CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年12月10日

桧皮採取のへらを作りました

桧皮採取につかうヘラは、自分たちで作っています。
!cid_10D3A8D5-2D7D-40DC-A59A-5369A2960AA7.jpg
山からとってきたカナメの木です。

!cid_F9871B6E-6801-450B-B7FE-E6BFDBF76BCE.jpg
芯を外しながらヘラの形状が取れるように削り取っていきます。
芯を外すのは割れを防ぐためだと思われます。

!cid_F3D9172D-858A-44EA-8706-24B5CC45BD79.jpg
電気カンナで荒取り。

!cid_19540073-8243-4088-803A-6CA0783F2BDF.jpg
荒取り後、手カンナやなたを使い微調整。

!cid_1A19CF66-370B-473A-85DF-1C241EBCE46E.jpg
このヘラを使って、檜の樹皮をはぎます。
昔からカナメの木が採取に良いといわれ、使われてきました。
この冬の採取にも活躍します。


この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック