッダおわり*****

 以下のメールの内容は、いつもの「フィッシング・メール」と同じようなものです。

*****メールの内容開始*****

本いつも弊社カードをご利用いただきありがとうございます。

このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

ご利用確認はこちら
■ 注意事項

※カードの個人情報によっては電話で連絡する場合もございます。

※正確な情報は必ず記入してください。

■発行者

三井住友カード株式会社
〒105-8011 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング

*****メールの内容おわり*****

 このメールを読んで、最初の「本いつも弊社カードを」の「本」さえなけれ、ネイティブな日本語だと感じました。


 このメールで感心したのは、オレンジ色で表示した部分の「フィッシングを報告」をクリックしたらどうなるのだろうと考えさせて、「フィッシングを報告」押させないようにするところです。

 「From:(受信したメールアドレス)@gmail.com」なので、Gmailの運営側が「(受信したメールアドレス)@gmail.com」に対し、何らかのペナルティを科する可能性があるためです。

 最悪の場合、今後二度と「(受信したメールアドレス)@gmail.com」が使用できなくなりますね。


 ところで、別の見方もあります。


 これはあくまでも推測ですが、「Gmailからの注意」を「全面的に信頼」する人(半可通、まぬけ)への「ブービートラップ」の可能性があります。


 「メールヘッダ」も合わせて確認しましょう。


Posted by 山田 雄一郎 at 07:42
Windows11にバージョンアップ(その1) [2021年08月25日(Wed)]

Windows11にバージョンアップ(その1)



 Windows11は、2021年後半に公開ということで、色々なサイトで準備情報を掲載しています。


 私も興味があったので調べた結果、何れはバージョンアップしなければならないことは理解していますが、Windows11の公開後すぐバージョンアップすべきか悩むことになりました。


 現在、私が考える一番の問題点は「システム用SSDのパーティションタイプをGPTに変換」することです。



参考資料

**********開始**********

今使っているPCWindows11が動くかどうかを正式にすぐに確認して安心する方法

2021/6/25() 8:00

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishitanimasaki/20210625-00244681

【追記】

WhyNotWin11というツールを使うと、なぜWindows11にアップグレードできないかの、より詳細な情報を得ることができるそうです。非公式ツールなので、自己責任で使うものですが、自作PCWindows11アップグレードチェックなど、公式ツールよりもいい面もあるとのことです。

WhyNotWin11

https://github.com/rcmaehl/WhyNotWin11/releases

※私がダウンロードしたのは、最新版「2.3.2」です。

https://github.com/rcmaehl/WhyNotWin11/tree/2.3.2

Download latest stable release」をクリックすると、「WhyNotWin11.exe」をダウンロード画面となります。

**********終わり**********


参考資料の「WhyNotWin11.exe」をクリックすると「Windows 11 対応チェック」を実行します。


1 ノートパソコンとデスクトップパソコンで実行した結果

1-1 ノートパソコン(acer AS5750BIOS V1.21(2012/08/09)

「グリーン」

・アーキテクチャ

CPUコア数

CPU周波数

・搭載RAM

・ストレージ容量

「イエロー」

CPU互換性  対応CPUリストになし

「レッド」

・起動方式 → Legacy

DirectX + WDDM2  DirectX 12 WDDM2 なし

※カードが対応する機能レベルのバージョンです。DirectXのソフトウェアのバージョンとは別です。

・パーティションタイプ → GPT未検出

・セキュアブート → 無効/未検出

TRMバージョン  TPMなし/無効


1-2 デスクトップパソコン(asus PRIME B365M-KBIOS 2208(2021/07/09)

PRIME B365M-K BIOS 2208 Support WIN 11 installed or upgraded

「グリーン」

・アーキテクチャ

CPU互換性

CPUコア数

CPU周波数

DirectX + WDDM2

・搭載RAM

・ストレージ容量

TRMバージョン

「イエロー」

該当なし

「レッド」

・起動方式 → Legacy

・パーティションタイプ → GPT未検出

※ドライブ構成

Cドライブ SSD 256GB MBR

Dドライブ HDD 4TB GPT

・セキュアブート → 無効/未検出



2 Windows11にバージョンアップの可能性

2-1 ノートパソコン(acer AS5750BIOS V1.21(2012/08/09)

 不可能

理由

・ノートパソコンなのでビデオカードを交換することが困難であり、Windows 11 に対応できません。


2-2 デスクトップパソコン(asus PRIME B365M-KBIOS 2208(2021/07/09)

・最初に「パーティションタイプ」を「MBR」から「GPT」に変換するとき、うまくデータを移せるかが今後の問題となります。

・「パーティションタイプ」を「GPT」に変換した後で、「起動方式」の変更、「セキュアブート」の変更となります。


Posted by 山田 雄一郎 at 18:17
発表中の防災情報を確認 [2021年07月07日(Wed)]
発表中の防災情報を確認


 「熱海市伊豆山で発生した大規模な土石流」が気になり、住んでいるところの「防災情報」を確認することにしました。

 「文字より画像」を優先してネットで検索して、気象庁のページを見つけました。

 次のようにして、住んでいる市町村を選択します。
気象庁「全国の防災情報」 → 「都道府県選択」 → 「市町村選択」

 例として「福井県敦賀市」を選択すると、本日午前8時現在の情報を確認できます。
「全国 > 福井県 > 敦賀市の防災情報」
画面左側
1.発表中の防災情報
2.警報・注意報(発表状況)
3.警報・注意報(今後の推移)
4.天気予報(一覧表)
5.アメダス(一覧表)
6.地震情報(一覧表)
画面右側
1.浸水キキクル(危険度分布)
2.土砂キキクル(危険度分布)
3.雨雲の動き


 他の都道府県の防災情報を確認してみると、防災情報の種類に差があります。

 選択した「市町村」に必要な防災情報だけを表示しているのかも知れません。

Posted by 山田 雄一郎 at 07:56
自動入金サービスの利用 [2021年06月25日(Fri)]

自動入金サービスの利用



 金融機関の支店が近くにある場合は、「年金受取口座」から現金を引き出し、「残金が不足している口座」に現金を入金していました。


 昨年、「国民健康保険税」が前年に比べて増加したので、市役所に確認に行きました。


 すると、「年収額」が増加したので、比例して「国民健康保険税」が増加したとのことでした。


 「市役所が持っている年収額」を市役所の担当者にプリントアウトして貰い、内容を確認してみると、「確定申告」で申告している金額より多額でした。


 e-Taxの「確定申告」で提出した時の納税額が「0円」だったので、「年収額」について気にしていませんでした。


 考えた末、「市役所が持っている年収額」を減らせる方法として、「私の口座への入金」を、できるだけ「口座振込」とすることにしました。


 ところで、「年金受取口座」から「残金が不足している口座」に口座振込をすると、「振込手数料」が220円かかるので気になっていました。


 本日、「イオン銀行」をネットで検索しようとすると、「イオン銀行 自動入金サービス」という項目があったので、気になって検索してみました。


 検索した結果、次のように表示しました。

********************

「自動入金サービス」

 自動入金サービスは、お客さま名義の他行口座から毎月6日または23日にご指定の一定金額を引落とし、お客さま名義の当行の普通預金口座に入金するサービスです。(お客さまご本人名義のみの取扱となります。)

「自動入金サービスのポイント」

・手数料が無料です。

・最大5契約まで設定することができます。

・入金金額は、1契約につき「10,000円」以上「1,000円」単位でご指定頂けます。


https://www.aeonbank.co.jp/payment/auto_payment/

********************



 早速申し込みました。「年金の振り込み日」が「15日」なので、「毎月23日」に決定しました。


※注意しなければならないのは、入金が引き落とし日から「5営業日」経過後となることです。

 「毎月23日」引落としの一例として

・引落日(年金受取口座)

 2021726()  2021723()は、祝日(スポーツの日)

2021年の祝日移動について(令和21221日)

内閣官房 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/tokyo2020/shukujitsu.html

・入金日(イオン銀行口座)

 202182()

・お申込および変更期限

 2021716()


********************

「自動入金サービス 2021年引落し・入金スケジュール」(2021326日現在)

https://www.aeonbank.co.jp/payment/pdf/auto_payment_schedule_04.pdf

********************

 

Posted by 山田 雄一郎 at 08:05
| 次へ
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml