CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月14日

八幡神社本殿葺き替え工事〜千鳥破風・他・屋根葺き〜

軒付け後は、水切銅板、上目皮を3枚貼り、唐破風の谷と同じように土居板で下地葺きし、最初は谷と箕甲を同時に葺く形で葺き、ある程度と上がると谷を先に葺き、箕甲と平葺きを2人同時で葺き上がります。

最後の写真は大屋根の箕甲です。
師匠の孫が始めて葺きました。
なかなか旨く葺けていると思います。
センスは、かなり良いと思います。







この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック