CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年05月05日

龍福寺本堂〜再利用の瓦〜

以前にも説明しましたが、台熨斗瓦、肌熨斗瓦、割熨斗瓦、天熨斗瓦そして棟丸瓦と瓦棟の多くは昭和32年に葺き替えをした時の瓦を再利用しています。

状態の良い瓦を用途別に1つ1つ選別し、ワイヤーブラシや束子などを使い1つ1つ泥や汚れを落として使用しています。

次の葺き替えの時に、どれだけ再利用出来るか楽しみです。







この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック