CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年06月24日

【報告】第三回ソーシャルビジネスリーダー研修会 開催

 6月11日RCC文化センターにおいて、第三回目ソーシャルビジネスリーダー研修会が行われました。


 今回は、馬場先生(中国地域CB/SB推進協議会幹事・中小企業診断士など、多岐に渡る分野で御活躍中)をお招きし、『事業計画のエッセンスを理解する、ミッション・理念・方針の検証、事例研究』について講義を行なっていただきました。

   ≪事業計画の研修内容(計5回開催予定)≫
     ◆事業計画のエッセンスを理解する ◆ミッション・理念・方針の検証
     ◆SWOT分析により事業を取り巻く内外の環境・市場の分析
     ◆事業目標と戦略の策定 ◆アクションプランの策定
     ◆売上・経費計画策定  ◆財務諸表の理解


 まず、馬場先生から「一番大切なことは、ビジネスプラン事業計画をたてること!創業、起業、経営改善、革新にかかわらず、第一段階として全体を把握する」ことが必要であるとということを教わり、「成功の5原則」をキーワードに、チーム毎に成功についての目標を話し合い発表していただきました。
 各チームとも長期計画に基づいた成功への具体的な目標を発表されていました。

                    ●グループ毎の発表中の様子


 午後から成功イメージの植え付け手段としてSWOT分析手法を学びました。
 この手法について、内部環境の強みと弱み、外部環境の機会と脅威の視点で捉えながら、重要成功要因を導き出すものであることを参加者自らがワークシートに記入することで体験しました。

また、事例研究の一環として「NHK歴史秘話ヒストリア「雨にも負けぬサラリーマン〜宮沢賢治 最期の2年半〜」のDVDを鑑賞していただきました。
「宮沢賢治の犠牲的サービス精神/サラリーマンとしての資質が学べた。」
「この思想は、大いに役立つと思った。」
講義を受講された皆さんからの感想です。
誰に売るのか、どのように売るのか、ビジネスモデルやマーケティングをキッチリやっておくべきなど、宮沢賢治から学ぶことは多かったのではないかと思います。

次回「事業計画」セミナーは7月9日開催の予定です。
posted by ヨーサン at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・教育
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック