CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年03月01日

【報告】「NPOと行政等との地域別意見交換会<三次会場>」(2月28日)開催!

2011年2月28日(月)13:30〜16:00、三次市福祉保健センター4階研修室において、〜多様な主体と市民・住民の自発的な参加で地域課題を解決していくための〜「NPOと行政等との地域別意見交換会【三次会場】」を開催しました。
NPOからは県北の4団体、行政からは広島県、三次市、庄原市、安芸高田市の4自治体等参加は16名でした。
主催:NPO法人ひろしまNPOセンター、協力:広島県、三次市



昨年秋にとりまとめた「広島県NPOと行政等との協働に関する調査」結果と、新しい公共支援事業の概要について、毛利葉(ひろしまNPOセンター事務局長)より報告しました。三次市作木を中心に活動をすすめているゲストの安藤周治さん(NPO法人ひろしまね理事長、NPO法人ひろしまNPOセンター代表理事)からは、新しい公共支援事業への期待、過疎地における「もうひとつの役場」について語っていただき、その後、参加者全員から意見をお聞きしました。



住民自治組織と違い、NPOの実態についてはまだ把握しきれていない状況があるものの、行政とNPOとの関係構築の第一歩になりました。
来年度以降も広島県と連携して行う予定にしています。
posted by ヨーサン at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・研究
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック