CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年06月10日

八幡神社本殿葺き替え工事〜唐破風野地〜

水切銅板と上目皮貼りが終わると、唐破風の野地板です。
野地には『櫛形・くしがた』を入れて野地板をしました。

唐破風屋根は曲がりがキツいので幅が狭い野地板を使います。

野地板を貼ると唐破風屋根らしくなってきました。

いよいよ葺きなりますが…長尾八幡宮・本殿と同様に谷は土居板で下地葺きをしました。

唐破風を葺くのは、始めてなので不安でいっぱいです…



この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック