• もっと見る

« その他 | Main | マラソン»
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
土屋
公開授業報告! (02/03) manabe
公開授業報告! (01/29) 土屋
2011年の締めくくりに・・ (01/03) しまゆ
2011年の締めくくりに・・ (01/01) おばちゃん
3.11被災地からのメッセージ (11/05) たしろ
ネコ騒動 (10/25) honb
ワークショップinスバイリエン (09/29) 菱田
変わりゆくカンボジア (08/23) しまゆ
変わりゆくカンボジア (08/12) タシロ
NT講習会2011☆ (08/01)
最新トラックバック
はじめまして! [2011年07月13日(Wed)]

昨日からインターンとしてカンボジア事務所にお世話になっている島根大学教育学部の中田修平です。
人生初の海外生活なので期待と不安でいっぱいです!

今は見るもの全部が新しくて、日本ではないということをあらためて実感しています。
英語もほとんど喋れないので、なかなか現地の方とのコミュニケーションは難しいですが少しずつ
英語もクメール語も上達して、いろんな人たちと関わっていけたらいいなと思います。

最後になりましたが、カンボジアでの勉強の機会を与えていただいた、ハート・オブ・ゴールドの皆さま、大学の先生、家族には感謝の気持ちでいっぱいです。
また、皆さまに出会えたことを幸運に思います。


8ヶ月ほどの間ですが、たくさんのことを見て感じて、いろんな人々に出会って、多くのことを学びたいと思います!これから少しずつブログのほうも更新したいと思います。
それでは、よろしくお願いします!
Posted by shuhei.n at 13:43 | カンボジア | この記事のURL | コメント(1)
突撃!お宅訪問inスバイリエン [2011年02月02日(Wed)]

突撃走る・・というわけではないですが、保健科教育支援事業にてスバイリエン州にモニタリングへ行った時に、スバイリエン州教育局の方のお宅へお招き頂きプロジェクトチームのみんなでお昼ご飯をごちそうになりました笑顔
まずとても広ーい敷地にびっくりしてしまったのですが・・それだけではなく、自給自足・・といいますか、自然のサイクルと融合した生活が見られてなんだか感激してしまいました。

自分の田んぼで作っているお米が天日干しされています

向こう側ではニワトリがお米をついばんでいますニワトリニワトリ達はあちこちにちらばって自由気ままに歩き回っていました。


豚も飼っていますブタ

豚小屋はとってもきれいに保たれていましたキラキラ牛もうろうろしていて、山のように積まれている干し草を食べたりしていたのに・・写真は撮りそびれてしまいました汗


こんな見たことのない木の実も発見!

少し渋みがある味だったので、私はちょっと苦手・・と思ったのですが、カンボジア人は好きなようでみんな人の家なのに・・勝手に採ってたくさん食べていました・・笑
敷地内には他にもマンゴーの木や竹など様々な種類の植物がありました。



こちらはなんと驚きのバイオガス製造機!飼っている牛の糞をためて、ガスを発生させパイプを通してそのガスを利用できるというすぐれものです。今流行りの(遅い・・?)エコですねクローバー家畜の糞は畑の肥料としても使用しているそうです。


自分達で育てたものを頂き、自然の恵みを上手に活用し、またそれを自然へ還元するという生活。当たり前と言えば当たり前のことですが、自分の生活を振り返ってみると・・毎日自然の恩恵を受けて生活しているにも関わらず、それをあまり実感することなく過ごしている気がします。自然界に溶け込んだ生活形態を見せていただいて、元来人間はこういう風に自然と共に暮らしていたんだなぁ・・と思うとともに、改めてカンボジアの人達はたくましいなぁと感じました。私にとって地方のお宅を見学する初めての機会だったので、興味津津でいろいろとうろついていたのですが、家主である教育局の方に快く案内して頂けて嬉しかったです笑い
Posted by 土屋 at 16:52 | カンボジア | この記事のURL | コメント(0)
Happy Wedding [2011年01月18日(Tue)]

最近自転車で走っていると、よくリボン結婚式リボンにぶつかります。
文字通り、ぶつかるのです。なぜなら、道で行われることが多いから−。
最近は結婚式場やホテルなどでの結婚式も増えているようですが、一般的には、路上にて結婚式がとりおこなわれます。テントを張り、みんなでお祝いをしています。
隣には料理の仕出し屋さんが主張サービスをして大なべをさばいているから広さも倍必要です…
車で知らずにその道に入ったりするとたいへん。バックするしかありません。
徒歩や自転車なら何とか残っている横の隙間を通行。時には中を通ってもいいよと言ってくれることもあります。
そんな時は「どうも、どうも。おめでとう。(日本語)笑顔」と言いつつ、いそいそと通り抜けます。



                   カメラこんな感じ。

        

ここで、カンボジアの結婚豆知識を少し紹介します。

○ 結婚式は乾季のみ(雨が降るとやっぱり大変)
○ 男の子は18歳、女の子は16歳から結婚できる。
○ 結婚相手との相性、結婚の日取りは占いによって決められる。
  (私の知人もこれで急に決まりました)
○ 各家庭からは1年に一人だけ
○ 基本的に男性が女性の家に入る婿入り婚
○ 男性も女性も名字を変える必要なし
○ 結婚費用はほぼ新郎側の負担になる
○ 昔は3日〜1週間かけて行われていたが、今では1日半〜2日間が
  一般的 
  (それでも「髪切りの儀式」などのたくさんの儀式や花婿行列、披露
  宴・・・がずっと続くらしい)
○ チェトラ情報によると、一日の結婚式でも花嫁さんは9回、10回とお
  色直し服をするとのこと!


近所で結婚式があると、早朝朝日からお経や音楽音符が大音響で響き渡ります。(福を広める意味もあるとか)最初のころはびっくりしていましたが、最近は慣れてしまいました。それにやっぱりキラキラキラキラ幸せがあふれている(ほんとにそんな感じ)のは素敵です。
みんなにこにこ、にこにこ笑いラブ、楽しそうに、おいしそうに料理を食べたり乾杯料理、おしゃべりしたりしているところ近くにそそそと近寄り、それにあやかろうと手で幸せの空気を引き寄せてみちゃっているわたくしです。
Posted by もりゆ at 11:22 | カンボジア | この記事のURL | コメント(1)
カンボジアと蓮 [2011年01月05日(Wed)]

新年明けましておめでとうございます〓
2010年は本当に色々な素敵な方々キラキラに恵まれ、助けられ他力本願だらけでしたすいません
まだまだ半人前ですが、今年もよろしくお願いいたします!力こぶ


今日はの話をしようと思います。

ハスの花、すなわち蓮華は、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多かった。 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」という日本人にも馴染みの深い中国の成句が、その理由を端的に表している。[Wikipediaより]

9割以上が上座部仏教であるカンボジアではこのお花がよく仏陀に備えられております。

仏教では泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされ、様々に意匠されている。[Wikipediaより]

こんな素敵なお花ですラブ


中でもピンクが一番ランクが高いそうです花
Posted by にし at 17:20 | カンボジア | この記事のURL | コメント(2)
お悔み [2010年11月25日(Thu)]

先日のカンボジア水祭りにおいて発生した事故では多くの犠牲者が出ました。水祭りのイベントを見学するためにプノンペンのダイヤモンド・アイランド・シティーに多くの人々が殺到してしまい、惨事が起きてしまったようです。
犠牲になられた方々に心よりお悔やみを申し上げます。

各方面からご心配いただきましたが、ハート・オブ・ゴールドアジア事務所スタッフは全員無事でした。お気づかい頂きありがとうございました。

12月5日に開催される「アンコールワット国際ハーフマラソン」は多くの方々に参加申し込みを頂いております。安全に大会を運営するために、カンボジア政府、陸上競技連盟、オリンピック委員会、警察、シェムリアップ州、アプサラオーソリティーなどの関係各所と協力し、人数規制、交通統制、エリアコントロールなどに最大の注意を払い準備を進めております。参加者の皆様には安心してご参加くださいますようにお知らせいたします。


                                  NPO ハート・オブ・ゴールド
Posted by 土屋 at 17:24 | カンボジア | この記事のURL | コメント(0)
今日は何の日? [2010年11月09日(Tue)]

 今日11月9日は・・・

                カンボジア王国 独立記念日です。




 
 カンボジアの歴史を簡単にひも解きます本

18世紀後半以降   シャムとベトナムの攻撃により国家滅亡の危機に
1847年   アン・ドゥオン王即位 実質的にはシャムとベトナム両属状態
1853年         二重属国状態を脱するためアン・ドゥオン王アジアに進出していたフランスに接近
1863年  ノロドム王フランスと保護条約を結ぶ
1887年         フランス領インドシナ連邦に編入される
第2次世界大戦後  シアヌーク国王を中心に脱植民地化を目指す
1953年         完全独立を果たす


         

           ↑独立記念塔 完全独立を記念して1958年建造

   シアヌーク通りとノロドム通りが交わるロータリーに建っています。 
   祖国のために戦い、なくなった兵士たちのための慰霊塔でもあるそうです。
   「ナーガ(蛇神で不死のシンボルとして崇拝され、遺跡のレリーフとしても
   よくみられる)」が連なって装飾されています。
   夜間はカンボジア国旗カラー(赤・青・白)でライトアップ。

  



↑ 100リエル札(約3円)の表にも描かれています。ちなみに裏は学校。



今日は祝日花火なのですが、ハート・オブ・ゴールドアジア事務所は故あって?勤務日です。
今日もみんな元気に働いています。

    

そして

小学校体育科教育振興事業チームはモニタリングD&フォローアップのためにシアヌークビルへと旅立っていったのでした。サッカー笑い 学校   自動車ダッシュ




                お疲れさまあー
                          気をつけて行ってきてねー! 
Posted by もりゆ at 14:10 | カンボジア | この記事のURL | コメント(0)
カンボジアの子ども達〜休み時間編〜 [2010年11月05日(Fri)]

今月もいろいろな活動が続いております走るオープルンカーイ(体育)のモニタリング活動あり、ソッカーピィエップ(保健)のモニタリング活動あり音量
そして毎年恒例のアンコールワット国際ハーフマラソン(今年は12月5日開催です!)も少しずつ近づいてきており、我々ハート・オブ・ゴールドの面面はますますコンプルン(がんばるぞ)!の日々です。

さて、先日カンボジアの小学校にて休み時間に子ども達が遊びに熱中している姿を目にし、自分が小学生の時は何をしていただろうか・・と思い出していました。私が子どものときは、鬼ごっこやかくれんぼ、縄跳び、ゴムとび、缶けりにケイドロ・・・といろいろな遊びをしていたように思います。カンボジアの小学生はどんな遊びをしているのでしょうか・・・

休み時間になるとみんな外に出てきて大はしゃぎ〓高学年の大きな子から低学年の小さな子までみんな混ざって遊んだりしているのがほほえましかったです笑顔

鬼が片足でぴょんぴょんと追いかける鬼ごっこが人気のようでした走る


タイヤから落ちないようにするゲームのようです。


こちらの女の子達は高く掲げたひもにジャンプして足をひっかける遊びをしていました。


低学年の子供たちにはシャボン玉が流行中(はてな)学校の売店で販売しているので買っている子どもがたくさんいました。


地面では何やらビー玉をはじいてゴールに入れる遊びが行われていました。チェトラさんも子どもの時に遊んでいたそうで、どうやら昔からある遊びだそうです。

子ども達が本当に楽しそうに休み時間を満喫している姿を見て、「私もあんな風に遊んでいた時があったなぁ〜」と遠い目をしてしまいました・・
体育教育支援事業にて、この小学校で簡易体育設備の支援も行っているので、11月中にはバスケットボールコートやバレーボールコート、サッカー場などの整備が終わる予定です。工事が完了して、体育の授業で子ども達が思いっきり運動できるようになるのが今から楽しみですキラキラ
Posted by 土屋 at 17:38 | カンボジア | この記事のURL | コメント(0)
初のカンボジア…雨季… [2010年08月24日(Tue)]

カンボジアに引っ越して1週間が経った所なので少しブログの更新をしたいと思いますメモ

今カンボジアは雨季との事ですが…スゴイです。この雨の量と音には負けました困った凄い日は本当に叫びあわないと会話ができないくらいですメガホン

そんなこんなで1週間になりますが毎日がとても楽しく音符色々な刺激を頂いております!

カンボジアは本当にNGO・NPO関係の方が多く、会う人会う人から色々な視点やお話を聞き自分の勉強の足りなさに気付かされながら刺激を受け、有難い毎日です。走る今までスポーツ一線でやってきた自分を見直し、新たなスタートを切るいい機会に恵まれて本当に光栄だなラブ、とつくづく思い返したりしてます。初心初心者を忘れずに7ヶ月がんばります泳ぐ
Posted by にし at 16:07 | カンボジア | この記事のURL | コメント(0)
カンボジアの体育って? [2010年06月01日(Tue)]

先日、カンボジア人スタッフMちゃんと話をしていたところ「学校で体育の授業をしたことがない。体育の授業時間はあったけれど、先生にお金だけ渡して何もしなかった。」困ったと言っていました。日本では「体育」という科目があり、しっかり授業が行われているのが当たり前ですが、残念ながらカンボジアではそうではありません。子ども達が学校でいろいろなスポーツに触れて学ぶ機会もなければ十分な道具もありません。現場の先生達も体育の授業を経験したことがないので、教えることもできないのです。

現在、ハート・オブ・ゴールドがJICA草の根パートナー型事業にて行っている体育科教育振興プロジェクトでは、このような現状を変えるぞ!と日々カンボジア教育省の方々とハート・オブ・ゴールドが共に奮闘しています走る今後、どんどんカンボジアの子ども達がスポーツに触れて、体育の授業を通じてたくさん学んでいけるようになるといいですね!今週はシェムリアップにて公開授業が行われています。また後日その様子もお届けしたいと思います太陽


さてさて、本日は素敵なお知らせが岡山の本部より届きました!
なんと、我らがハート・オブ・ゴールド代表、有森裕子氏が5月30日に南アフリカ共和国で行われたコムラッズマラソンに参加し、89km完走を果たしたそうです拍手これまで2回リタイアを経験し、今回こそは!と意気込んでの挑戦。また、今回はJustGiving Japan でハート・オブ・ゴールドへの寄付を募っての挑戦でしたキラキラ過酷なレースを完走した代表の頑張りに刺激を受けてカンボジア事務所もみんなでがんばります炎代表お疲れさまでした!


有森代表のブログはこちら→ http://animo.aspota.jp/
Posted by 土屋 at 16:48 | カンボジア | この記事のURL | コメント(0)