CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月21日

平成30年7月豪雨災害 ひろしま復興支援基金 (A)ありがとうコース 活動報告<8>


ひろしまNPOセンター&コミュニティ未来創造基金ひろしま 復興支援活動
平成30年7月豪雨災害 ひろしま復興支援基金 〜ひろしまにともす、希望の灯り〜



(A)ありがとうコース


【No.8】八本松住民自治協議会(土石流による二次災害防止対応)
       <主な活動地域/東広島市八本松西 助成金額/80,000円>

■活動報告

H30.7/6の豪雨災害を受け、7/28早朝より自治協役員、防災委員会役員、地域住民の有志20名が被災地である八本松西5丁目に集結し、大型土嚢積み込みを行い二次災害防止対応を行う。この大型どのようについては、事前に国土交通省中国地方整備極と打合せを行い、24袋提供して頂けることになり2箇所の開口部へ設置するべく準備してまいりましたが、災害が県内全域にわたっていることから作業をする重機がなかなか見つからず苦慮しておりましたが、何とか自治協の関係先の協力で7.5ユニック車をチャーターし夕刻には無事終えることができました。本来は行政を通じ専門工事業者へ依頼施工すべきであったが、発災から間もないことから混乱しており、緊急性を要すると判断し地元で対応しました。尚、設置した大型土嚢は、5/20現在そのまま設置しており、行政に確認をしたところ当面(復旧工事終了まで)置いてて欲しいとの回答です。



■活動を通じて感じている課題

今回の対応も含めボランティア活動を何度かしましたが、万が一他人に怪我をさせてしまったらどうしようか、このあたりの対応について行政に確認したところ、やはり個人で加入している保険で対応して欲しいとの回答。
自分自身のことならばまだしも、近隣の住民にボランティアで手伝って貰うとき、あらかじめ了承を得る必要があり二の足を踏む。



■寄付者(市民の皆様)へのメッセージ

今回の被災した地域にご寄付を頂き誠にありがとうございました。
自分たちの地域は自分たちで守り、地域住民の命は地域全体で守る。の信念で行政とともに、危険箇所を見つけ、その都度改善し安全、安心の地域づくりに邁進してまいります。
ご寄付いただきましたお金を防災活動に活かして使わせていただきます。
 ありがとうございました。





A8_001.jpg
A8_003.jpg
A8_002.jpg
posted by わたる at 17:23| Comment(0) | 助成・寄贈
この記事へのコメント
コメントを書く