CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年07月08日

屋根葺材・長平

業界では『長平・ながひら』と言います。
主に、この材料で屋根を葺いていきます。

前に説明した通り、30枚に結束したものを1把といい、4把を結束した物が1束(そく)です。

1坪(約3?)葺くのに14束ぐらい必要とします。
(参考までに、龍福寺本堂では約2500束必要としました。)

1日に2束作れば、一人前と言われますが…まだ私は2束作ることが出来ません…下手くそですいません!(x_x;)

因みに1日に1坪葺いて一人前と言われていますが、今の労働時間の環境では1坪葺くのは難しい状態です。

簡単に言うと、1週間かけて作った材料を1日で使用してしまう計算になります。

桧皮葺は、熟練の技術と沢山の人たちの手間がかかる為に、どうしても高価な屋根となってしまいます。
そのことを皆さんが少しでも納得していただければ、私は嬉しいです。
m(_ _)m



この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック